Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

頑張れ!楽天イーグルス

2021プロ野球シーズン開幕!早川初先発初勝利!。

3月26日 2021年プロ野球が開幕した。

東北楽天イーグルスは本拠地・楽天生命パークに北海道日本ハムを迎え開幕戦に臨んだ。

いつもなら、この時期はまだ寒くてとても野球をやれる気候じゃない・・・・と、ホーム開催の権利があるにも関わらず他球場で開催されて来た開幕戦!。

5年ぶりのホーム開催である。

今シーズンは、田中将大の復帰入団で否応にも優勝が期待されるイーグルス。

新型コロナ禍による入場制限で観戦も儘ならない状況下、応援にも力が入ると言うものだ。

15,000人ほどの観客でも、去年の無観客試合を考えれば否応にも盛り上がった開幕3連戦だった。



金曜日に行われた開幕戦は、昨年の最多勝投手涌井が安定した投球で、7回無失点と日本ハム打線を翻弄し、8:2で初陣を飾った。

3チームで開幕戦を勝利したのは史上初めての事だと言う。

第二戦はヒラメ筋!?の違和感で登板回避した田中将に替わり高田萌が先発したが、3回途中4失点と打ち込まれ、中継ぎ陣もピリッとせず結局4:9で大敗した。

高田萌は昨年巨人から移籍後1軍では初めてのマウンドだったが、少し荷が重かったのかも・・・・・。

監督が指名したほどのピッチャーだから力はあると思うけど、四球で自滅するようではまだまだ努力が必要だと思われる。

結果論ではあるけど、辛島弓削石橋等先発の実績がある投手だったらどうだったろう?。

そして昨日の第三戦目はスーパールーキー早川が先発し、噂に違わぬ好投で初先発初勝利をあげた。

6回4安打無失点、8奪三振の快投だった。

4回ノーアウト満塁の時は、直前のオープン戦で打ち込まれた場面が脳裏を巡り見てられないほどのピンチだったが、連続三振と内野ゴロで打ち取った時は、ホントに痺れたわい!。

6回のワンアウト満塁をダブルプレーで切り抜けた時は、思わずバンザ〜イの声が・・・・。

チームも5:0と完封勝ちし、開幕3連戦を2勝1敗と勝ち越した。

田中将抜きでも勝ち越したのだから満足しなくちゃいけないんだろうが、もしかして3連勝も夢じゃなかった・・・・と逞しい想像に耽る吾輩だった。


今シーズンも絶対王者と目されるソフトバンクホークスはロッテ相手に3連勝を飾った。

ソフトバンクに滅法強い筈のロッテが3試合すべて1点差で負けた事が、今年のソフトバンクの強さを物語っていると感じた。

そのロッテとの3連戦が明日から千葉で行われる。

もう連敗できないロッテの気迫に負けないよう、楽天には十分心して戦って貰いたいものだ。

予想される則本滝中の先発陣が踏ん張り、出来れば3連勝、悪くても2勝1敗の勝ち越しを期待してやまない吾輩なのだから・・・・。

ただ、エースの則本が『泥沼の離婚・・・・』云々で週刊誌に取り上げられ、巷で騒がれているのが気掛かりだ。

投球に影響がなければ良いんだが・・・・。


それにしても、昨日から今日に掛けてYouTubeを何度見した事か・・・・。

勿論、早川のニュースを・・・・。

ファンってそういうものなんだなぁ・・・・と再認識させられた開幕3連戦である。

久しぶりに楽天イーグルスの話題でも・・・・。

新型コロナウィルスの影響で、6月19日に開幕したプロ野球。

開幕が遅れた分、交流戦もオールスターゲームも行われず120試合制で実施される事になったが、ファンとしてはとにかく始まっただけでも感激ものである。

新型コロナ感染予防の観点から無観客試合や同一チームとの6連戦が続くなど、これまで経験したことのないスタイルで始まったプロ野球。

昨日、18試合消化した時点で我が東北楽天ゴールデンイーグルスは、何と!13勝5敗で2位ロッテに2ゲーム差を付け単独首位に立っているではありましぇんか。

まだ始まったばかりとは言え、とにかく今年の楽天は、強い!の一言だ。

今週も強敵ソフトバンク相手に2勝1敗と勝ち越しているし、則本、岸、石橋と続く残り3戦も勝ちこせば、ホントに今年の楽天は強い!と確信できる。

ただ・・・・・・。

浮かれてばかりはいられません。

たまたま相手がまだ本調子でない時期に対戦しただけなのかも知れないし、昨年苦戦した西武ライオンズとはまだ試合していないのだから・・・・。

・・・・と言うのも、昨年の苦い経験が脳裏を過る。

昨年、出足好調でトップを走っていた楽天が、「優勝も夢ではない!」と大きな期待感を持たせた矢先の9連敗!。

巨大な戦力をバックに、ぶっちぎり独走するようなチームではないだけに、一つ歯車が狂うとあっという間に首位から転落する事実!。

つまり、今はチーム一丸で突っ走っているけど、これからどのような展開になるかわからないと言う事を言いたいのだ。

ウハウハ喜んでばかりいられないと言う事だ。

なぁ〜んちゃって格好つけてはみたものの、やっぱりファンとしてはチームが上位にいると応援のし甲斐があると言うものだ。

昨年の7月に投稿したブログに悪夢の9連敗した事が書いてあり、余程残念だったのか以後イーグルス関連記事は話題にも挙げなかった。

今シーズンは日本シリーズが終わるまで、話題に事欠かないよう期待している吾輩なのだ。

イーグルス泥沼の9連敗!

楽天イーグルスが泥沼の9連敗を喫した。

それでもまだ一つの勝ち越しがあって5割をキープしているのがせめてもの救いか。

9連敗した試合の点差を見ると、3点差が4試合、2点差が3試合、1点差が2試合となっていて、好調の打線がもうひと踏ん張りすれば勝てた試合が結構多かったようだ。

完封負けが3試合、1点しか取れなかった試合も2試合あるから、好調だった打線に陰りが生じた事が連敗の要因ではある。

ただ、何より投手陣の不調が最大の要因であるのは間違いない。

先発投手が試合開始早々に点を取られる展開になると中々挽回するのは容易ではないし、たまたま同点、勝ち越しのチャンスを作っても、救援投手が打たれたり抑えに失敗して負けたケースも多々あるからだ。

かと言えば、ピッチャーが最少失点で押さえても、そんなときは打線が昨日しないし・・・・。

まぁ、勝負事なので運・不運もあるから致し方ないのはわかっているけど、ファンとしてはとてもやりきれません。

結果がすべてと言う事は承知してるが、監督の采配につい文句の一つも出てくると言うものだ。

何で、リーグで一番ホームランを打たれている中継ぎピッチャーを出すんだ?。こんな点差の時に投げさせるピッチャーじゃないだろう。」。

ルーキーにチャンスを与えるのはいい事だけど、こんな得点機に3人並べてもなぁ・・・・・」。

とか・・・・。

負けた試合の後はすべて愚痴しか出て来ませんです。ハイ!。

イーグルスが敗けた時はスポーツニュースを見ることが無いから、最近はずっと早寝の吾輩である。


'19年、プロ野球開幕!

昨日の3月29日、2019年プロ野球が開幕した。

ロッテとの開幕戦に臨んだ我が東北楽天は4:5と競り負け、チーム生え抜きから監督に就任した平石新監督の初陣を飾る事は出来なかった。

東北楽天では初の開幕投手となったエースの岸に5回途中で緊急降板するアクシデントがあっても、終盤までリードしていただけにホントに惜しい試合を落としたものである。

6回に4:2とリードしたその裏、オープン戦で好成績を残した新鋭の石橋が逆転3ランホームランを浴びたのが敗着。

ロッテの主砲レアードに試合経験の浅い石橋をぶっつけた采配に疑問が残るのは吾輩だけではなかろうが、でも、それはあくまでも結果論!。

抑えて当たり前!と言うより、相手が一枚上だったと思いたい。

監督の采配ミス云々(うんぬん)は、結果が伴う伴わないで評価が変わるものだから・・・・。

ただ、たかが143分の1試合と考えられなくも無いけど、敗けたと言う事は連敗・・・3連敗する余地もはらんでいるわけだから、不穏な幕開けになった事には違いないようだ。

岸のアクシデントも心配だし、2枚看板の一人則本が完全復活するまで、投手陣の踏ん張りに期待するしかない。

6年ぶりの優勝目指して頑張れ!。

イーグルスの応援歌が歌えなくなるって?

聞きなれた楽天イーグルスの応援歌が刷新された事を2,3日前の球団発表で知った。

これまでの応援歌が使えなくなるんだとか。

著作権法の関係だとか言っているが、作詞あるいは作曲した方と何らかのトラブルがあったんだろうか。

詳しい経緯は知らないが、あまり金銭が絡むような歌?でもない気がするがなぁ・・・・。(笑)

ベニーランドや青葉城恋歌の替え歌はNGと言う事で、知らない内に応援歌から外されたけど、今の応援歌に著作権があったなんて目からうろこだ・・・。

それで、球団HPを開いたらすでに新しい応援歌が出来上がっていたではありませんか。

それぞれ選手ごとの歌詞もついていたので聞いてみた!。

・・・・・・・・・・・・mumumumu・・・・・・ムムム?。

酷い!とまでは言いたくないが、オオオ・・・オオオ〜の連続に違和感を覚えたのは当然だ。

ホントにこんな曲で選手を鼓舞する応援歌になるんだろうか?・・・・と。

初めて聞くメロディだからしょうがないけど、なんじゃこれ!とまったく異質なものに感じたのは俺だけ?。

ところで、これまで外野席で応援を仕切っていた私設応援団『全国荒鷲会』が解散するとかしないとか・・・・。

球団との間で応援に関する何らかのトラブル(利権争い?)があったからだと推測するが、球団・・・・いやオーナー?の損得一番主義とファン無視の姿勢が読み取れなくもないのだ。

創設15年目を迎えた今、チームとしての楽天球団は好きだけど、会社としての『楽天』はオーナーを含め嫌い!と言うファンが多い事を知るべきだ。

何度か足を運ぶうちに慣れて来るとは思うが、耳障りな歌にならない事を願っているよ。


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ