ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

老釣師の戯言Part1

陸奥湾真鯛は、青森限定『真鯛デルタ』で・・・・

DSCN2183

陸奥湾・真鯛釣りに向け、テンヤで使用するジグヘッドを追加購入した。

昨年後半から使い始めたケイムラヘッド白の5gと3.5gに7gと1.8gを追加し、更にストロング夜光オレンジヘッドも各種揃えた。
DSCN2181

Hayabusa製の『真鯛デルタ』は、青森限定と言うだけあってアマゾンでも取り扱っていない品物なので、わざわざ八戸の釣具店から通販で取り寄せた。

7gと5gは2本入りで500円、1.8と3.5gは3本入って500円だった。

ケース(写真)右下のジグ(カツイチDECOY S・Gヘッド真鯛)を並行して使っていたが、大鯛にフックを伸される危険性を考え太いジグに替えようと思ったのが一番の理由!である。

ちなみに昨年の釣行でフックを伸ばされたのは別のジグヘッドであり、S・Gヘッド真鯛でなかった事は言っておき鯛!。

写真を見れば太さの違いが分かると思うが、『真鯛デルタ』はとにかく太い。(上が5g、下が3.5g)

DSCN2182


そもそも、軽いジグヘッドにエビをつけて釣る方法が主流になったのはここ最近の事である。

勿論一般釣り人に関してだが・・・・・。

数年前に、当時の海佐知丸船長から「宮城県から遠征して来るグループが、この釣り方で毎回爆釣する!」と聞いていたけど、これが一般的になるとはねぇ。

釣り仲間もその釣り方は知っていたのだが、中々青森の大型真鯛に対抗できるジグヘッドが無かった事から忘れ去られていた釣法なのだ。

オーバルテンヤの2.2号(8.25g)〜4号(15g)を使って、ボトム狙いが主だった吾輩も、当然ながら流行に後れまいとジグヘッドを使い始めたのが昨年から・・・・。

陸奥湾内は水深40m前後と平舘沖に比べると浅く、ノシの周りでは10~20mぐらいまで浮いてくる事がある。

こうした中層の真鯛をカーブフォールで釣った事はあるが、この超軽量仕掛けでふわふわ落とす釣りの方が断然釣果が良いのだ。

グイ~んとひったくるような強烈なアタリも魅力だし・・・・。

初めて挑戦した去年7月の釣行ではこの釣法で10枚くらい釣った。

ジグ軸を太くしてバラシ軽減が期待される今年は・・・・。

(´∀`*)ウフフ・・・・。

2022真鯛シーズン開幕!

ゴールデンウィーク最終の週末、青森・真鯛釣りに出掛けた。

昨年10月以来となる7カ月ぶりとなる今シーズン最初の釣行だ。

伊達藩真鯛倶楽部のメンバー(8名)の一人Gajinさんがアキレス腱断絶手術のリハビリの為参加出来なかったから今回は7人での遠征となった。

車2台に分乗して出掛けるのはいつもの事だが、今回は午後便(11:30〜17:30)なのでAM5:00に仙台を出発!。

毎回、献身的なサポートでコーディネートしてくれるあすぱむ合衆国大統領・アスパムさんと合流し、外ヶ浜町平舘漁港から鯛多ニック号に乗船したのは予定よりちょっと早めのAM5:10。

鯛多ニック号に乗るのは初めてだ。

でも、名称と船長が変わっただけで、昨年まで長年利用してきた海佐知丸なので初めてと言う感じは全く無かった。




いざ、釣行スタート!。



以降、夕方5:30までの詳しい釣行イベントは、あすぱむチャンネルを観て貰った方が手っ取り早いが、結果的に真鯛は船中3匹だけと厳しい釣行となった。

あすぱむさんTOMEさんShibuさんがそれぞれ1枚釣り上げただけである。

他は、水草鰈、ホッケ、メバル、サバ・・・・そしてサメ、サメサメ・・・・。

そんな中、90cm弱の鱸(スズキ)は吾輩には嬉しい外道となった。

何も釣れないより、真鯛!と信じて戯れる楽しさを味わえるのは釣りの醍醐味なんだけどねぇ〜。(笑)


20220507aomorimadai
写真はアスパムさん提供

下船後、地元の方から聞いた話では、平舘沖より三厩沖での釣果が良かったようだった。

つまり、この時期まだ本格的に真鯛が陸奥湾に入ってきていない証でもあるのだ。

・・・・と言う事は、来月予定している平舘沖釣行に期待しても良いと言う事かな・・・・。

天候に恵まれる事が一番だが、是非、是非、絶対・・・・鯛漁と行き鯛ものである。

参考までに記録しておくが、第一投目でばらした大物真鯛(多分!)にのされたスナップが下の写真。
DSCN2177

もう12月だと言うのにハゼ釣りに夢中!

前回のブログでHRapt(aptのハゼ釣り研究会)の立ち上げを取り上げたが、今ではハゼ釣りに夢中の吾輩である。

ハゼ釣り開始からの釣行録は次の通り。

10/22 荒浜貞山堀 9:30〜14:00 13匹 40年ぶりのハゼ釣り、4名で開始。
10/25 荒浜貞山堀  11:30〜16:30 10匹 
10/29 荒浜貞山堀    9:30〜16:30 20匹 全員集合!
11/05 荒浜、七北田川水門 9:30〜15:00 4匹
11/10 七北田川 13:30〜14:30  0匹 単独、雷が鳴って来てすぐ帰宅。
11/12 貞山堀 9:30〜12:00 0匹 単独、新規開拓も不発!。
11/19 七北田川水門 13:00〜15:30 21匹 TOMEkenichiの両氏と・・・・。
11/21 七北田川水門 10:00〜15:30 41匹 単独釣行。
11/26 七北田川水門 9:30〜15:00 12匹 会員ほぼ全員集合!。
11/30 七北田川水門 9:30〜16:00 39匹 午後から杜のくまさん参戦。

最初のポイントが人気のポイントだと知る事になるわけだが、何せハゼ釣りを始めた時期が時期だけに小型のハゼ(10cmぐらい)ばっかりでカミさんからはメダカ扱い・・・・。
DSC_0139

昔の正月用の焼きハゼは30cm位あった・・・・」と言われる始末。

まぁ30cmは兎も角、40年前に蒲生干潟で釣ったハゼはもっと大きかった気がするから、何とかしてもう少しまともなハゼを釣りたいとずっと思っていた。

11/5日の釣行ではみんなの釣果も上がらなかった事で早退し、前から気になっていた七北田川下流にある貞山堀の水門で竿を出す事にした。

この時は、1投目で良型のハゼが釣れたがその後は黒鯛やフグの稚魚の猛攻で餌が無くなり帰宅している。

その後、この水門で杜のくまさんが良型をゲットした事が報告された事で、まずTOMEさんkenichiさんそして吾輩が追随し、今では仲間内では一級ハゼ釣り場と相成った。

ここのハゼは良型が多いので、40匹も持ち帰って天ぷらにすると美味この上なし!!。
DSC_0142

DSC_0143

12月に入り、「もう駄目だろう・・・もう終わりだろう・・・・」と思いつつも、せっかく手に入れた楽しみが終焉するのも寂しいから、1匹も釣れなくなるまで通おうかなと思ってやまない。

『灯台、元暗し』、水門まで我が家から自転車で10分、歩いて30分の距離でしかないのだから・・・・。

ハゼ釣り研究会!HRapt

真鯛釣りシーズンが終わり、暇を持て余し気味だった仲間がハゼ釣りに嵌っている。

『ハゼ釣り研究会』を略したHRに、『あんぽんたん』を意味するaptを組み合わせたHRaptがクラブの名称!だ。

kenichiさんの初参加で、昨日とうとうメンバーが6人になった。

平日とは言えほとんど釣り師の姿を見かけなくなった今、並んで竿を出す年寄り連中の壮観!と言ったら・・・・。異様・・・・いやイヨ〜ゥ。

20211025hrapt

20211105hrapt

場所はハゼ釣りスポットとして人気の貞山堀界隈である。

ハゼ釣りに関して全員素人みたいなものだから、まずは足場の良いところで・・・・。

若い時に子供と一緒に釣りをしたとか、小さい頃にやった・・・・ぐらいの経験はあっても、ほとんどが30年とか40年ぶりのハゼ釣りなのだ。

吾輩は、別荘の倉庫に眠っていた3.9mと4.5mの万能竿を持って来て使っている。

延べ竿でウキ釣りをしてみたかったから・・・・。

みんなも似たり寄ったりだ。

黒鯛(前打ち)用やタナゴあるいはフナ用の古い竿で釣っている。

もともと、黒鯛釣りや真鯛釣り釣り師たちなのだから『弘法筆を選ばず』、あとはハゼ用の仕掛けを用意すれば足りるのだ。

・・・・・と簡単に考えていたけど、たかがハゼされどハゼ、奥が深い!。

最初の頃は数も出て、ハゼの唐揚げやてんぷらにして食できたが、11月になったらハゼも浅場から深場に移ったようで延べ竿で足元近くを攻めても中々釣れなくなった。

反面、チょい投げで堀の真ん中あたりを狙っていた人には小さいながらも数が釣れていたから吾輩もリール用の竿を準備しなければ駄目かも・・・・。

それでもやっぱり釣りは楽しいよなぁ。

朝9時から初めて夕方4時まであっという間に時間が過ぎる。

釣りの合間にABEさんの淹れるコーヒーで喉を潤し、まるでハイキング気分で暇を潰せるこの心地よさ!。

YouTubeの動画を見て研究の最中であるが、場所によっては冬でも釣れるらしいから、来年の真鯛釣りシーズン開始までみんなで和気藹々とハゼ釣り研究に没頭しなければ・・・・。

※写真はTOMEさん提供

今シーズン、わずか2回だけの真鯛釣り遠征!

今日予定していた青森・陸奥湾での真鯛釣りが中止になった。

台風14号の影響による釣りに不向きな強風が要因である。

今回は、シーズン最後の大会でもあり豪華な賞品が獲得できる『津軽りんピック2020』だっただけに、残念この上なし!。

『津軽りんピック』は毎年シーズン最後の釣行を飾る、我々伊達藩真鯛倶楽部のメーン行事である。

「大物賞」「乱獲賞」・・・・etc、各種の豪華な賞品が獲得できるチャンスだっただけに、天候運に恵まれなかったとは言えホントにショックだ。

コロナ渦もあるが台風や天候不順で釣行中止が相次いだ今シーズンは一体何だったんだ!。

シーズン当初に予約した釣行日は下記の通りである。

      5月  9日(土)中止
      5月30日(土)中止
      6月20日(土)
      7月11日(土)中止
      8月29日(土)
      9月26日(土)中止
       10月10日(土)中止

釣行出来たのは6月20日と8月29日のわずか2回だけだ。

8月29日は私用でキャンセルしたものの、7月17日に単独で出掛けているから回数は変わらないが、それでもわずか2回だけの遠征は、我が真鯛釣り史上初めての事だ。

来シーズンはまた5月から始まるのは間違いないけど、仲間(アスパムさん以外)とは6月20日以来ほぼ1年ぶりの再開になるなぁ。

また一つ歳を取っちゃうけど、元気な姿で来シーズンを迎えたいと願っているよ。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ