ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

忙中閑有。仕事の合間。

2013年、いい忘年会になった!。

DSCN0340
部屋から見た温泉街

何年前かの同級会で行って以来、久しぶりに家族と秋保温泉に出掛けた。
カミさんと近くに住む娘夫妻、それに3歳の孫の計5人で・・・・。

巷では忘年会シーズン真っ盛りの様で、連休前夜でもあり部屋は満室!、ホテル内は客でごった返していた。

何もこんな状況の中、わざわざ出掛ける必要は全然ないのだが、今回の温泉旅行は娘夫婦からの『招待』だから、我々(吾輩とカミさん)はとやかく言えず、あり難くただお任せするしかなかったのである。
何しろ我々はただ!、ただで温泉に入れるのだから・・・・。

ただ(このただはただのただではない?θ※△◆§)、まだまだ娘に世話になるつもりは毛頭ない吾輩には、今回の温泉招待は青天の霹靂のごとき一大事と思っていたのに、どうもカミさんはとっくにその理由(我々を招待したそもそもの要因)を知っていたようだったなぁ。

それは、娘の長男である3歳の孫・大翔(やまと)君が、ある大きな陶器フェアーでくじ引きの1等を引き当てた事だと言う。
そう、その当たった1等が『秋保温泉ペア無料宿泊券』だったと言うのだ。

つまり、その当選したペア宿泊券を使うためには二人プラス孫だけでは寂しいから、我々をお相伴で招待したのが真相のようだ。期限も迫っていたようなので・・・・。

DSCN0309DSCN0321
1等を引き当てた大翔君とデザート

でも、4人分の料金が半額になるのだからコースはそれなりだとしても、やっぱり温泉は良かったなぁ〜。孫と3回も入る事が出来たし・・・・。

2013年最後の、いい忘年会になった。ありがとう!や・ま・と。

夜の仙台駅前

駅前の現場は全て夜間作業のため、必然とパトロールも夜になる。昨夜は少し霧雨模様だったが暑くもなくむしろ半袖では寒く感じたほどだ。pm8:00の朝礼(夕礼)に出席し帰宅したら10:30を過ぎていたので、すぐ就寝。

もうすでに担当を外れているので、後任者と交替の挨拶が主で、長年一緒に働いて来た作業員達には最後の訓話をしただけだが、さすがに夜遅くなるのはキツイ年ごろになった。

 と言うわけで、今日はあっち明日はこっちのように毎日(?)神出鬼没のように動いているが、いたちの最後っ屁にだけはなりたくないので最後まで正々堂々と職責を全うしたいと思っている吾輩だ。

ちなみに今日は岩手県の紫波にいて、今夜は八戸泊まり。明日帰る。

 

編集されちゃったかなぁ?

昨日の事だが・・・・・。

退職後に使用する携帯電話の機種変更のため一番丁を歩いていたら、某TV局だと言われインタビューを受けた。

マイクを突き出され、カメラは迫ってくるし突然の出来事に髪のセットも儘ならず・・・。

たませんてどう言う物か分かりますか?」だって。

いや全然聞いた事もありませんなぁ」と我輩。

イメージとしてどんな風に感じられますか?。」とインタビュアー。

うーんそうだなぁ〜。海老せんに似てるなぁ〜。」と答えるつもりが、口下手な我輩だから、出た言葉が「温泉と違うか?。」

それでTVの街頭インタビューは終了したが、夕方の番組に我輩が出演したかどうか誰か知らない?。えっ知らない!。そうだよなカットされて当然だよな。

ところで、たませんって何者だ?。

 

体がなまってしまって・・・・・やる気が・・・・。

9連休の後1日出勤し、また人間ドックのために2日休みそして今日出社!。1ヶ月の半分以上休んだ計算になる。だらだらした生活が続いていたので、これではまともに働く気になるまで少し時間が掛かりそうだ。

それでも早速明日から青森方面へパトロールに出る。やはり常設における机上の仕事より、現場周りのほうが余程性に合っているのだろうか。冷静な目で見てみると、自然と鼻歌が出てきそうな自分が見えてくるから不思議だ。

やはり出張がメーンの我輩にとって、書類的な事は担当の部下がやるし、たまに帰ってきて机に向かっていても、特別何もする事もない・・・・のが本音なのだ。

 

気になる記事が・・・・

「このままでは、この組織はまずい」。そう気づいたらどうするか?。

改革のため立ち上がるのが「正しい」姿勢らしい。しかし、現実は簡単ではなく、重荷を背負い冷や飯を食うより「右から左へ」受け流す事を選択する。

親しい知人や家族ならそんな助言をしそうだが、異論を唱えるのに勇気が必要な状態が、そもそも変なのだ。

事なかれ主義のリーダーは二つの罪を犯す。まず下の人々の心を壊し、次に組織を殺す。

今日の日経新聞のコラムに書いてあった記事を抜粋してみたが、ホントにこんな感じで物事が進んでいると思う。世の中は・・・・いや我が社は。

我輩にしてもこの歳を迎えてとても冒険を犯す勇気がないし、こうしてブログで、それも誰も読んでくれない事が解っている伏しがあるからぶつぶつ書くだけで、改革を思い描いたとしても絵に画いた餅であって何も変わる事はない。

考えてみれば、我輩も典型的な事なかれ主義者ではないか?と自虐的になっているこの頃である。

いくら中小企業の幹部に登用されたとしても、会社経営のノウハウを勉強したわけでも教わったわけでもないから、所詮技術畑出の素人が「多分、だろう・・・」を繰り返しほざいているだけなのかも知れないなぁ。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ