ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

別荘関連

暑い!、とにかく暑い!

暑い!、とにかく暑い!。

今日も33℃の気温予報!。

満足な雨を降らす事なくあっという間に明けた梅雨。

先月末からずっと30℃以上の真夏日が続いている。

35℃を超えた猛暑日も何日かあったし、もうどうなっているんだ日本列島は・・・・。

そんなうだるような暑さの中、泊まり込みで田舎に行って来た。

玉ねぎの収穫に行った先月14日以来だからおよそ半月ぶりに・・・・。

今回の目的の一つはジャガイモの収穫だった。

空梅雨の仙台と違って、県北部の登米市で3日間も雨が続いた事を聞いたら腐ってしまうんじゃないか?と心配したからでもある。

まぁ、猫の額ほどの畑だから収穫と言うほど大げさなことでもないので、何も泊まり込みで出掛けなくとも良かったのだ、ホントは・・・・。

つまり、それほどの覚悟を持って出掛ける理由が他にあったのだ。

それは別荘周囲に繁茂した雑草の駆除である。

空き家を管理していく上での最大のネックが雑草の駆除だと言う事は、誰も住まなくなってから24年間せっせと草を取り続けて来た者としての実感である。

半月前はまだそれほどでもなかった事で草取りはジャガイモを植えている範囲くらいしかやって来なかった。

だから、ある程度雑草が伸びる事は想定内だったが、まさかこれほどとは・・・・・。

市道から玄関へ続くアプローチがこちら。
DSC_0193


DSC_0192

貸し付けている南側の畑(1,800屐砲某△付けた飼料用のイタリアングラスとか牧草の種が風で飛んで道路も庭も覆い尽くされてしまった。

困ったものである。

二日目は、サツマイモと枝豆を植えている畑の草取りから始めた。

朝方は涼しいだろうと5時半から作業に掛かったが、最低気温が26,7℃もあるのでは何を況やであろう。

ここは住宅周りより困難な草取りになると予想していただけに、従弟が前日に草刈をしていてくれたおかげで助かった!。

写真は前回行った時の写真だが、この後雨が続いて高温になった事でこの4倍くらいは伸びていたらしい。

DSC_0187

まぁ、とにかく二日間みっちり熱中症に注意しながら頑張って来たから良しとしなくちゃ。

毎日少しずつ草取りできればこんなに苦労しなくとも・・・・・との思いはあるが、中々思うようにいかずに過ぎた24年目の夏である。

ちなみに下の写真は先日収穫した玉ねぎ。

DSC_0190

畑を借りる人が見つかったぞ!

昨年まで無償貸与していた畑(186屐砲返還された。

何の連絡も挨拶もなく突然返されても・・・・。

そもそもこの畑は、昔、苗代として使っていた水田なのだが、道路と1mぐらい段差があって狭すぎるからと30年ほど前に埋め立てた場所だ。

カミさんは「畑にしたころ、実家に行く度に石拾いさせられた」と何回ぼやいたことか。

その頃から、浅水小島の祖母の実家から出た母親の従妹に当るつよちゃん(幸吉氏の姉)に無償で耕作させていた畑である。

税金などはこっち持ちで・・・・。

面積にして56坪のわずかな土地だが、県道と町道の角地だから立地的には申し分ない。

ただ、現況は畑だが地目は水田のままだから、土地改良区や町(現在は市)へ賦課金(水利費)と固定資産税を、支払って来た事だけははっきりしている。

おふくろが亡くなる数年前に、高齢で農作業が出来なくなったつよちゃんが、自分の弟(末男氏)に耕作を引き継いだ事を後で知ったが、その時も何の連絡も相談も無かった。

いくら遠〜い遠〜い親戚だとしても吾輩が相続した事はわかっていた筈なので、挨拶の一言もあれば良かったのだが・・・・。

まぁ、耕作放棄地にならなかった事については管理上の観点から感謝しているけど、親しき仲にも礼儀あり・・・・なんだよなぁ。

さて、その畑の西隣に1年ほど前に自宅を新築した住民がいた。

やはり、水田だった所を購入して埋め立て、家を建てたのだ。

二束三文の水田が結構高価な値段で売れたと聞き、「誰か、土地を買いたい人が居たら売っても良いから・・・・」と、その売却した隣人へお願いしておいたのは当然と言えば当然だ。

多分、その事が結果的には遠からぬ要因になったかも知れないなぁ・・・・。

その新しい居住者が、今年、我が家の畑が耕作されないのを見て、隣家の親父に「一部でもいいから貸してくれないかどうか聞いてくれ?」と相談していたと言うのだ。

賃貸料も5,000円/年ぐらいで・・・・と具体的な数字を挙げていたとの事。

さつま芋でも植える為、耕しておこうかな」と、耕運機で畑へ向かおうとした時、隣人から声を掛けられたのだから運はどこに転がっているか分からないものである。

幸運機だけに・・・・。(笑)

勿論、渡りに舟!とばかり即決したのは当然だ。

良いですよ!、全面使用していただいても年間5,000円で・・・・」と。

さつま芋を植える事は出来なくなったけど、草取りする手間が省けるし税金も支払えるので、まずは目出度しめでたし!。

寒さも突然の出費も身に堪える厳冬!

叔母さんの百か日法要の為、登米市へ出向き別荘へ立ち寄った。

今日の目的は法要の為だけだから、すぐとんぼ返りのつもりだったのだが・・・・。

別荘へ行ったのは先月6日以来である。

その時は、ボイラー凍結防止の為に浴槽に水張りや凍結防止ヒーターへ通電する作業を行い、各所の蛇口を一個一個丁寧に水抜きしておいた。

だから、「パイプにも蛇口にも水が無い筈だから・・・・」と凍結防止ヒーターへの通電を一部省略したのは当然の成り行きだった。

電気代も通電するしないで雲泥の差があるし・・・・・。

昨冬、凍結で蛇口が2ヶ所も破裂し交換した経緯があるので凍結には十分気をつけていた・・・つもり。

ただ、気がかりはあった。

誰かが、たまたま用事で別荘へ立ち寄って外部の水抜栓を開け閉めする事である。

水抜栓の開け閉めだけでは混合栓などの器具内部から完全に水を排除出来ない為、その残水が凍結する事で器具を破損させるからだ。

まぁ、誰か?と言っても考えられるのは一人だけだが、最近あまり立ち寄らなくなっていたので知らせるまでもなかったから・・・・。

さて、昨年暮れから新年にかけ、数年に一度の寒波襲来などずっと厳しい寒さが続いていた今冬。

別荘へ着くやいなや恐る恐る水抜栓を開けた・・・・。

メーターが異常な廻り方をしなかった事で異常なし!・・・・と胸をなでおろした。

・・・・と、思ったのも束の間、何かおかしい!。

通水してボイラーを運転させたと言うのに、蛇口と言う蛇口全部が水もお湯も出てこないのだ。

洗濯機への蛇口からも水が出てこなかった。

完全なる水道管の凍結症状に陥っていたのだ。

洗面所の蛇口は、破裂まで行かないまでも器具の下部が大きく膨らんでいたし、浴室の混合栓は湯温調整部が壊れ、あちこちから水が噴出していた!。

全ての器具の内部まで完全に水抜きしていたつもりでも、現実に凍結したと言う事は何かの原因で器具内部に水が介在したと言う事でしかない。

原因追及どうのこうのと言っている暇もなく、「凍結防止ヒーターの通電を一部省略したのが悪い!」と閻魔様に叱られつつ、同じ品番のシャワー付き混合栓を買って来て取り付けたのは言うまでも無い。

2021年3月4日に交換しているから、まだ1年にも満たない期間での交換!。

年金暮らしの身には、24,000円の突然の出費は寒さよりも身に堪えたよ。

凍結防止ヒーターONで水回りの破裂防止を・・・・。

先日、別荘へ行って来た。

本格的な冬に備え、ボイラー(給湯器)周りや浴室・台所等の水回りが凍結しないようにヒーターのスイッチを入れるのが主な用事だった。

別荘の水道は、元栓を閉め水抜栓も操作しているので、凍結防止ヒーターを使用しても無意味なのだが・・・・。

なぜなら、水道管に水が通ってないのに凍結は考えられるか?。

だから、「絶対凍結するはずが無い!」と安易に考え、ここ数年来ずっとヒーターの電源を抜いていた吾輩なのだ。

凍結防止ヒーターをすべてONにすると、電気料金が7,000円/月も余計に掛かるのも理由だったし・・・・。

しかし、今年の1月か2月の寒波・・・・だと思うが、浴室と洗面所の蛇口が破裂してしまった。

水道管の水抜をしていても、蛇口一つ一つ個別に水抜きしなかった事から器具内にわずかに残った水が凍結・膨張したのが原因だった。

その反省から、簡単に水抜きできる器具を除いた他の場所、例えば水洗トイレのタンクやボイラー内部などの水抜が難しい場所は凍結防止ヒーターを使う事にしたのである。

もちろん、ボイラー保護の為に浴槽に水を張っておくことも忘れなかったよ。

賦課金通知書が届いたけど・・・・。

スクリーンショット (5)


土地改良区から賦課金通知書が届いた。

請求金額に一瞬びっくり!。

まぁ、あまり大した金額ではないのだが、小作地以外を含む農地全体に対する金額だったから驚いてしまったわけだ。(笑)

そう言えば、小作人だった千葉◎△氏が昨年3月に亡くなった後、知人・隣人に小作を継続してもらう約束を取り付けてはいたけど、新規に賃貸契約は交わしていなかったからなぁ。

農業委員会にも未届けだったし・・・・。

小作地の一般経常費・用水経常費は小作人の負担となっている。

だから、我が家へ来る金額はいつも通り僅かだろう・・・としか思っていなかったからねぇ。

一括で支払いして後で小作人に請求する方法もあるが、土地ごとの請求内訳が知りたくて土地改良区を訪ねたのだ。

そこで、『組合員資格得喪通知書』の提出を促され、用紙を持ち帰った。

現資格者の他、小作していただく新資格者の方の記入・捺印が必要だったからである。

その手続きの最中、小作者の一人から「下大谷地の土地(1,721屐砲郎酩佞韻靴討い覆い茲Δ世韻・・・・」との話を聞いた。

えっ・・・・」と吾輩、寝耳に水だった。

てっきり昨年同様作付けしていただいていると思っていたのだが・・・・。

色々複雑な出来事も絡んでいるから経緯についてはここでは省略するが、もう少し連絡を取り合っておけば良かったと後悔した吾輩である。

ところで、土地改良区へ伺う予定で別荘へ行った我々だったが、居宅周りは思いの他雑草がはびこっていて、泊まり込みで草取り・草刈をしてやっと何とか・・・・。




Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ