Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

別荘関連

別荘の水回りが大変なことに・・・・。

3月下旬並みの気温になった日曜日、登米市の別荘へ出掛けた。

昨年12月10日以来だから、およそ2ケ月ぶりだ。

新型コロナウイルスによる外出自粛と、いつものと違って雪が多かった冬から・・・・。

冬期間は草取り作業も無いので、どうしても頻度は少なくなる。

ただ、正月を挟んで2ケ月も行かないなんてここ数年なかったから、やっぱり歳のせいで億劫になったからかも知んねぇなぁ。(笑)

まぁ、それはさておき先日市役所から連絡があった下水工事完了を確認する事と、12月に受領した小作料の領収書を届けるのが目的だ。

他に用事も無いし、「さっさと済ませて気仙沼へふかひれラーメンでも食いに行くか?」と話していたんだがなぁ、そう、到着するまでは・・・・。

後ろの家へ領収書を持って行って戻ったら、「トイレの水の出がわるい」と天の声。

簡易式水洗タンクに入る水量がちょろちょろしか出ないので、なかなか貯まらない状況となっていた。

長い間使用しなかった事で、水道管内が腐食し、その錆(サビ)で目詰まりしたのが原因だ。

以前にも発生している現象なので想定内!。

部品を掃除すれば何とかなる!・・・・」と簡単に考えていたら、素人が出来る範囲内よりもっと奥の方まで配管を解体しないと修理不可能と分かった。

トイレは諦め、「もしかして風呂場の蛇口も・・・・」と、浴室の水回りも調べて見ることに・・・・。

やはり浴室の蛇口も錆で目詰まりした事があったからだ。

そしたら、何と!。

こちらもシャワー用混合栓の水の出が悪くなっていた。

こっちは何とかなりそうだ・・・・と、工具を取り出し掃除していたら、背中から「こっち側の水漏れは何?・・・・」とまたまた天の声!。

どれっ?」と、その方向に目を向けたら、浴槽側の湯水供給栓上部が膨張して金属がめくり上がって水漏れしていたのが目に入った。

自動式給湯ボイラーに換えてから、「取り外してメクラ栓にしなくては・・・・・」とずっと思っていた重要性の低い器具だから、これはこれでショックは無し!。

他もチェックしたら、洗面所の混合水栓も膨張してひび割れし、水がぽたぽた滴り落ちていた。

別荘が空き家状態になってから大部経つが、以前は凍結ヒーターだけで対応し水抜栓は使用しなかった。

その為、浴室の混合栓が破裂して多量の水道使用量が発生したり、ボイラーの凍結破損により交換した経緯があった。

だから、多大な出費を経験した身としては、それを糧にいつも元栓・水抜栓を閉めて凍結防止に十分注意を払ってきたのだが・・・・。

ここ10数年、ずっとこの方法で問題がなかったのだ。

完全に水抜きしたわけではないので、器具の内部にわずかに残っていた水が凍結・膨張したのが原因だと思われる。

今冬の寒さが想定外だったとしても、「(水抜して)水道管内に水が通っていないから大丈夫・・・・」と、一部を除いて凍結防止ヒーターのスイッチを切っていた事も一因だろう。

ちなみに、凍結防止ヒーターを全部ONにすると、月5,000円電気料がアップするのよ。

あ”〜あぁ〜、後悔先に立たず・・・・・。

下水の接続・水洗化工事とタイミングが重なったとは言え、想定外の出費は頭が痛いよ。

そして今日!。

早速、業者に連絡して見積依頼をしておいた。

従弟から良心的な業者だからと紹介されたが、それだけに年度末と言う事もあって忙しいのか工事は3月にずれ込むとか・・・・。

あぁ〜やきもきするなぁ。

やっと広域下水道が整備されたのは良いが・・・・

登米市役所から電話があった。

下水工事が終了し宅地桝を設置したので(工事して)接続すれば使用できる」との連絡だった。

2年前に完成する予定の工事が、地下水位の上昇で別荘付近だけ取り残されていたのだ。

町内ではだいぶ前に農集排「※農業集落排水施設」が整備された地域があって、永年恨めしく思っていただけに、やっと文化生活できるかと嬉しさが込み上げる。

さて、下水工事が完了した嬉しさの反面、当分住む予定が無い住居を水洗化しても果たして正解かどうか悩ましいところである。

維持管理で時々訪問するだけの別荘でしかないのに、なんか勿体ない感じがするからだ。

とは言え、下水道施設が使用可能になった場合、雑排水は遅延なく、汲み取りトイレは3年以内に水洗に改造しなければならない決まりになっているから、工事は必要不可欠か。

また、公共下水道事業実施区域内のすべての土地を対象に受益者負担金が発生するので頭が痛い。
別荘の土地面積は1,482.42屐300円/屬之彁擦垢襪箱444,700円。ただ、宅地利用として申請すれば800岼幣紊免除され800@300円/屐240,000になる。

まぁ支払うものは支払って早急に工事に着手するとしても、空き家なのに最低でも月≒4,300円の水道・下水料金が発生するのは考えものだなぁ。

汚水桝までの接続工事費も発生するから、あぁ〜ぁ頭が痛くなる!。

下水を整備すれば確実に住居価値が上昇するのは確かだが、売却しようにも二束三文の売値では踏ん切りがつかない優柔不断の吾輩!。

遠くない将来を考え、何とかしなくちゃ・・・・といつも思っているんだが・・・・。

コロナ禍によるテレワークが増えた今、田舎暮らしにあこがれる都会人が高値で買ってくれれば売却も考えない事もないのだが、生まれ育った故郷が無くなるのも忍びないし、親、兄弟のお墓もあるしなぁ・・・・。

下水工事完了に、悲喜交交を感じる吾輩なのだ。

別荘の水道が無断使用され、28㎥も増えていた!

持病の変形性腰痛症も大部落ち着き、運転にも支障が出ないと感じたので登米市の別荘へ出掛けた。

そろそろ玉ねぎの収穫時期だなぁ〜」と気になっていたから・・・・。

先月24日にジャガイモの芽欠き・土寄せ以来だから約24日ぶりの別荘行きである。

到着してすぐ、水道の元栓(水抜栓)を開けメーターを確認してびっくり!。

何と!数量が異常なまでに増えていたではないか!。

この前、別荘を離れた時の数値が181.976㎥だったのに、209.549㎥に跳ね上がっていた。

実に≒28も増加していたのである。

標準世帯の2ヶ月分にも匹敵する水量だ。

無人な上に元栓まで閉めていたと言うのに・・・・どうしてだ。

6/8の検針票と、『水道お客様センター』からの封筒があったので開けてみた。

検針票に「検針時に、メーターのパイロットランプが回っていて、水抜栓で止めた。」とのメモ書きと、封筒には「水量について確認したいことがあるので連絡してくれ」との報告書が入っていた。

早速連絡したのは言うまでも無い。

パイロットランプが回るのは水道を使用しているか漏水している場合なので、検針の時になぜパイロットランプが回っていたのか・・・・つまりなぜ水抜栓が開いていたか?が問題なのだ。

漏水に対しては絶対の自信を持ってNOと言える吾輩だから・・・・。

使用水量の増加を聞いた担当者が、2日後の6/10に来て確認した時は、ランプも廻ってなくて異常は見つからなかったそうだ。

わざわざ確認に来たのは、2年前にも同じような事件があって、その時相談した経緯があったからだと思う。

防犯カメラを設置したり警告書を水抜栓の上に置いてからは、それ以降問題が起き無かったんだけどなぁ。

防犯カメラもしばらく前に外してしまったし・・・・。

それで、水道センターの担当者と相談して出した結論は、メーターボックス内にある止水栓をセンターから借り受けた特殊工具で止水する事だった。

まぁ。これまでしてまた同じ状況が続く様では、もう警察に被害届を届けるしかないな。

ちなみに、ずっと1,467〜1,614円/月ぐらいだった水道料は、6月分は7,416円である。

僅かな金額だが、何もなければ余計な出費が0だっただけにホントに癪に障るよ。

今年のお盆は暑かった!

遅ればせながら17日(土)から19日(月)まで田舎に行って来た。

今年のお盆期間中はずっと暑い日が続いていたので行くのを躊躇っていた我々だが、墓参りもしなければならず結局出かけることになった。

先月の20日以来だから、庭も畑も雑草が伸び放題になっているのは間違いないだろうし、ましてこの炎天下で作業する事自体NG・・・と決めつけていた事も躊躇していた理由である。

近くに住む孫も一緒に行きたいと言うので娘家族を伴い一泊の予定で出掛けた。

32℃とか34℃まで気温が上昇する予報が出ていて、熱中症予防の為にはこまめに休憩を挟む事になる為、とても当日だけでは作業が終わらないだろうと踏んだからである。

10:00から作業開始!。

吾輩と娘婿は草刈機で居宅周りや庭木の下、敷地内にある畑の草刈から始める事にした。

畑の草は手で引き抜けばいいのだがとてもそんな量ではなかった!。

カミさんと娘は通路とその周囲の草取りから始め、孫は、家の中で掃除と雑巾がけをすることに・・・・。

ほとんど日陰の無い炎天下の作業ゆえ、午前中2時間、午後も夕方近くの2時間で終了した。

その都度シャワーして着替えたから、洗濯機はずっと回りっぱなしだった。

夜は、実弟従弟船長を呼んで久しぶりに一杯やった。

普段飲まないビール・・・それも生ビールと、珍しい赤霧島の水割りを数杯飲んだら酔っぱらってしまった。

3人集まると主に魚釣りの話題で盛り上がるのが常だが、先日のヒラメ釣りで1匹も釣れなかったと嘆いていたのが印象的だった。

※吾輩は体調不良で行かなかったのだ・・・・。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪先見の明あり!。

さて、作業二日目の日曜日も前日同様32℃を超える猛暑となった。

娘家族には午前中だけ作業を手伝って貰った。

娘婿殿の実家へお中元を届けてもらう件もあったので15時頃に帰した。

カミさんと吾輩はその日の夕方まで作業したが、完了までには程遠かったため結局泊まる事になった。

そして月曜日の昨日、朝4:30頃から鳴きだしたミンミンゼミの大合唱に合わせ、比較的涼しい5時から作業を開始した。

幸運だったのは、ギラギラ太陽が昇り始めてすぐ雲間に隠れて曇り空になった事ぐらいかなぁ。

前日とは雲泥の差ぐらい涼しい天候に恵まれ?、順調に草取りは進んだ。

まぁそれでも雑草は取り切れず大部残ってしまったし、老体の腰に限界を感じた8時に作業を終えた。

前日購入しておいた顆粒の除草剤(≒6,000円)を散布しておいたが、これぐらいの量では気休めにしかならないと思う。

近いうちに又来て草取りしなくっちゃ」と、痛む足腰を伸ばしながらぶつぶつつぶやく二人だった。

カメラを持って行ったのに、あまりの雑草の多さに驚いて撮る事を忘れたからやっぱり歳かな?。

ジャガイモ掘り

夏休みに入った小学3年生の孫が「一緒に行きたい」と言うので連れて行った。

今日はジャガイモを掘りに登米市の別荘へ行く予定をしていた我々だった。

ずっと雨模様の天気が続いていて、ジャガイモが腐ってしまうのでは・・・・・と危惧していた最近、ここ2,3日曇り空から時々陽が顔を出す予報が出た事でやっと重い腰を上げたのだ。

まぁ、ジャガイモ掘りは今日のメーン作業だが、わずか猫の額ほどの畑の片隅に植えただけだから作業的には微々たるものでしかないので、後は先日やり残した草取りとか草刈をしてくる予定だった。

CA3H0002
丁度、葉っぱも枯れ始めた頃で、思ったより雨の影響はなさそうな感じがした。

ただ、土の上にはところどころまだ青い色したジャガイモが顔を出しているものもあって、土寄せとか芽欠きと言った管理の手抜きが如実に表れていた。

それでも「掘ってみないと分からん!」とばかりに孫と一緒に掘り起こした。

ごろごろと結構大きなジャガイモが現れた。

昨年とは雲泥の差ほどあるジャガイモが土の中から次々と顔を出し、孫がそれを取っては一輪車に乗せて行く。

ただ、大きい芋の数と比例するように、小芋も多数・・・・・・あった。

長屋の玉ねぎをネットに入れて吊るし、その場所にジャガイモを並べて来た。

みかん箱一箱分だけ自宅に持ち帰ったので、これから当分は新じゃが料理を味わえそうだ。

それにしても日中気温が28℃を超えた事で、久しぶりの肉体作業に汗がいっぱい噴出!。(痩せ?)

息も絶え絶えになる事数多し!。(笑)

熱中症予防?と称し、休息時間も年齢相応に数多く取得!。

予定していた草刈は半分もやれずに終わった一日だった。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ