Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

成年後見人関連の職務

暑い最中!成年後見事務報告書作成中・・・・。

暑い!。今日も32℃を超えた。真夏日だ!。
気象庁からまだ梅雨が明けたと発表されていないけど、絶対!梅雨は明けたと言ってもいい。
どうせ近々「梅雨が明けたと思われる」との発表になるのは間違いないのだから、『もうすでに梅雨が明けた・・・・』と、吾輩が勝手に宣言しておくよ。(笑)
今朝なんか、6時前からウォーキング中の吾輩の手足を燦燦たる陽射しが容赦なく照り付けるものだから、わずか1時間の間に自慢のもち肌?が黒焦げ状態になってしまうほどだったのだから・・・・。

そんな手足をさすりつつ、汗をかきかき成年後見事務の報告書を作成中の吾輩である。
およそ、1年半から2年の間に裁判所から書類の提出を促される事になっていて、今回もつい2,3日前に書類が届いた。「多分、もうすぐかな?」と予想して、以前から書き留めていた続きを書き始めた矢先の裁判所からの『事務連絡』だった。このタイミングの良さ!、梅雨明け宣言と同じくらい吾輩には先見の目がある・・・・って事かな!。(嘘)

成年後見事務報告書の作成は今回で10回目の提出になる。
だから、作成には慣れているし内容に自信を持っているので何も問題が無いと考えているのだが・・・・。
でも、裁判所の担当書記官によっていろいろ見解が分かれる時があって、前回は良かった内容でも、「詳しく説明して下さい・・・・」となる場合もあると聞く。裁判所も移動が多いようで、2年も経つと担当書記官がほとんど入れ替わってしまう事がその理由かも・・・・。

吾輩の場合、被後見人がおふくろ・・・・と言う身内の成年後見人をしている関係で、裁判所が求める後見人の責務と少しかけ離れた場合も多々あると考えている。
だから、今回の担当書記官から、親族や近隣住民との交際費とか、食費や酒代について被後見人に負担させる妥当性を考慮して報告して下さいと要望されているから、これまで通りの報告でどうなる事やら。
弁護士や第三者が務める後見人とはちょっと違う見方をしてくれても良いと思うがねぇ・・・・。

もし、おふくろの立場だったらこうするだろう・・・」のスタンスを変えず、事細かな報告書を作成して提出するつもりだから、説明が必要ならいつだって馳せ参じるつもりだ。
これまでの13年間、説明に行ったのは初回の事務報告書を提出した時だけで、その後は一切問題なく承認されて来た自負がある!。

用地買収契約の締結に立ち会った

指定された15:00に、登米市の土木事務所に出向いた。
おふくろの成年後見人として、高速幹線道路工事に掛かる用地買収の契約をするためだ。

買収価格は水田の場合で、4,100円/屐1反歩(1,000屐謀たり410万円)である。更に、工事期間中における工事影響範囲の借地(2年間)が年額246円/屐1反歩(1,000屐謀たり24万6千円)だと言う。
元吸方江に所有している土地面積5,641屬瞭癲買収に掛かる面積が1,974,93屐⊆效鰐明僂929.4屬覆里如計算すると・・・・・・・・・・・・・・・・。

公共工事への用地提供となるので当初から協力を約束していたけれど、多くの時間を残地として三角形に残る田んぼに関する疑問に要した。特に用排水がどうなるかについて・・・・。
4.44屬130.63屐並海地)の三角形の水田が残る事になるわけだが、こんな機械作業も出来ない面積を残されても非常に困るので、正直なところ全部買収して貰えないか?との話題も・・・・。
最終的には、70,000円弱の補償(作業がやりにくい田への・・・・)で決着したが、こんなしょうもない土地が借地が終わる2年後に手元に戻って来たって水田に使えるわけも無し・・・・、工事が終わるまでに地盤を嵩上げして畑として活用する事を考えている。

買収用地が道路本体部分(県)と側道部分(市)に分かれるため、捺印する文書も多くおよそ1時間も掛かった。前日は、仙台法務局へ行って登記事項証明書発行や仙台市の証明書発行センターへ出向いて印鑑証明の取得をしているから、2日掛かりの大仕事だったなぁ。

一日掛かりの大仕事?3件!疲れたべぇ・・・・。

朝7:35に自宅を出発し、三陸道経由で登米市に出掛けた。
約束していた待ち合わせが10:00なので、通勤時間帯と言うことを考え早目に出発した。小雪が舞っていたし、多分北に行くにつれみぞれだろうから・・・・。
普段、何もなければ1時間の道程なので、少々渋滞しても余裕で到着すると踏んでいたら、途中、三陸道がスリップ事故で通行止めになり、一般道を走った為到着が時間ぎりぎりとなった。
結果的に出発を早めた事が功を奏したわけだが、やっぱり冬道は早目の出発に限る!。

・・・・で、最初の仕事は新しい小作人(猪俣誠悦君)と農業委員会に出向いて利用権設定の書類の提出。
猪俣君は吾輩の3年後輩(小・中学)・・・・だと聞いたけれど、少し面影が残る程度の記憶でしかない吾輩は「久しぶり・・・。何十年ぶり?・・・・」と言われても、笑ってごまかすしかなかった。
直線距離で300mも離れていないところで育ったのに、遊び仲間のグループじゃ無かったからかなぁ。

次の仕事は、農協支店長と水田譲渡の打ち合わせである。
今回の売却に絡む用地の関係者は6人も居るが、みんな売却に賛成で吾輩の返事待ちとなっていた案件だ。
我が方の土地だけぽつんと取り残されても困るし、拒否する理由も無いので売却する方向で話を進めたのは当然としても、一番の関心事は譲渡金額だった。
農業委員会の話では1反歩当り35万〜50万円での取引が最近の情勢だと言う。まったく安いよなぁ!昔に比べるとまるで二束三文じゃないか!。
ただこの金額は田んぼとして売る場合、つまり農業を生業としている者へ売る場合であって、今回のような事業用地として売る場合や公共事業での用地買収による売買等、用途によって売却金額に差があるのだとか。
今回は酪農業者との事業用地としての取引なので、当方への売却金額は700,000円(面積820屐法H薪り85万円だと言われた。この金額が高いか安いか判断出来ないが、他のみんなも納得した金額だと言われればそれも止む無しか。
この後、上記の2件に関する書類(現小作人との契約解除)を作成して千葉さん宅に行き捺印していただいた。印鑑証明も必要だから、午後の用事が終了したらまた農業委員会へ出向くことになった。

午後からはみやぎ県北高規格道路の事業説明会への出席である。
CA3H0001CA3H0002
あまり前回と変わり映えしない説明会だったが、今年度は用地買収・補償が行われ、順次工事が実施されるようだ。2月に用地説明会、3月に用地契約会の予定が組まれていた。
路線の殆どが盛土になるので、買収用地外で引き込み沈下が予想されるため、計画路線周辺(約1〜20m)が工事完了まで借地される話は初めて聞く説明だった。
反当りどれくらいの金額になるかわからないが、千葉さんの話では300万ぐらいではないか・・・・との事だった。ホントかな?。

買収対象外の田んぼ、つまり残された田んぼを今年耕作出来るのか出来ないのかについては全然説明がなかったし、参加者も質疑しなかったから一体どうなるかは疑問が残った。
吾輩思うに、用水の供給や排水が出来なくなるのだから工事完了まで耕作は無理だと思うけどなぁ。

説明会が終わってから、千葉さんを乗せ農業委員会に行って書類を提出した。本人を連れていったから委任状の作成はなかったけど、役所の書類は何でもかんでも面倒くせーぇな。

・・・・と、まぁ一日掛かりで久しぶりの大仕事をやって仙台に戻って来た吾輩である。あ〜ぁ、疲れたべぇ。

今年は田んぼの件で忙しくなりそうだな。

農協支店長から舞い込んだ不動産売却の件で田舎の別荘(実家)に出掛けた。

昨年暮れに、おふくろが所有している土地の一部(約820屐砲髻⇔拈椶垢詆瀉呂罵鑁世魃弔犲圓業務拡張の為譲渡してほしい旨の連絡を受けていたからである。

後見人だから被後見人所有の不動産売却について決定権があるけれど、小作人の意見も聞かなければ「ハイ!いいですよ」と言うわけには行かないので返答を先延ばしにしていた件だ。

夕方、新年のご挨拶を兼ね小作人の千葉さん宅に行こうとしたら、何と!その前に本人がやって来たではないか。いいちこ(焼酎)の1升瓶と毛ガニを携えて・・・・。

普段、殆ど電灯が点らない別荘?に明かりがつくとお酒や肴を持ってたびたびやって来る隣人なので、あまりカミさんの評判は良くないのだが、こんなに早い時間に来るのは珍しい事だった。

渡りに舟とばかり吾輩の話を切り出そうとしたら、千葉さんの方から別な要件を切り出された。
〇〇地区の小作地を他の人に小作してもらったら?」と言う話だった。

最近、土地区画整理が行われた区域に土地が集約され、おふくろの小さな水田1反歩(約1,000屐砲發修琉豎僂暴犬瓩蕕譴討い拭6莢茲気譴薪弔鵑1枚の面積が1町歩(約10,000屐砲搬腓いので、およそ1反歩とは言え10分の一の面積でしかないおふくろの土地は一枚の田んぼの中に組み込まれてしまった。つまり、水田を何人かで共用する羽目になったのだ。この土地の場合は二人だけだが、数人で共用する場合もあると言う。

その共用の相手(残り約9,000屬了ち主)が小作人と違う人なので、用水を供給するのも田んぼを耕すのも稲を刈り取るのも一部分だけしかできないし、手間もかかるので小作人には大きな負担となっていた。
だから、「残りの持ち主(猪俣さん)に一緒に耕作して貰った方が相手もやりやすいだろうから・・・」と言うのが千葉さんの言い分だった。
吾輩もそれが最良と思い早速その猪俣さんに連絡を取った。そこで、千葉さんが根回ししてくれていたようで後日一緒に農業委員会に同行することを了承いただいたのでまずは一安心!。
吾輩の提案については何の問題もなく了解して貰ったのでこっちも一件落着と相成った。

9日に高規格道路の用地賠償の件で事業説明会に行かなければならないし、小作人変更の手続きやら何やらで北上川沿岸土地改良区にも足を運ぶ必要がありそうだから、今年は田んぼの件で忙しくなりそうだなぁ。

土地境界確認に係る現地立会い

朝8:00に自宅を出発し登米市に向かった。

指定された時間は10:00だったが、平日の通勤時間帯・・・特にこの時間は三陸道利府ジャンクション付近1.5km区間がいつも渋滞するため早目に出発する事になった。

みやぎ県北高速幹線道路(中田工区)事業に伴う用地境界の立会いに、おふくろの後見人として出席するためである。

おふくろの所有地である水田が事業の買収予定地に掛かっているため、設置された測量杭と隣地境界を確認しあう現地立会いだった。

昔…と言うか、吾輩が小さい頃、付近に4〜5反歩の田んぼがあった筈だが、その後2回ほど行われた圃場整備で道路も用水路もすべて様変わりし、田んぼがどこにいったか等知る由もなかった吾輩なのだ。

固定資産納税通知書等で所在地と面積を把握していたつもりでも、今日、土木事務所の担当者から図面を見せられ、現地を示された事でやっとその存在を実感し、「おっ、結構広いじゃないか!」と思った。

一枚が2反から3反歩に整備された水田が平然と2枚並んでいるではないか。

東側の幹線水路(五ケ村堀)から数えて6枚目と7枚目、西側の幹線道路からだと5枚目,6枚目になる。

確か、東隣の田んぼは登米町の熊谷さん・・・・とか言っていたなぁ。

図面では、幅30mほどの道路が斜めに横断し、一枚の田んぼの3分の一ほどが事業用地に掛かっているように見えた。

もう一枚の田んぼは、隅っこの方に機械も入らぬ狭い3角地が残る事になっていたが、「これぽっち残されても・・・・草を生やしておくだけだな」と皮肉を言うだけしか出来なかった。

道路で二つに区切られる熊谷さんの田んぼを考えればまだましか・・・・。

ちなみにこのみやぎ県北高速幹線道路は、三陸道登米ICから東北道築館IC間を結ぶ高規格の自動車専用道なんだとか・・・・。

せめて生きているうちに完成してくれれば・・・・と願う吾輩である。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ