ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

健康管理

人生2度目の救急搬送!

先日・・・・と言っても3日前の事だが、人生2回目となる救急車の世話になった。

21日の真夜中、正確には22日の0:30頃におきた症状で・・・・。

その時間・・・・まぁ年寄りの吾輩にはいつもの時間帯となるトイレタイムだった。

目が覚めて、枕もとの照明を点灯したまでは良かったが、何かおかしい!。

周りの景色がぐるぐる回転し、立ち上がる事さえできない。

以前(’22年10月)、初めて救急車にお世話になった時と全く同じ症状に陥っていたのだ。

その時は炎天下でのハゼ釣り中だった為、熱中症!で済ましたけど、今回は真夜中だし「まさか熱中症は無いだろう」との思いはあった。

ここずっと、糖尿病薬による副作用で苦しんでいた事もあり、今回は躊躇せず救急車を呼んだ。

AM1:30頃、近くの医科薬科大学病院に搬送され、まずは一安心!。

採血、点滴、X線、CT,MRI等の検査の他、めまい防止や嘔吐防止の注射もされたな。

明確な症状についての説明は無かったけど、頭に異常は無かったし、自分的には熱中症の類と自己判断しているよ。

当日は暑い日中に水分も摂らずに1時間ウォーキングしている事と、夜でも熱中症は発症すると言うから・・・・。


まだ満足に歩行できない状態だったが、目が廻る症状が落ち付いた事からAM6:30分頃、病院を追い出されるようにタクシーで帰宅した。※タクシー代880円。

二階から一階に布団を持って来て、以降2日間ほとんど横になって過ごした。

食欲も無かったし、その間食べたのはおかゆ一杯だけ。

喜んでいいのか悪いのか!、体重は3キロ減!!!!。ばんざ〜い!うん?。



3日目の昨日、カミさんに掴まりながら掛かりつけの内科医院と耳鼻科に出向いた。

内科は月に一度の定期検診と薬を貰うため・・・・。

耳鼻科は今回の症状が耳から来ているのかも知れないとの検査で・・・・。

大きな問題は発見されなかったが、前回検査の時より何かの数値が減少してバランスが崩れたのだろうとの事だった。

めまい防止と吐き気予防の薬を貰って帰宅。


文字が二重に化けてスマホも満足に見えなかった状況が少し改善した事からパソコンに向かった。

釣り仲間に青森真鯛釣りは欠席する旨のLINEを入れる。

症状が回復したら何が何でも出掛けるつもりでいた吾輩だったが、前回と違い今回はいつまでもめまいが残っている不安と、釣行日が2週間後に迫ったからである。

万が一遠征先で症状が再発したらみんなに迷惑が掛かる・・・・と考えたら断腸の思いで諦めるしかなかった。

真鯛釣りが生きがいの吾輩にとって至極残念なことではあるが、回復に専念し、7月の釣行には万端の準備で臨もうと思う。





体調不良が続いている

最近、寝起きの体調が悪くて辛い日々が続いている。

喉がからからに乾いて胃液のような甘酸っぱいねばねばした液体が喉元に絡み、唾を飲みこもうとすると、胸・・・・正確には胃から気管支あたりに鈍痛を感じ、むかむかしてとにかく気持ちが悪いのだ。

喉が渇く症状はしばらく前からだが、布団の中で1時間も深呼吸を繰り返していると落ち着いたので、あまり重大な問題として考えなかった吾輩だった。

しかし、段々と症状が酷くなり終日不快感と重苦しさが抜けず食欲も落ちてきた事から、止む無く耳鼻咽喉科を受診した。

でも、喉の痛み止めを2週間服用したけどあまり症状に変化が無かった。

口を開けて寝る?のが原因かと、テープで口を塞いだりして寝てもそれでも変わり無し。

後、考えられるのは薬による副作用だけである。

実は、元々糖尿病の持病で薬を服用している吾輩だが、Hga1Cの数値が急上昇した事で薬が追加されていた。

2ヶ月半前の事になるが、症状が酷くなって来た時期と重なる。

それで・・・・。

今日、薬と症状の因果関係を聞きに掛かりつけの医院に出向いた。

そしたら・・・・やっぱり・・・・。

薬のせいですね。」だと・・・・。

薬を続けるか、インシュリンを注射する状態になるか二者択一しかない」とも・・・・。

今の症状を緩和するために薬を止めたり少なくするのは、イコール糖尿病の悪化につながる。

かと言って、今の症状と付き合いたくも無い!。

さぁ、どうする!。

・・・・・・・・・・。

結論は、現在服用している薬の効果が判明する次回の検診まで現状で様子を見る事になった。

その時のHga1Cの数値を見て薬の強さを前に戻すか半分にするか判断すると言う。

朝の症状は辛いけど、もう少し耐えて見ようと決めた瞬間だった。





胃内視鏡検査

今日は胃の内視鏡検査を受けて来た。

仙台市の胃がん検診は毎年受けていて、昨年はバリウム検査、今回は内視鏡検査だ

毎年内視鏡検査を受けたいと思っているのだが、市の規定で隔年しか受診できないのだから致し方なし。

検査場所は車で5分ぐらいの所にある、胃とか大腸の内視鏡検査をする時だけ利用する医院だ。

今年8月から医院の名称が変わっていたが、初めての利用になる。少し緊張!。

前は、『佐藤彰内科・消化器科医院』だったのが、「高砂内科・消化器科内科医院』に変わった。

設備もスタッフも同じで医師も変わらない旨の貼り紙があったけど、我思うに、前院長が勇退した事から院長の名前を外した・・・・と思うが、どうなんだ?。


9:30から喉の麻酔等の準備の後、検査は10分も掛からず終了!。

担当したのは若い医師だった。

胃とか大腸の検査の時しか行かない医院だから、前から居た居ないを含め全くの初顔だった。

外来患者を診療しながらの合間に行う内視鏡検査だろうけど、「始めます!」だけで他の会話は一切なし!。

終了後も無言で立ち去った。

前院長と比べ、患者対応が違い過ぎる事に苦笑してしまった。

その後の検査説明で対峙した時は、普通の医師に戻っていたけどね。(笑)

さて、気になる今回の結果は・・・・・。

異常なし!。

小さいポリープが2個写っていたけど、問題なし!との事だった。

ただ、検査に備え、昨夜は8時前に食事を終わらせたのに、胃の中にまだ消化しきれていないブツが残っていたのは意外だった。

加齢で消化器官の働きが悪くなっているんだろうなぁ・・・・と思った。

先生曰く、「次回検査の時は、前夜の夕食は小食で・・・・」だと・・・・。















熱中症?だったのかな?

金曜日の夕方、人生初めての経験をした。

救急車で搬送されたのだ。

発汗と吐き気、空がぐるぐる回るようなめまいと歩行困難状態の症状ではやむを得なかった。

搬送先の大学病院で、点滴の他、頭部のCT撮影、心電図などの検査をしたが異常は見られなかったので今は一安心と言うところだ。

はっきり『〇〇症です』と告げられたわけでもないので、熱中症!と勝手に判断している吾輩だけど果たしてホントのところはどうなんだろう。

さて、その救急車要請までの顛末はこうだ。

ハゼ釣り研究会』の仲間が釣りに行くと聞き、吾輩も参加する事にして金曜日のAM9:30頃自宅を出発した。

釣り場は自宅から車で6kmほどにあり、到着した時すでに二人の仲間が竿を出していた。

20221021haze
釣り場は写真の真ん中あたり

吾輩もその近くで釣り始めると、間もなくして思っていた以上の良型ハゼが釣れた。

前回は10cmにも満たなかったのに、14,5cmはありそうな立派なハゼが・・・・。

今日は10匹以上釣れたら持ち帰るから・・・・」と言い残して来た家内との約束が現実味を帯びた瞬間でもある。

その後、6匹釣り上げた時には2時間近く経過していたと思うが、その間ずっと持参した飲み物も食べ物も一切口にせず水面とウキを眺めていた。

時々釣り座の捨石に腰を下ろす事もあったが、ほとんど立ちっ放しで釣っていた。

夢中で釣りをしていると時間が経つのはホントにあっという間である。

そんな状況下、水分補給しようと釣り座からコンクリートの平地まで戻ろうとしたら足元がおぼつかず思わず手を付く羽目に・・・・。

発汗と吐き気も覚えたことから、水面とウキをずっと眺めていた事で船酔い状態になったのかなっと思った。

ちょっと横になれば・・・・」と水分を取りながら休んでいたが、症状は増々悪くなるばかりだった。

空がぐるぐる回る感覚に「これがめまいか?」との思いが頭を巡るも、平衡感覚が失われたように手をついて立ち上がる事さえできなくなった。

勿論、人生70数年生きていて初めての経験だった。

それでも、多分、熱中症だろう!と、横になったり冷たい物を身体に挟んだりして休んでいたけど、取り敢えず車まで戻る事にしたのだが・・・・。

仲間の肩につかまり歩こうとしても、あっちによろよろこっちへよろよろ、酔っぱらった時より酷い状態になっていた。

近くの海浜公園センターハウス管理者の方が、満足に歩けないふらふらの吾輩を見かねたのか施設内に招き入れてくれ経口補水液も飲ませていただいた事に感謝です。

釣り仲間は「救急車を呼ぶ?」と何回か声を掛けてくれたが、意識はしっかりあったのでそこからスマホで家内と娘に連絡を取った。

娘に家内を乗せて来て貰う為と、吾輩が乗って来た車を自宅に持ち帰るために・・・・。

その後、家内が駆け付けるまでの長い時間、ずっと付き添ってくれた仲間には感謝様様だ。

もし、単独で出掛けていてこの症状になっていたら・・・・と考えたら今でもぞっとしてしまう。

さて、何とか家に戻ったけれど、もう夕方近くでほとんどの医院・病院は診療を終了した時間帯になっていた。

掛かりつけのクリニックが休診だった事もあって、近くの大学病院へ診察依頼の電話をした。

診察券もあるし、何より自宅から2kmほどの距離でしかないのですぐ行けるし・・・・。

しかし、「熱中症のような症状だ!」と訴えても、「もう時間外だし担当が居なくて・・・他の科にも聞いてみます」といったん電話を切られた後、再び繋がった相手から「どっか別な医院か病院を探してください。でなければ救急車を呼ぶのが手っ取り早い!」という返答だった。

近所の目もあるので救急車を呼ぶことに凄い抵抗があった吾輩だが、もう心を決めるしかなかった。

何とかサイレンを鳴らさずに来てくれないものかと思っていたのに、「サイレンが聞こえて来たら、玄関前に出ていて下さい」だと・・・・。ガーーーん。

消防署は病院よりも近い場所(1.2kmぐらい)にあるから、5分も経たずにやって来たのは言うまでも無い。

結局、搬送先は大学病院の救急病棟に落ち付いたけど、良かったと喜ぶべきか?。(笑)


まぁ、これが人生初の救急車にお世話になった顛末だ。

大学病院から念のため耳鼻咽喉科で耳の検査をするよう言われた事もあり、昨日(土曜日)行きつけのクリニックで検査を受けたら大きな異常は見つからなかった。

今はめまいを抑制する薬を服用しながらも、以前の状態に回復しつつある実感がある。

今回は絶対!熱中症だったんだ・・・・と自問自答しながら・・・・。

それにしても、ずっと気になっていた頭部のCT検査も出来たし、コロナのPCR検査もやってくれたのでこれがよく言うケガの功名・・・・ってやつか。

早く次回のハゼ釣りに行きたいもので

熱中症に気をつけながら・・・・。

新しい歯科医を受診する事になった

およそ7ヵ月ぶりに歯科医院に出掛けた。

これまでと違う新しい歯科医院だった。

その歯科医院まで自宅から10kmほどもあるので遠いと言えば遠いのだが・・・・。

まぁ、これまで通っていた歯科医院も車で15分ほどかかっていたし、吾輩にとっては変わりなしと言うところか。

我が家の近く(300m先)にも途中にも、歯科医院はいっぱい林立しているのでもう少し考えれば・・・・・と思われるかも知れないが、まぁいろいろ個人的な事情はあるよ。

その、かれこれ14,5年通い続けていた歯科医院から新しい病院に変更したわけについて記す。

今年の2月、最低ひと月に一度受診していた歯科医院が2,3ヶ月休院すると告げられた。

リフォームや設備の更新だと聞いた。

その間、歯に異常や定期検診を受ける時は〇〇医院へ行って・・・・と紹介されていたのだが・・・・。

2,3ヶ月待てば新しい医療設備の元で受診できるはず・・・と、カミさんと二人でひたすら待った。

再開した時は電話連絡するとも聞いていたし、特別歯に異常も違和感も覚えなかった事で、紹介された歯科医院には行かなかったのである。

4ヶ月、5ヶ月経っても連絡は来なかったが、それでもひたすら待ち続けた。

しかし、とうとう虫歯が悪さをし出して痛みが出た為、やっと紹介されていた歯科医院に出掛けて予約を取ったのが8月24日の事だった。

痛み止めを服用しながら待つ事2週間。

待ちに待った受診だったのである。

そして、診察時に先生から聞いた話はショックだった!。

何でも、前の院長(女医さん)は、腱鞘炎の為に診察に影響が出るようになった事で、歯医者を辞める事になり医院を売却したと言うのだ。

医院の名前は変えずに開院する予定だった新経営者の準備が整わず、まだ開院に至っていないのが真相の様だった。

この話を聞く前まで、この歯医者は前の医院が再開するまでの繋ぎ・・・・と考えていたけど、もう諦めて今後はこの新しい医院に世話になる事に決めた。

先生もやさしそうだし、医院の雰囲気も設備も良さそうだから・・・・。

ただ、受診者の多さに比べ、駐車場が少ないのが少々不満!。

カミさん一人じゃ絶対車では行けないかも・・・・。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ