楽天イーグルスの話題を書くのがいつ以来になるか?調べたら、丁度2年前の5月22日が最後の投稿だった。

球団創設当時から熱狂的なファンと自負する吾輩だから、このればたらブログでも投稿数は優に130件を超えている。

そんなイーグルス命!の吾輩が、いつの間にかブログの話題にさえ上げなくなっていたのだ。

2年もの長きにわたって・・・・。

当然、球場に応援に行く回数も年々少なくなり、昨年もそして今年もまだ一度も足を運ばなかった。

それでも、ファンを止めたわけではないし、新しいシーズンを迎える度に大きな期待感でワクワクするのはみんなと同じだ。

球団創設時から、勝ち負けに一喜一憂しつつもずっと応援して来た自負はある。

毎年、最下位になっても・・・・だ。

そんなイーグルス愛が崩れ始めたのは数年前からに他ならない。

その最たる要因は、オーナーの三木谷が石井を球団GMに迎えた事だと考える。

そう!もちろん吾輩の個人的見解だが・・・・。(笑)

何か知らないけど、ヤクルトがらみの監督・コーチの人選から始まり、成績不振による交代、助っ人外人の補強失敗の連続・・・・・等々。

チーム生え抜きだった平石監督が3位の好成績を上げた時も、「3位は僕の考えではBクラス」等と意味不明の戯言をほざいていたが、後に自ら監督になって采配しても口ほどではなかったし・・・・。

石井がGMに就任してからの流れと、ここ数年チームが低迷している事を重ね合わせると、何か答えが見えてくるようだ。

最近は入場者数減少が顕著で、昨年の球団別入場者数で楽天イーグルスは12球団中最下位だった。

もしかして吾輩と同じ考えの同胞が居るんじゃないか・・・・と思わず拍手したくもなる。

まぁ、いずれにしても、今年もシニアディレクターなどと意味が分からぬ職についてチームに影響力を持っている間は、応援はひっそりと心の中だけにとどめておくつもりだ。

大谷が大活躍中のMLBで我慢しよう・・・・っと。

ついでだからもう一つ吾輩の個人的見解を・・・・。

そもそも、吾輩はチームとしての楽天イーグルスは好きだが、球団オーナーの三木谷は好きじゃない!。

自分が操れる監督を連れて来てベンチに指図する!なんて・・・・もっての外だし、神戸のイニエスタ一人に35億円も支払うならもっと球団の為に金を使えと言いたくもなるよ。

ソフトバンクの孫正義もあまり好きじゃないけど、彼みたいに金は出してもチームの采配には口を出さずの哲学を持たなくっちゃ。

楽天グループの業績不振で球団譲渡のうわさもある中、出来るならもっと球団運営に力を入れる会社が経営してくれると嬉しいんだがなぁ〜〜。

あぁ〜、すっきりした。