PCのHDD(ハードディスク・ドライブ)をSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)に交換した先日に続き、今回はPS4(プレステ4)のSSD化だ!。

ついでに外付けSSD(480GB)も取り付けてみた。

元々、PS4(スリム)本体のHDD容量は500GB。

システム使用量はそれほどでもなく、ほとんどがゲーム等保存等の為の容量だから吾輩的には十分な容量ではあった。

ドラゴンクェストX1」や「ドラクエビルダーズ」「天稲のサクナヒメ」など小学生の孫でも遊べるソフトしか入れていない我が家ではそれほどの必要性は全くなかったのである。

ただ、SSD化による速度の違いはパソコンで実感しているので、是非とも必要と考えていた。

さて、SSDの購入に当たり、「保存するソフト数も少ない事だし、250GBで十分だろう」と本体の半分の容量にした。

実際に現状の使用量は90GBぐらいでしかなかったからだ。

ところが、最近、孫がプレステストアから「原神」をダウンロードしてプレーを始めた事で少し雲行きが怪しくなって来た。

この、無料版RPGソフトの「原神」だけで、何と!50GB弱の容量を使うのだ。

勿論、内蔵したSSD(250GB)にはまだ余裕があるので、プレーに支障が出たわけではないけど、今後の展開次第では容量不足に陥る心配が出て来たのである。

人気の「モンスターハンターワールド・・・・」のように80GB以上のソフトもあるし、他にもプレーしたいゲームがあると言っていたから・・・・。

本体から外したHDDを外付けとして使う事で解決できるんだけど、それでは何のための速度アップか分からないから、結局、外付けSSDを追加しようとの結論に至ったわけだ。(汗)

早速、PS4専用?SSD(480GB)をAmazonから通り寄せ取り付けた。

DSCN2172
本体に取り付けたSSD(250GB)


DSCN2175 
本体から外したHDD(500GB)


DSCN2173
外付けSSD(480GB)

それで結果は・・・・、速くなった?。

じゃら〜ん、正直なところ吾輩には判断できマシーン!。

PS4では、rakutenTVYouTubeを観ることはあっても、この歳になってゲームはほとんどやらない吾輩なので・・・・。

週末に孫(小学6年生12歳)がやって来てゲームをすれば実感すると思うが、それまで何とも言いようがありませんねぇ〜。

つまり、このPS4のSSD化は結局自分の為ではなく可愛い孫たちの為だったと言う事だ。(笑)

まぁ、吾輩の独断専行ではあるけど、いずれ、PS5が手に入った時に転用できるだろうし、将来の孫たちへのプレゼントになれば・・・・との思い、ただそれだけなのだ。

ちなみに、取り外した500GBのHDDはPCのバックアップ用、PCから外した1TBのHDDはテレビの録画用媒体として活用している。