スクリーンショット (5)


土地改良区から賦課金通知書が届いた。

請求金額に一瞬びっくり!。

まぁ、あまり大した金額ではないのだが、小作地以外を含む農地全体に対する金額だったから驚いてしまったわけだ。(笑)

そう言えば、小作人だった千葉◎△氏が昨年3月に亡くなった後、知人・隣人に小作を継続してもらう約束を取り付けてはいたけど、新規に賃貸契約は交わしていなかったからなぁ。

農業委員会にも未届けだったし・・・・。

小作地の一般経常費・用水経常費は小作人の負担となっている。

だから、我が家へ来る金額はいつも通り僅かだろう・・・としか思っていなかったからねぇ。

一括で支払いして後で小作人に請求する方法もあるが、土地ごとの請求内訳が知りたくて土地改良区を訪ねたのだ。

そこで、『組合員資格得喪通知書』の提出を促され、用紙を持ち帰った。

現資格者の他、小作していただく新資格者の方の記入・捺印が必要だったからである。

その手続きの最中、小作者の一人から「下大谷地の土地(1,721屐砲郎酩佞韻靴討い覆い茲Δ世韻・・・・」との話を聞いた。

えっ・・・・」と吾輩、寝耳に水だった。

てっきり昨年同様作付けしていただいていると思っていたのだが・・・・。

色々複雑な出来事も絡んでいるから経緯についてはここでは省略するが、もう少し連絡を取り合っておけば良かったと後悔した吾輩である。

ところで、土地改良区へ伺う予定で別荘へ行った我々だったが、居宅周りは思いの他雑草がはびこっていて、泊まり込みで草取り・草刈をしてやっと何とか・・・・。