madorizu2kai
2階間取図

madorizu1kai
1階間取図

我が家は鉄筋コンクリート造りの2階建て、築34年にもなる140崢の戸建て住宅だ。

パソコンやゲーム機器が置かれている2階の部屋に光回線(auひかりホーム1G)が引き込まれ、ONUと接続している。
DSCN2095
ONUはホームゲートウェイと付属のLANケーブル(CAT6A)で接続。
DSCN2096
ホームゲートウェイ  は、NEC Aterm190HWから10月に交換したAterm1000HWだ。

Wi-Fi6に対応し、無線LAN機能を内蔵してデータ伝送速度が概ね10Gbpsと言うので交換したが、もう少し知識があれば大部前から快適なLAN環境を構築できたはずなのに、何を今更の感はある・・・。

無線LANアクセスポイント(親機)として利用しているが、これ1台だけでは設置している2階はともかく、1階へ届く電波は心細いものがあった。

なにしろ鉄筋コンクリート造りなものだから・・・・。

ホームゲートウェイからLANケーブル(CAT6A)を南東側の部屋まで15mも配線し、そこに以前から使用していたルーター(バッハローWSR−2533DHP2)を置いた。Aterm190HWの時からそうして利用していたルーター。

DSCN2098
真下にあたる1階のコンセントに中継器(バッハローWEX−1166DHP2)を取り付けWi-Fiを受信している。

場所的には1階居間と上下で最短距離になる場所だったから・・・・。

TVアンテナ専用のスリーブ管を利用して1階までLANケーブルを配線するのが理想だったが、アンテナ線1本だけの隙間しかない場所があって断念した。
DSCN2100
1階はこの中継器1台だけなので全体の範囲をカバーするのは流石に厳しく、ダイニングキッチンとか8畳間では時間にもよるけど電波が微弱になる時が儘あった。

パソコンは無線LAN内臓だからWi-Fiでも使えるが、有線接続の方が圧倒的に速度が速いから1,2階共それぞれの機器からイーサーネットで繋げるようにしている。

だけど、居間のパソコンも中継器からLANケーブルでパソコンに繋いでいるが、中継器を経由している割に速度が速いのは何でなんだ!?。
DSCN2104

各場所における回線速度は概ね下記の通り。

Xperia1を使い、Googleのインターネット速度テストで測定した(日曜のPM2:00頃)。

2階 パソコン部屋 
                  下り  99.6Mbps 上り    114.3Mbps 
     6畳間 
                  67.7Mbps          51.6Mbps
   寝室  
               53.3Mbps           60.6Mbps
1階 居間     
               下り  156.2Mbps 上り  64.5Mbps
   8畳間    
                   129.6Mbps     36.4Mbps
   6畳間  
                     89.3Mbps        26.6Mbps
   台所  
                       5.6Mbps               7.3Mbps  
     玄関  
                     14.9Mbps      37.3Mbps

同じ時刻に有線でつないだ時のPCの速度は下記の通り。
2階 BL1000HWと接続 
                 下り 350.5Mbps  上り 714.8Mbps
   WSR-2533DHP2 と接続
                         163.1Mbps     195.0Mbps
1階 WEX-1166DHP2 と接続
                         336.0Mbps     384.0Mbps
  
速度的にはこれで十分だとも言えるが、1階の台所や6畳間では夜間にWi-Fiが使えなくなる場合があって、いくら鉄筋コンクリート造りとは言えこんな小さな空間で電波が届かない場所があるなんて許せないのだ!。(笑)

今後は家中どこでもスマホが使えるようにしたいしデバイスも増やしたい思いもあるので、子機や中継器をWi-Fi6対応品に換えるつもりだ。

ちなみにノートパソコンのLANカードを5Ghz対応にするべく入荷待ち中だが・・・・来ないなぁ。