台風21号の通過と低気圧の影響で、東日本から東北地方は大雨に見舞われた。

台風15号、19号に続く大雨の追い打ちに、被災された方々の落胆の声がむなしい。

半日で10月ひと月分に相当する雨となった千葉県では、川の氾濫や土砂崩れなどで甚大な被害が出たようだ。

多くの同級生・知人が住んでいるだけに心配したが、LINEで連絡を取った限りでは無事が確認されたし家屋の被害も無かったと言うからまずは一安心である。

仙台も夕方から降り出した雨が夜中まで降り続き、避難情報4に該当する地区も出た。

我が家周辺はと言うと、いつも増水する北側の道路がわずか20cmだけの浸水で終わった。

新しい排水ポンプ場が機能したのか、雨が小降りになった夜中の22時頃には道路面が顔を出すほどだった。

強い雨が降った時間帯が短かった事や、大雨をもたらす雨雲が仙台南あたりから海側に去っていた事等で、先日の台風19号の時の大雨とは比較にならない降雨で終わったのは幸運と言える。

もともと、自分的には今回の大雨をあまり心配していなかった。

テレビとPCで一日中天気図とにらめっこしていたからである。

まさか、先日の二の舞には絶対ならないと思っていたのだ。

ただ、周りの声(天の声!)を無視できなくて、プリウスを高砂駅前の『たなばたけ』の駐車場へ避難させたけど、結果的には嬉しい誤算だったと思いたい。

まぁ、料金は12時間駐車させて550円だったから、万が一を考えれば良き投資だったのかも・・・・。

DSCN1955
新しく設置した給湯器を見ながら、「また水没したらどうしよう」と心配していたカミさんの顔に笑顔が戻ったのが嬉しいよ!。ジャンジャン・・・・っと。

明日は別荘の畑に玉ねぎを植えて来る予定だ。

降るだけ降ったようだから雨はもう沢山である。