遅ればせながら17日(土)から19日(月)まで田舎に行って来た。

今年のお盆期間中はずっと暑い日が続いていたので行くのを躊躇っていた我々だが、墓参りもしなければならず結局出かけることになった。

先月の20日以来だから、庭も畑も雑草が伸び放題になっているのは間違いないだろうし、ましてこの炎天下で作業する事自体NG・・・と決めつけていた事も躊躇していた理由である。

近くに住む孫も一緒に行きたいと言うので娘家族を伴い一泊の予定で出掛けた。

32℃とか34℃まで気温が上昇する予報が出ていて、熱中症予防の為にはこまめに休憩を挟む事になる為、とても当日だけでは作業が終わらないだろうと踏んだからである。

10:00から作業開始!。

吾輩と娘婿は草刈機で居宅周りや庭木の下、敷地内にある畑の草刈から始める事にした。

畑の草は手で引き抜けばいいのだがとてもそんな量ではなかった!。

カミさんと娘は通路とその周囲の草取りから始め、孫は、家の中で掃除と雑巾がけをすることに・・・・。

ほとんど日陰の無い炎天下の作業ゆえ、午前中2時間、午後も夕方近くの2時間で終了した。

その都度シャワーして着替えたから、洗濯機はずっと回りっぱなしだった。

夜は、実弟従弟船長を呼んで久しぶりに一杯やった。

普段飲まないビール・・・それも生ビールと、珍しい赤霧島の水割りを数杯飲んだら酔っぱらってしまった。

3人集まると主に魚釣りの話題で盛り上がるのが常だが、先日のヒラメ釣りで1匹も釣れなかったと嘆いていたのが印象的だった。

※吾輩は体調不良で行かなかったのだ・・・・。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪先見の明あり!。

さて、作業二日目の日曜日も前日同様32℃を超える猛暑となった。

娘家族には午前中だけ作業を手伝って貰った。

娘婿殿の実家へお中元を届けてもらう件もあったので15時頃に帰した。

カミさんと吾輩はその日の夕方まで作業したが、完了までには程遠かったため結局泊まる事になった。

そして月曜日の昨日、朝4:30頃から鳴きだしたミンミンゼミの大合唱に合わせ、比較的涼しい5時から作業を開始した。

幸運だったのは、ギラギラ太陽が昇り始めてすぐ雲間に隠れて曇り空になった事ぐらいかなぁ。

前日とは雲泥の差ぐらい涼しい天候に恵まれ?、順調に草取りは進んだ。

まぁそれでも雑草は取り切れず大部残ってしまったし、老体の腰に限界を感じた8時に作業を終えた。

前日購入しておいた顆粒の除草剤(≒6,000円)を散布しておいたが、これぐらいの量では気休めにしかならないと思う。

近いうちに又来て草取りしなくっちゃ」と、痛む足腰を伸ばしながらぶつぶつつぶやく二人だった。

カメラを持って行ったのに、あまりの雑草の多さに驚いて撮る事を忘れたからやっぱり歳かな?。