夏休みに入った小学3年生の孫が「一緒に行きたい」と言うので連れて行った。

今日はジャガイモを掘りに登米市の別荘へ行く予定をしていた我々だった。

ずっと雨模様の天気が続いていて、ジャガイモが腐ってしまうのでは・・・・・と危惧していた最近、ここ2,3日曇り空から時々陽が顔を出す予報が出た事でやっと重い腰を上げたのだ。

まぁ、ジャガイモ掘りは今日のメーン作業だが、わずか猫の額ほどの畑の片隅に植えただけだから作業的には微々たるものでしかないので、後は先日やり残した草取りとか草刈をしてくる予定だった。

CA3H0002
丁度、葉っぱも枯れ始めた頃で、思ったより雨の影響はなさそうな感じがした。

ただ、土の上にはところどころまだ青い色したジャガイモが顔を出しているものもあって、土寄せとか芽欠きと言った管理の手抜きが如実に表れていた。

それでも「掘ってみないと分からん!」とばかりに孫と一緒に掘り起こした。

ごろごろと結構大きなジャガイモが現れた。

昨年とは雲泥の差ほどあるジャガイモが土の中から次々と顔を出し、孫がそれを取っては一輪車に乗せて行く。

ただ、大きい芋の数と比例するように、小芋も多数・・・・・・あった。

長屋の玉ねぎをネットに入れて吊るし、その場所にジャガイモを並べて来た。

みかん箱一箱分だけ自宅に持ち帰ったので、これから当分は新じゃが料理を味わえそうだ。

それにしても日中気温が28℃を超えた事で、久しぶりの肉体作業に汗がいっぱい噴出!。(痩せ?)

息も絶え絶えになる事数多し!。(笑)

熱中症予防?と称し、休息時間も年齢相応に数多く取得!。

予定していた草刈は半分もやれずに終わった一日だった。