楽天イーグルスが泥沼の9連敗を喫した。

それでもまだ一つの勝ち越しがあって5割をキープしているのがせめてもの救いか。

9連敗した試合の点差を見ると、3点差が4試合、2点差が3試合、1点差が2試合となっていて、好調の打線がもうひと踏ん張りすれば勝てた試合が結構多かったようだ。

完封負けが3試合、1点しか取れなかった試合も2試合あるから、好調だった打線に陰りが生じた事が連敗の要因ではある。

ただ、何より投手陣の不調が最大の要因であるのは間違いない。

先発投手が試合開始早々に点を取られる展開になると中々挽回するのは容易ではないし、たまたま同点、勝ち越しのチャンスを作っても、救援投手が打たれたり抑えに失敗して負けたケースも多々あるからだ。

かと言えば、ピッチャーが最少失点で押さえても、そんなときは打線が昨日しないし・・・・。

まぁ、勝負事なので運・不運もあるから致し方ないのはわかっているけど、ファンとしてはとてもやりきれません。

結果がすべてと言う事は承知してるが、監督の采配につい文句の一つも出てくると言うものだ。

何で、リーグで一番ホームランを打たれている中継ぎピッチャーを出すんだ?。こんな点差の時に投げさせるピッチャーじゃないだろう。」。

ルーキーにチャンスを与えるのはいい事だけど、こんな得点機に3人並べてもなぁ・・・・・」。

とか・・・・。

負けた試合の後はすべて愚痴しか出て来ませんです。ハイ!。

イーグルスが敗けた時はスポーツニュースを見ることが無いから、最近はずっと早寝の吾輩である。