DSCN1843
今日の熊原はコントロールが良かった。

DSCN1842
ホームベースが見えません!

DSCN1841
鉄平がコーチになっていたぞ


昭和の日
の今日、楽天VS巨人戦を観戦に行った。

もちろん一軍ではなく、イースタン・・・・つまりファームの公式試合だ。

孫の大翔君も行くと言うので、家内と3人で出掛けた。

試合会場は『楽天イーグルス利府球場』。

ここ数年、森林どり泉球場で多くの試合が行われるようになった為に、ここではたまにしか開催されなくなっていたので、ホントに久しぶりの観戦だ。

自宅から20分ほどで到着。

さすが人気球団相手と言う事もあり、開始1時間以上前に到着したと言うのに駐車場はほぼ満杯状態となっていて、だいぶ手前のサッカー場を使った臨時駐車場に駐めさせられた。

球場近くの中華料理店「北京」で、あんかけ五目焼きそばを食べる予定が狂ってしまったよ。(笑)

観客は3,000人ぐらいいただろうか?。

外野スタンドの無い球場だが、内野席は1塁側、3塁側ともほとんど一杯になった。

利府球場は、楽天生命パークと違って楽天のダックアウトは1塁側である。

当然、応援するのは1塁側になるわけだけど、すでに椅子席はほとんど埋まっていた為、仕方なく内野芝生席での観戦となった。

ブルペンが目の前にあり、先発した熊原やキャッチャーの太田などその他大勢、生のイーグルス選手達を目の当たりに出来たから良かった。

ただ、一軍と違い中々普段はテレビでも見ることが少ない選手たちなので、背番号だけでは判別しかねる選手もいたし、バッターボックスが見えないから試合中の臨場感は今一だったぞ。

ところで、対戦相手の巨人先発選手の中で、聞いた事がある名前は1番バッターの立岡ぐらいだった。

2番手として投げた吉川光は日本ハム時代から知っているけど、ジャイアンツも様変わりしたねぇ。

ゲームは楽天イーグルス内田のホームランにより、6回終了時点で2対0でリードしていた。(※試合はこのまま2:0で勝利)

孫が帰りたいと言うので球場を後にしたけど、今江内田等一軍で活躍しなければいけない選手が頑張っている姿を見て、プロの厳しさを感じた吾輩だった。