今日、久しぶりにスーツ(背広)を着用した。

葬式や結婚式などで礼服を着る機会は何度かあったが、ブレザー以外のまともなスーツ(背広)を着るのはおよそ10年ぶりの事である。

いつか又、着る機会はあるだろう・・・・」と、数着だけ残していたが、もう10年以上経つと言うのに今日の今日まで一度も着る事が無かったのだ。

洋服ダンスに掛けていたスーツ(背広)も着る機会がないまま衣装ケースに移され、終いには押入れの片隅に追いやられていた忘れられたスーツ(背広)がついに陽の目を見ることになった。

ただ、10年以上も袖を通していないスーツ(背広)に心配がなかったわけではない。

この10年間に我が体型は劇的な変化を遂げていたから、果たしてズボンのサイズが合うかどうかが一番心配の種だった。(笑)

しかし、案ずるより産むが易し!。

バンド要らずぐらいのピッタリではあるけど、すべてのズボンは我が下半身を無事に収めたではありませんか。・・・。

姿見の前に立ち我が身をつくづく眺めて見れば、昔とそんなに変わらないそのままの姿が映っていた。

少々老けた顔で・・・・。

まぁそれはさておき、どうしてスーツ(背広)を着る羽目になったのかと言えば・・・・。

それは、仙台市からある活動における表彰を受ける事になったからである。

公園愛護活動に尽力・・・・云々との理由で町内会長から推薦され表彰に至ったのだが、年2回ボランティアで草刈をしているだけなのにねぇ。

会場にはカジュアルウェアの人もいたから別にスーツ(背広)でなくとも良かったように思われた。

でも、こんな機会(もちろん背広を着る機会)は滅多にないからそれはそれで良かったと思っている。

ちなみに表彰の記念品は、電波式目覚まし時計でした。