昨日はクリスマスだと言うのに、満足に孫と遊ぶことが出来なかった。

午前中、孫を連れてネッツトヨタへプリウスの洗車サービスを受けに行ったが、朝起きた時から感じていた肩から首にかけた痛みは消えず、「多分寝違いだろうから鍼でも打てば・・・・・」と考えていた吾輩は、孫を我が家に残して近くの甥っ子が経営する鍼灸院へ出掛けたからである。

診療の後にも、湿布薬を貼ったりせんねん灸をやったりしたが、良くなるどころか夜になったら朝昼より痛みが強くなったではないか。

チョットした頭の動きで、首筋から肩につながる筋肉が、ビリビリッ・・・・いやピキピキッ・・・・と電流が走るような痛みに襲われるようになった。

寝返りも満足にできないので、痛み止めを服用してやっと眠りにつくことが出来た。

そんなわけで、カミさんがあまりにも心配することもあり、整形外科を受診する事になった。

X線写真から異常は見つからなかった・・・・と先生は言うけど、本当の原因は何なんだ?。

DSCN1550

頸椎カラーを首に巻いて帰宅した吾輩。

まるで交通事故で鞭打ち症になったみたいだ。

少しでも頭を固定出来れば痛みを押さえつけられるのだから、格好悪くとも当分我慢するしかない!。

明日も診察に来てくれと言われたから行くけど、この頸椎カラーを返還するのは多分病院の休み明けとなる来年だなっ!多分。