昨日は告別式参列のために登米市に出掛けた。

故千葉テルヲさんの葬儀だった。

おふくろが自宅を離れてから並柳行政区3班(8軒)を脱退している関係で、隣近所がどういう風になっているのか皆目見当つかない現状なのに、電話連絡があったからカミさんと出掛けた。

おふくろが亡くなった時点で班との関係はすでに切れているので、土地や家屋が残っていると言っても住んでいるわけでも無いから行かなくともよかったのだが・・・・。

しかし、そうは思っても昔から知らない人でもないし、おふくろの葬儀の時は班内の方々には手伝って貰った経緯があるので参列しないわけには行かなかったのだ。

昔から、テルちゃんと呼ばれていたのは知っているが、名前がテルヲさんだとは全然知らなかった!。

現当主の健一君のおふくろであり故貞夫さんの奥さんなのだが、貞夫さんや隣の多喜夫さんと親父はよく一緒に出稼ぎに行っていたから、我々兄弟によく声を掛けてくれた事を遺影を見て思い出した。

さて、隣近所でのこうした事例が今後も無いわけではないから、良〜く考えて行動する必要があるなぁ。

香典も馬鹿にならないから・・・・。