マイナンバー(個人番号)の交付案内が来ていた事を思い出し区役所へ出掛けた。

10月4日が期限だと書いてあったから、そろそろ忘れないうちに・・・・と思って。

行けば簡単に交付してもらえると思って行ったら・・・、何と!発行までに1時間半も掛かったではないか!。

窓口の前には多くの市民が順番を待っていて、ほとんどが年配のお年寄りばかり。

まぁ、吾輩も人の事をとやかく言える年齢でもないけど、その内6割ぐらいは人生の先輩だった気がするなぁ。

そんな大先輩方たちを眺めていたら、「やっぱり年寄りなんだなぁ・・・・」と、手続きへの準備不足が傍から見ても良く分かりました。

通知書には何と何が必要で、あらかじめパスワード(6〜16桁の英数字)・暗証番号(4ケタの数字)を考えて来てください・・・・と書いてあるにも関わらず、ほとんどは窓口へ来てから考える始末・・・・。

それじゃ、時間もかかるよなぁ。

まぁ、通知書の字も拡大鏡を使わないと見えないくらいでしたけどね。

6〜16桁の英数字の組み合わせが必要なパスワードはe−Tax等の税の電子申請などで使用する署名用電子証明書を利用するときに使うと言うが、果たして理解できるお年寄りがどれだけいるのだろうか?。

コンビニで交付できる住民票とかの公的な証明書の為に使う暗証番号(4桁の数字)は必要不可欠だとしても、市民の半数近くが老人世代になった今、暗証番号を覚えておくだけでも大変なので〜す。

個人番号カードの有効期間は吾輩の場合発行日後10回目の誕生日までだと言うから、吾輩の生存期間中に一度ぐらい更新できるかな?。

交付されたカードの写真がいまいちなので、ホントは早く更新したいのが本音・・・・。(笑)

電子証明書の有効期間は発行後5回目の誕生日までだから5年後の更新を期待して待つことにしようっと。