今週の火曜日、青森への真鯛釣りに出掛けて来た。

いつもは週末土曜日の釣行が多いのに、今回は珍しく平日釣行だった。

仙台からのメンバーはいつもなら9名なのだが、久しぶりに参加した洋〇君を含めた7人での遠征となった。

伊達藩真鯛倶楽部の面々もみんな還暦前後の年代となり、特に定年後も働いている方は有休も自由に取得できるだろうと思っていたら、やはり世間は平日釣行をそう簡単に許してはくれないようですなぁ。(笑)

まぁ、平日に遊び歩けるのは毎日が日曜日の世捨て人?だけかも知れませんがね。

それにしても、仕事の都合で行きたくとも行けないとなるとさぞやストレスが溜まるんじゃない?。

みんな釣り大好き人間!・・・・の筈だから・・・・。

今年も、シーズン開幕と同時に釣り日が土曜日になるよう予約を入れて貰ったが、何かの都合で一回参加を見送ったり天候不順で釣行そのものが中止になったりすれば2か月も3ヶ月も真鯛釣りが出来なくなる。

そう、大体ひと月一度のペースで予約しているから・・・・。

年間数回しか出来ない真鯛釣りがさらに回数が減ったのでは、釣りキチ!揃いのメンバーにはとても我慢できない大事件なのだ。

あすぱむさんに「何とかならないのか!」と泣きついても、ほとんどの船は土・日の予約がすでに一杯なので結局平日しかできないのが実情だろう。

平日は乗合であればいつでもOKだとしても「じゃ、単独で・・・・」と言う訳には行かないなぁ、吾輩の場合は。

一人じゃテンションが上がらず行く気が失せ、ドラ割りも休日割引も使えない事でお金も掛かるし・・・・。

せめて平日釣行は1台の車に4人が乗って・・・・が理想って事かな。

車を出せて休みが取れる平日釣行を計画している貴方!声がけして〜チョー鯛”。