プロ野球のドラフト会議(新人選択会議と言うらしい)が開催され、5球団が競合した桐光学園高校の松井投手を抽選の末、我らの東北楽天イーグルスが交渉権を獲得した。

JR東日本の吉田選手を指名するものと思っていただけに、多球団競合のリスクを背負ってまで松井選手を強行指名した事を驚きの目でTVを見ていた。

最後にくじを引いた球団社長の運が良かったのだろうが、見事に引き当ててくれたからには楽天ファンとして素直に喜びたい。

ドラフトで5球団が競合したのは愛工大の長谷部(現楽天)以来だと言う。その時も楽天が抽選で引き当てているので、余程籤(くじ)運に恵まれているのかも知れないなぁ。楽天の球団社長は!。

まぁ、ドラフト1位で入団したとしても、必ずしも活躍できるかどうかは神のみぞ知る・・・・ところであるが、いくら実力があったって、伸び悩んだり、ケガしたり、運にも見放され、1軍で1試合も出場しないまま球界を去った選手を何人見て来た事か・・・・。指名された選手の陰で、戦力外を通告され球界を去る過去の指名選手が数多くいる事を考えると、つい喜んでばかりは居られないのである。

それはともかく、松井はプロ野球界全体が認める逸材であり、順調に育てば日本を代表するピッチャーになる実力を秘めている選手であることは間違いない。ぜひ田中マー君に近づき、追い越すくらいの気構えで入団し、努力してほしいものだ。

即戦力として、今シーズン高卒1年目で頑張った阪神タイガースの藤浪くらいの活躍を期待してもいいんじゃないか?。わたくし的には・・・・。