20110122kenpokukannsen河北新報にみやぎ県北高速幹線道路の記事が載っていた。

県北高速幹線道は、宮城県が整備している三陸道登米ICから東北道築館ICに至る全長24kmの自動車専用道路である。

まぁいつ完成するかわからないが、第1期の整備区間(8.9km)の一部が3月17日に完成し、第1期分の残りは年内に完成する予定だと言う。

ところで、12年度は第2期整備区間として登米ICから5kmの区間が工事に着手される予定になっているが田舎の農地の一部(田んぼ)が路線予定地内に含まれているらしい。嘘か誠か信憑性は定かでないが、ずっと前から(田舎の)近所の方から「田んぼが道路に掛かる!」と聞いていた話だ。それがやっと現実味を帯びてきたようなのだ。

米の値段が暴落し土地を貸し付けても固定資産税にも満たない現状を考えると、二束三文の田んぼを持っていても宝?のもちぐされでしかないのだ。だから後見人の吾輩としてはその時が来たら積極的に協力する用意はある。時代の趨勢もあるし・・・・。