20110119air居間に加湿空気清浄機を入れた。30畳タイプのPanasonic製。最先端のテクノロジーから生まれた水に包まれた微粒子イオンの「ナノイー」発生装置付だ。

(吾輩が)毎朝掃除機を掛けて限りなく綺麗にしたつもりでも、結構ハウスダストが多く飛び交いとても気になっていたし、これからの花粉の季節を考えて導入する事に決めたわけだが、最たる理由はやっぱり孫の為と言ってもいいようだ。

毎日我が家に連れてきてお風呂に入れるのが楽しみな吾輩は、口を開いて天井を向いて寝ている可愛いい孫の口にダニやハウスダストが吸い込まれると思うととても心苦しく、せめて孫には良い空気を吸ってもらいたい願いから買うことにしたのである。

購入に先立ちインターネットのショッピングやオークションで探したら、電気量販店と比べ10,000円前後安く送料や代引きなどの手数料を入れてもまだ大分安く購入できそうだった。だから、あまりにも金額に差があるならネットで購入する事を前提に比較検討を兼ね娘と近くのk’sデンキへ行った。娘の所にも空気清浄機を1台買ってやる約束をしていたので、孫をカミさんに預け一緒について来たのだ。

最近、空気清浄機の人気が高く、k’sデンキではお目当ての品・機種が売り切れになっていた。予約注文が必要で且つ入荷予定が2月下旬だと言う。「それまで待てないなぁ!」と店を出て別の量販店に向った。

次に行ったコジマには購入予定の機種が置いてあった。k’sデンキより1,300円安い43,500円の値札が付いていた。値札に『価格は相談下さい』と書いてあったので交渉したら3,500円値引きすると言う。更に娘が希望したSHARPの空気清浄機と2台買う条件で再交渉したらそれから2,000円下げると言うので即決した。それでもネットと比べればまだ4,5千円の差はあるが、送金手間や保障期間を考慮したら「買い時!」と考え手を打ったのである。

早速家に持ち帰り運転してみた。

口を開けて寝ている3ヶ月の孫を眺めながら、「これで少しは良い空気を吸えるようになっただろう?」と眼を細める孫馬鹿の吾輩でありんす。ハイ!。