今年は節目の還暦を迎え42年勤めた会社を退社する等、人生をドラマに例えれば「丁度エピローグに差し掛かった場面だな」と述懐している我輩でも、あと1日で2007年が終る事に対してさほどの思い入れは無い。時間は連続して流れているだけだから年が変わることも一つの区切りでしかないし、終わりがあれば始まりがある事を強く実感して新年を迎えたいと願っている程度である。

明日から1月3日までインターネット環境とは無縁の地へ行きそこで新年を迎える事になっている。これはもう恒例になっている年間行事だから仕方ない事だ。おふくろを連れて彼女の自宅(我輩の実家でもある)に向うのだが、入所している施設でも年末年始休暇に入ると職員が少なくなって、入浴などのサービスが手薄になる為帰省を進められている関係で止むを得ない事だと諦めている。これまで自宅で正月を迎えたのはここ9年間で1度だけだったから・・・・。

まぁ、カミさんと二人だけでTV(紅白歌合戦?)を見ながら食うものを食って(肥えながら!)年越しと新年を迎えるいつもの淋しいパターンに慣れているから、年が変わることにあまり感激が沸かないのは当然かも・・・。

と言う事で、来年1/4以降しかパソコンに触る事が無いので悪しからず。

我輩の稚拙なホームページにアクセスしてくれる皆さん!。良い年をお迎え下さい。