最近山形市内に行って、仕事関係で歩き回る沿線上で新規の蕎麦屋を探すのは大変な事である。駅周辺とか別な路線には、まだまだ行った事が無い蕎麦屋がいっぱいあるのだが、かと言って改めてそこへ行こうとは思わない。仕事中だから・・・・・。

今日は山形北IC方面から現場に向かう途中で、「蕎麦」の看板を見つけたので入った。丁度お昼時間なのか多くの客がやって来たが、自分みたいに蕎麦を注文するのはほとんど皆無だった。皆、冷やし味噌ラーメンとか冷やし○△ラーメンを注文するのだ。

山形の蕎麦屋は、蕎麦専門だけでなくラーメンも出す店が結構多いので、このような現象がある事は知っていたが、この店はラーメンの他にうどん・きしめん・ご飯類も出す店だから特別だったのかも知れない。

「板そば」900円を食べたが、これが山形蕎麦の原点だなと思える蕎麦だった。当然自分の食感だから異論も大勢あるだろうが・・・・。それはそれで、食い歩記を始めた頃より舌が肥えた自分には、太くて硬い田舎蕎麦もおいしく食べられたのである。