2005年最後の仕事日。終業式が行われた。

50歳を過ぎると、光陰矢の如し、あっという間に一年が過ぎる。

明日から、たかが連続した数日の休日に過ぎない期間なのに、新年を迎える事が、何か別の時代に突入するような感覚を覚えてしま・・・わないのは自分だけ?。新年を迎えても、またたちまち時間だけが経過して往くだけなのだから。

ただ、経過した時間は元に戻らない。だから、今の一瞬一瞬を大事に生きることが大切になってくる。

なんて言いながら、何とか今年も無事に終わる事が出来そうだ。まだ仕事をしている現場があるので、安心は出来ないけど・・・・・・。