月曜の午後から今年最後の出張に出た。出張先の青森、秋田方面は、猛烈な大雪になっていて、ホントは車で行くのは気が引けるところだが電車は融通が利かないので止むを得ない。出発前は高速道路が通行止めになっていて、その解除を待って出かけた。途中で、高速道路から降ろされない事を願って。

八戸は雪が少なく、さすが太平洋側だなと感心するも非常に寒い。前の日の朝は−8℃だったらしい。

火曜日の夕方、八戸から秋田県北秋田市に向かう。高速道路を北上し、十和田ICから大館方面へ。道路は殆ど圧雪状態で、両側は60cm程度の壁になっている。精神的に非常に疲れるドライブになった。

水曜日朝6時前に起床。ここの現場は朝6:45と7:55の2回朝礼があるので、そのどちらにも出席し訓示を垂れる。「今年はあと少ししか日数がないので、皆良いお正月を向かえられるよう安全作業で頑張ろう・・・云々」と。この日の気温は−1℃。風がなかったのでそれほどの寒さは感じなかったが周りはすべて銀世界の為、足元からゾクゾクしてくる。

木曜日。今日も朝6:45の朝礼から出てパトロール、協議会など14:00過ぎまでいて、その後、次の現場に向け出発。

そして天皇誕生日の今日、朝起きて見たら写真の如く車は雪で見えなくなるほど見事に埋もれていた。約30cmくらいの積雪だろうか?。ここは横手市、さすがかまくらの街だけのことはある。昭和48年の豪雪と同じペースらしいが、雪が降って喜ぶのはスキー場だけで、今は犬も喜ばないらしいがホント?。

午前中でそさくさと用事を済ませ、大雪の予報が出ている街を離れ帰宅した。

あ〜ぁ、疲れた。