ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

2024年05月

人生2度目の救急搬送!

先日・・・・と言っても3日前の事だが、人生2回目となる救急車の世話になった。

21日の真夜中、正確には22日の0:30頃におきた症状で・・・・。

その時間・・・・まぁ年寄りの吾輩にはいつもの時間帯となるトイレタイムだった。

目が覚めて、枕もとの照明を点灯したまでは良かったが、何かおかしい!。

周りの景色がぐるぐる回転し、立ち上がる事さえできない。

以前(’22年10月)、初めて救急車にお世話になった時と全く同じ症状に陥っていたのだ。

その時は炎天下でのハゼ釣り中だった為、熱中症!で済ましたけど、今回は真夜中だし「まさか熱中症は無いだろう」との思いはあった。

ここずっと、糖尿病薬による副作用で苦しんでいた事もあり、今回は躊躇せず救急車を呼んだ。

AM1:30頃、近くの医科薬科大学病院に搬送され、まずは一安心!。

採血、点滴、X線、CT,MRI等の検査の他、めまい防止や嘔吐防止の注射もされたな。

明確な症状についての説明は無かったけど、頭に異常は無かったし、自分的には熱中症の類と自己判断しているよ。

当日は暑い日中に水分も摂らずに1時間ウォーキングしている事と、夜でも熱中症は発症すると言うから・・・・。


まだ満足に歩行できない状態だったが、目が廻る症状が落ち付いた事からAM6:30分頃、病院を追い出されるようにタクシーで帰宅した。※タクシー代880円。

二階から一階に布団を持って来て、以降2日間ほとんど横になって過ごした。

食欲も無かったし、その間食べたのはおかゆ一杯だけ。

喜んでいいのか悪いのか!、体重は3キロ減!!!!。ばんざ〜い!うん?。



3日目の昨日、カミさんに掴まりながら掛かりつけの内科医院と耳鼻科に出向いた。

内科は月に一度の定期検診と薬を貰うため・・・・。

耳鼻科は今回の症状が耳から来ているのかも知れないとの検査で・・・・。

大きな問題は発見されなかったが、前回検査の時より何かの数値が減少してバランスが崩れたのだろうとの事だった。

めまい防止と吐き気予防の薬を貰って帰宅。


文字が二重に化けてスマホも満足に見えなかった状況が少し改善した事からパソコンに向かった。

釣り仲間に青森真鯛釣りは欠席する旨のLINEを入れる。

症状が回復したら何が何でも出掛けるつもりでいた吾輩だったが、前回と違い今回はいつまでもめまいが残っている不安と、釣行日が2週間後に迫ったからである。

万が一遠征先で症状が再発したらみんなに迷惑が掛かる・・・・と考えたら断腸の思いで諦めるしかなかった。

真鯛釣りが生きがいの吾輩にとって至極残念なことではあるが、回復に専念し、7月の釣行には万端の準備で臨もうと思う。





移転したまるひろ青果店へ・・・・

整骨院の帰りに、カミさんのリクエストで鶴ケ谷の青果店に出向いた。

何もわざわざ鶴ケ谷迄・・・・と言いたいところだが・・・・。

実は、この青果店はしばらく前まで我が家の近くで営業していた。

テントで出来た、かれこれ15年ぐらい前から始めた小さな店だった。

大きなスーパーとかショッピングセンターでは取り扱わないようないわゆるB級品の野菜とか果物を売っていて、それなりに安価だから人気があった。

カミさんもお気に入りだったから、野菜を購入する時はほとんど利用していたと思う。

そんな店が2ヶ月ほど前、突然移転したのだ。

店先に貼られた移転通知には、「鶴ケ谷へ移転します」と書かれてあったそうだが、鶴ケ谷は遠くてわざわざ買い物の対象とはなりえなかったから、その後は有耶無耶になっていた。

最近になって、娘から「まるひろ青果店の移転先はここだって」との情報が入った。

カミさんはとっくに忘れかけていたと思っていたのに、移転先の場所が分かった途端「機会があったら行ってみよう!」と言い出した。

そして今日、東仙台近くの整骨院へ行ったついでにそっちへ廻ってみよう・・・・となったわけだ。

DSC_0116

店舗は、鶴ケ谷生鮮いちば内にあった。

10:00開店だと言うのに、すでに数人の客が並んで待っていた。

「えっ、八百屋に並ぶの?」と一瞬考えさせられてしまったよ。(笑)

店内の殆どは青果店の品で占められていたけど、肉屋の他、魚屋ともう一軒の店舗が入っていて、開店前に並んでいたのは肉屋の仙台牛の安売り目当ての客だった。

前の店舗は、仙台港近くのカインズや三井アウトレット、カワチ等のすぐ近くで結構集客力はあったようだが、鶴ケ谷は大きな団地になっているから客数が断然違う。

肉か魚か野菜か分からないけど、とにかく次から次へと客が来る印象だった。

移転した理由は知る由も無いが、こっちでも大部繁盛しているようなので良かった、良かった。

カミさん曰く、「最近の物価高の中、値段もそれなりだ・・・・。」だって。

ホントか?、8,000円も買って・・・・。

そう言えば、時々通院する南光台南の歯科医もそんなに距離が違わない事を知った。

自宅から、車で20分!10kmってところだな。うん?。






今シーズン初の真鯛釣行は中止!!

明日予定していた青森・真鯛釣り遠征が中止になった。

強風が予想されたからである。

昨年の10月末以来6ヶ月以上も我慢して来ただけに、自然の摂理とは言え残念至極!。

次回予定している6月の釣行に期待するしかなくなった。

明日の予想風速は9m/ms。

定員12名の鯛多ニックなら無理すれば!出船可能だとも聞く。

実際、強い風が予想されていた今日、無理して出船しているのだ。

ただ、強風と2mの波高の中、今日の釣果は8名で船中3枚だけだったとか・・・・。

ここ最近、平舘沖での釣果が芳しくなくて、他の船も全然釣れていないと言う.

これじゃ、わざわざ仙台から遠征する気も失せてしまうよなぁ。

つまり、無理すれば真鯛釣りが出来る状況ではあるけど、風に翻弄された上に釣果が全く期待できないのでは何を況やなのだ!。

結局、全員総意の上、今回は無理せず中止にしようと相成った。

また一ヶ月頑張ってワクワクしながら待つとするか。

ところで、今回はおだいばヴィレッジではなく浅虫温泉を予約していたからキャンセル料が発生しなかったのは不幸中の幸いだった。

永遠の名誉幹事アスパムさんに感謝!感謝!、謝謝。







枝豆を植えて来た

久しぶりに登米市の別荘へ出掛けた。

別荘敷地内にある畑に植えたジャガイモの芽欠きと土寄せをするのが一番の理由。

それと、賃貸ししている別荘の借主さんへのお礼を持って行く事も・・・・。

いつも行く度に白菜だとか大根だとか一杯野菜をいただく事への感謝の印として用意していた物だが、今回は玉ねぎの消毒をして貰ったお礼にもなった。

実は、ジャガイモを植えた畑には玉ねぎを650本程植えているのだが・・・・。

その玉ねぎに病気が発生して消毒しないと全滅する!と先日借主さんから連絡があった。

我々が無農薬栽培しているかも知れないと考え、消毒をして良いかどうか、わざわざ電話をくれたのだった。

勿論、お願いする旨の返事をしたのは当然だったが、いろいろ気を使ってくれる借主に感謝しかない。

借主が不在で挨拶も出来なかった事もあり、ジャガイモの芽欠き作業は後回しにして別の畑(144屐砲惺圓ことにした。

昨年、枝前とさつま芋を植え付けた畑に・・・・。

従弟の家へ出向き、軽トラックと耕運機を借り畑へ向かう。

草刈も必要!・・・・と草刈機も借りようとしたら、数日前にすでに従弟が刈ってくれたと言う。

感謝感激雨あられ!、流石、頼りになる男!!!、NO.1。

手間が省けて助かったぜ!。


DSCN2484


DSCN2485



DSCN2483

まだまだ畑とは呼べないほど固い土だけど、枝豆とかサツマイモのような作物にはこれで十分!・・・・と納得しながら畝立てをしておいた。

100円ショップで購入した枝豆の種子を今回は2列だけに植えた。

さつま芋を植える次回(2週間後くらい後)時に、収穫時期が違う2回目の枝豆を植える予定だ。


その後、別荘の畑に戻りジャガイモの芽欠き作業に取り掛かり、帰宅していた借主にお礼の挨拶をする。

消毒は2回終わっていてもう1度やると言う事だったが、素人目にも病気の進行が抑えられたような気がした。

ただ、玉ねぎの葉っぱや結球状況の育ち具合から、あまり期待できない事が伝わって来た。

借主さんに、「こんな病気になったのは初めての経験だ・・・」と伝えると、肥料のやりすぎ!だろうと教えられた。反省!。

素人ファーマーだから・・・・と笑って済ましたが、それでも我が家が消費するくらいの玉ねぎは確保できるだろうから、先ずは消毒していただいた先人に感謝!である。




Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ