ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

2024年01月

宝仙倶楽部・新年会

間もなく1月も過ぎようとしているのに、昨日、宝仙倶楽部の新年会が開催された。

場所は、秋保温泉・ホテル瑞鳳。

参加者は男5名、女3名のいつものロートルメンバー!8名。

「ランチ会」の延長!、ミニ同級会のようなものである。

今年は我々が77歳の喜寿を迎える節目の年に当り、この喜寿祝いを祈念する同級会の打ち合わせを名目にしたお泊り会なのだが、いつもの単なる楽しい暇潰しだったかも・・・・。(笑)


さて、今回利用した秋保温泉・ホテル瑞鳳は、吾輩にとっては久しぶりの会場だった。

昔・・・・バブル期を象徴した豪華なホテル・・・の印象が強かったから、もしかすると前回伺ったのは十数年前の現役時代だったかも・・・・。

宿泊料金が高騰し、そう簡単に宿泊できなくなった温泉地のホテルだけど、経営母体の変遷と共に料金も随分とリーズナブルになったような気がするホテル瑞鳳!。

年金生活者の我々でも14,000円以下で利用できるなんて、今時珍しいんじゃないか?。

そのせいでも無いだろうけど、平日にも拘わらず多くの客で賑わっていたし、中でも若者カップルが多い事に驚いたねぇ。

食事は夕食、朝食ともバイキング方式だった。

この頃はどこでもバイキング方式がほとんどだと思うけど、メニューがバラエティーに富んでいて、吾輩的には最近利用した中では一番だったかも・・・・。

紅ズワイガニだと思うが、蟹の食べ放題で盛り上がっていたようだし・・・・。

ちなみに、手間がかかる細い蟹に興味が無い?吾輩は1本も喰わなかったけどね。(笑)

それと、8人中6人はアルコール抜きの食事だった事を記しておく。

勿論、吾輩もその内の一人なのだが、こういう類の集まりで酒類を口にしなかったのは多分人生で初めての事だ。多分!。

まぁ、最近あまりアルコールを口にしなくなった事を考えると、これもアリかなと思った。

もう、飲み放題!にうつつを抜かす歳でも無いからねぇ。(笑)

来月にランチ会を開催する事を決め、おはぎの店『さいち』で買い物後に解散した。


14228
全員での集合写真


43910
食事風景(夕食)


14218
夕食後の団らん


14225
食事風景(朝食)


2024年シーズンの真鯛釣り釣行予定日!

昨年のシーズン釣行予約が決定したのは2月に入ってからだった。

それが、昨日、今シーズンの予定日が示された。

いつも、おんぶに抱っこでお世話になっている釣り友・アスパムさんからのLINEで・・・・。


我々の青森における真鯛釣りシーズンは5月から始まる。

予約は、2月でも十分と思えるけど、まだ4ヶ月も先になる1月半ばの今だとは・・・・。


アスパムさんが、我々が例年利用する遊漁船・鯛〇ニックに今年の予約状況を尋ねたのが発端だ。

そしたら、5月、6月の週末・土曜日の午前船はすでに予約で埋まっていたんだとか・・・・。

メンバー全員が揃って乗船できる船は中々少ない事もあり、海佐〇丸鯛〇ニックの前身)の頃から利用しているが、こんな事は初めてだ〜。

他に、メンバー全員(8〜9名)が乗船できる釣り船が確保できない以上、平日にシフトするしかなくなったのである。

そもそも、土曜日釣行が定着したのはずいぶんと昔からだ。

吾輩のような毎日が日曜日の暇人と違い、みんな、土・日しか休めなかったのだから・・・・。

その後、長い年月と共に、ほとんどが現役を引退して暇人の仲間入り果たしているが、それでも週末の釣行は慣行として続いてきたのだった。

スケジュール帳要らずの生活にどっぷり嵌っている暇人には、あまり土曜日釣行への拘りなんて全く無いから平日でもいつでも良いんだけれど、一人だけ・・・昨年定年退職した某国立大学教授のスケジュールがまだ平日モードじゃなかった事で継続されて来たのでR。(笑)

メンバー全員揃って一緒に竿を出したい!・・・・がモットーの伊達藩真鯛倶楽部だから、出来るだけ全員参加できるようみんなで協力するのは当然なんだから・・・・。

そんな経緯の中、今シーズンも土曜日メーンの釣行日を予約するべきアスパムさんが動いたのだった。

その結果が冒頭の「土曜日はすでに予約不可!」である。

LINEの内容は、「土曜日は駄目だが平日・金曜日も午前船なら予約できる。みんなの予定はどうだ・・・・。」というものだった。

メンバーの殆どが『毎日がサンデー』の暇人たちだから、異議なし!・・・・は当然!。(笑)

心配された元教授も、早目のfixがあればOKとの事だった。

その後はとんとん拍子!、下記の予定で釣行日が決定され、船長には電話、メールですでに連絡済みだと言う。

  5月10日(金)午前便 平舘沖 鯛〇ニック
  6月  7日(金)  同上
  7月12日(金)午前便  陸奥湾 釣り船鯛〇
  9月20日(金)    同上
10月18日(金)  同上
   ※昨年の8月は猛暑で中止になっている為、今年の8月は予定なし。

昨シーズンは予定した6回の釣行が、天候不順で2回、猛暑で1回中止の憂き目に遭い、10月末に急遽予約できた平日釣りを加え何とか4回の釣行が出来た。

今年も最低4回以上の釣行を願っているが、もし中止になっても別な平日にシフトして・・・・・なぁ〜んて思っているのは吾輩だけか?。
今年も80cm目標に頑張り

トレンドワード・・・・『久しぶり・・・・』

今朝起きたら、久しぶりに家の周りが一面白くなっていた。

昨年の12月18日以来だから、およそひと月ぶりの積雪だった。

僅か2cm程度とは言え、2024年初めての積雪である。



最近、何でもかんでも『久しぶり!』のワードが出てくる我がブログ!。

そこで、『久しぶり』って、どれくらいの期間なのか気になって調べてみた。

久しぶり』:前にその事を経験してから、再び同じ事になるまでに長い日数のあった事。また、そのさま。(小学館)

でも、これじゃどれくらいの期間か分からないので更に検索したら・・・・。

具体的には、3ヶ月ぐらいを目途に使うのが良いらしく、その前後では「ご無沙汰している」とか、「大変ご無沙汰している」「長い間、ご無沙汰している。」等と表現するようだ。

・・・・と言う事は、あまり気にもせず時々しょっちゅう使う『久しぶり』は、文法的に間違っているのかも知れないなぁ。

吾輩的には、もっと短期間に起きた出来事でも使うことがあるからだ。

でも、毎月1回会っている人と会うときは『久しぶり』とは言わないけど、毎週やっていた事が、3週間も間が空いたらやっぱり『久しぶり』になるからややこしくなる。

その最たるのがボウリング!。

昨日、今年初めてのボウリングに出掛けた。

久しぶりに・・・・。(笑)

学校が休みになる冬休みとか、クリスマス・正月の期間は、混雑を避けて敢えて出掛けない事にしているから、昨年の11月29日以来となるホントに久しぶりのボウリングだった。

76歳になり初めてのプレーだったが、スコアは昨年のアベレージ(176点)を上回る193点(5G平均)だった。※216、191、188、213、157。

以前とは比べべくも無いステップ運びの老ボーラーだけど、運動と言えるのはボウリングだけなのでこれからも出来る限りプレーに勤しみたいと願う。

勿論、今年の目標アベレージは176点以上だ。

でも、ボールが劣化しすぎているので初夢に終わるんだろうけど・・・・。

無駄な買い物だったかな〜。

先日、田舎の押入れを片付けていたら、探していたリールが出てきた。

DSCN2466

daiwaの紅牙ICS 103が・・・・。

鯛ラバ用として青森・真鯛遠征で使っていた小型の両軸リールである。

ICカウンターが装着されているので、水深を素早く探れるからとても重宝していた。

しかし、ある時からカウンターが表示されなくなった事を機に真鯛釣りで使用する事は無くなり、田舎へ持って行って暫らくカレイ釣りで使っていたリールなのだ。

それも、従兄弟が船を手放し志津川湾での釣りが出来なくなってからはお役御免に・・・・。

カウンター不良は内蔵バッテリーの消耗が原因なのだが、当時はバッテリーが無くなったら交換できないと思いこんでいた吾輩。

メーカーでバッテリーの交換可能と知ったのは、最近、新しいリールの購入を企ててから・・・・。

確か、玄関のそばに置いてあった気がするなぁ」・・・・と、田舎に行く度にあちこち探してみたけど見つからず、諦めていたのだった。

その後、ずっと他のリールで対応していたが、真鯛が中層で釣れ始める時期になるとカウンター付リールの必要性をずっと感じていた。

船長から「真鯛の棚まで〇〇m・・・・」の合図を聞く度、いちいちラインの色で深さを調節しなければならない煩わしさが、カウンター付きだと簡単に解消できるのだから・・・・。

まぁ、そんな不便を感じながらも、年金暮らしの身には大きな出費になる事を考えたら手持ちのリールで我慢するしかなかったのでR。

でも・・・・、しかし・・・・、ついに・・・・。

(昨年の)終盤の釣行で、釣り友がカウンターリールを駆使して爆釣する姿を目の当りにしてからは、とうとう誘惑に負ける羽目に・・・・。

そこで手に入れたのがDaiwa 紅牙IC 150・・・・。

DSCN2467

バッテリーが自分で交換できる事に加え、ドラグ力が5kgと、4kgの紅牙ICS 103より大きい事が理由で決めた。

値段も手ごろだったし・・・・。

コンクエストとかソルティガICのカウンター付きも候補に挙がったのだが、残りの釣り人生と天秤にかけたらこれで十分と考えたわけだ。

どうせ、鯛ラバ釣りでしか使わないんだし・・・・」。

さて、PEラインを組み込み、「さぁ、2024年の真鯛釣りはこれでバッチリ!・・・・」と思っていた矢先のリール発見!!。

少し無駄な出費になったような気がするけど、後悔先に立たず!。

予備リールとして活用しなくっちゃなんねぇなぁ。





餅も飽きたから・・・・うどんとハゼの天ぷら!

元日には能登半島で震度7の大地震!、2日には羽田空港での旅客機衝突事故発生!と、日本中を震撼させる事件が続いた今年の正月。

他人事ではあるが不幸にも犠牲になられた方、運悪く被災された皆さん方へお悔やみ申し上げたい。


さて、そんな悲しい出来事が飛び交った正月三が日もあっという間に過ぎ去り、御用始めとなった今日は交通量も増加し世の中が動き始めた感がある。

テレビ番組も平常に戻った事だし・・・・。

下らない番組(※個人的な感想です)ばっかりだったから、やっとニュース番組が見られる〜と喜ぶ吾輩である。

ところで。年末年始にかけ、我が家の夕食は蕎麦、あんこ餅、雑煮、納豆餅、飴餅、茶わん蒸し・・・・と、ここ三が日間ずっと白い飯を食べていないような・・・・。

そんな気がしていていたら、何と!、今日も・・・・。

DSCN2463


稲庭うどんと天ぷらが出てきた。

まだ正月気分の名残で茶わん蒸しも・・・・。

天ぷら材料の野菜は自家製のサツマイモ、玉ねぎ、人参であるのは当然としても、ハゼの天ぷらが出てくるとは思いもしなかったよ。

DSCN2462

昨年は、11月前半にハゼが急に釣れなくなりそのままシーズンが終了しているから、まさか、正月用ハゼを確保していたとはなぁ。

久しぶりに食したハゼは美味だった。

ハゼはもう少し、真鯛のサクも残っているよ〜」と、天の声!。

天晴れ!小結!。





Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ