ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

2023年11月

田舎の実家を賃貸へ・・・・片付け(プロローグ)

登米市にある実家(以下別荘)を賃貸しする事に決めた。

これまでも、「売ってくれ!」とか「貸してほしい!」等の依頼が無かったわけではない。

市の空き家バンク登録を検討した事もあったが、相続して8年にもなる現在まで手を付けなかった理由は、居宅内の家具・設備類などの荷物を片づける手間がうっとうしかったから・・・・・ただそれだけでしかない。

長男や長女が「別荘を欲しい!」と言えば、すぐにでも「ただでくれてやるから・・・・!」の思いはあったのだが・・・・。

ただ、彼らは彼らで今の生活を捨ててまで田舎に住むのは無理だと分かってからは、「いずれは別荘の売却も考えなくては・・・・」と思い始めた吾輩である。

隣家から分家して以来、80年近く住み慣れた故郷を失うのは忍びないけど、これも時代の流れなんだろうなぁ。

自分が自宅を売却し、リフォームして田舎に住む考えも無かったわけではなかった。

だが、やはり将来のことを考えると、医療や交通面に一抹の不安を感じ躊躇せざるを得なかったのでR。

そんな別荘も築35年。

空き家になってから28年もの間、居宅や田んぼ、畑の草刈・草取り、庭木の剪定・伐採等、時々娘家族にも手伝ってもらいながら維持管理に努めてきたのだが・・・・。

最近、齢と共に体力の衰えを隠せなくなって来た事で、仙台から登米市へ通うのが段々と厳しくなって来た事を実感している。

だからこそ別荘を何とかしなければならない思いは、日に日に募っていた。

そんな折、近くに住む従弟から「〇〇さんが、新築するまでの間別荘を貸してくれないか?と言っている」との話が舞い込んだ。

来年1月〜8月までの8か月間の予定だと言う。

1年にも満たない賃貸し期間と、荷物を出し入れする手間が見合うか考え少し躊躇した。

それでも、僅か100mしか離れていないおなじ集落の〇〇さんは良く知っている人だし、先日亡くなった同級生の実家と言う事もあり検討する事に・・・・。

長年の懸案事項だった不用品の断捨離をする最後のチャンスとも思えたし・・・・。

結局、「長屋の片付けを俺も手伝うから・・・・」との従弟の言葉が決め手になり、とうとう重い腰を上げる事にしたのだ。

運び出す家具・道具類を収納しておくためには長屋の片づけはどうしても必要な作業だったからでR。

長屋と言うのは、居宅前にある150屬曚匹諒寝扱・納屋の事で、中にはおよそ50年以上に渡って祖母の代から蓄積されて来た様々なものがあふれていた。

平成3年に今の別荘が新築された時、旧宅で使用していた障子・襖、畳、扉、ガラス戸、タンス・書庫、引き出し類や鍋釜の生活道具、昔の農機具、発動機、ポンプ、ホース類、リヤカー、稲杭等々・・・・が埃を被って長屋を占拠していたのだ。

両親の物持ちの良さに半ば呆れてしまうけど、昔の貧乏人にはもったいない思いしかなかったんだろうなぁ。(笑)

更に、古いテレビや洗濯機、冷蔵庫、壊れた掃除機、パソコン、カラオケ、キーボード等々・・・・「よくもまぁこんなに溜め込んだなぁ。」と思う反面、捨てる時に料金が発生する電化製品があった事もその儘にしていた理由かも・・・・。

我が家から持ち込んだ電化製品も多く、テレビなんか5台・・・いや6台もあっただろうか。

結局、最終的に別荘の貸し出しを決める事になるわけだが、しょっちゅう出向くわけにも行かない状況下、不在中に従弟が少しでも片付けてくれる事を願って、来年1月からの賃貸契約に向け動き出した吾輩だったのである。

今回はこれまで。次回に続く。








干し柿作り 完結編

縁側に干してから数日たった頃、柿の外側が白く変身を始めた。

DSCN2361

干し柿が白い粉を纏う事は知っていたけど、これまでの流れからこれとは違う種類の柿が起こす現象だと思っていた吾輩。

カビ?」かと一瞬びっくり!。

DSCN2362


DSCN2363


慌ててネットでこの現象を検索する羽目に・・・・。

そしたら、干し柿につく白い粉は柿霜(しそう)と言って糖が結晶化したもののようだ。

この柿霜とカビの違いを見分けるには色と手触りで判断するとも書いてあった。

色が青とか緑色の場合はカビだと分かりやすいが、同じような色をした白いカビの場合は手触りで判断するしかなく、柿霜はザラザラ、白カビはふわふわする感じだと言う。

それで・・・・。

白くなった部分を触って見たらザラザラするほどの感触は無かったけど、指先に付着するような感じも無かったから、自分勝手に柿霜だろう!と決断した!。(笑)

これから縄から外して小分けし、冷凍庫で保存しようと思う。

DSCN2364


ところでこの柿霜が昔から身体に良い・・・・喉の痛みを緩和するとか咳止めに効果があると言う事を始めて知ったが、本当か?。






干し柿作り 完結! 

昨日の台風並みの強風で、干し柿が数個落下した。

落ちた柿はクリップなどでもう一度吊るして干すのだが、面倒だし「もう、そろそろいいんじゃないか?」の思いもあって食べてみる事に・・・・。

DSCN2356


ピンポーン!。大当たり!。

何と!、丁度良い塩梅に出来上がっていたではないか!!!!!。

触った感触ではもう少し果肉が固くなった方が良いと思っていたけど、その割には柔らかいわけでもなくホントにとろとろした丁度良い仕上がりだった。

白い粉が周りに吹き出して初めて干し柿の完成!と思っていたから、見た目と違う味覚に驚愕!。

白い粉が噴き出るのは種類が違う柿なんだろうなぁ。多分。

これ以上干しておいても硬くなりすぎるから・・・・」との天の声もあり、家の中に取り込むことにし、縁側に・・・・。

DSCN2354

その中から、特に食べごろな干し柿を何個か外し、これからのおやつタイム用として確保した。

DSCN2355

手前味噌になるが、初めて満足できる干し柿が出来た喜びを感じている。

柿は毎年豊作とは行かないらしいけど、来シーズンもまたチャレンジ精神満々の吾輩でR。







干し柿作り・・・・その後


DSCN2344


DSCN2347


我が家の干し柿作りも順調に進んでいる・・・・ようだ。

干し始めて今日で10日目になるが、大部干し柿らしくなって来た・・・・ようだ。

と言うのも、我が家で干し柿作りに挑戦したのは意外にも浅く今年で4回目ぐらいでしかない。

それもカミさんの遠い記憶を頼りにやって来ていた。

外に干すと言う発想も無かったからずっと縁側で干していたし、干してから柿を手で揉む作業もやった事が無かったのである。

だから、上手く行ったのが1度ぐらい・・・・と記憶している。


今年、久しぶりに柿が手に入った事で、4年ぶりの干し柿作りと相成ったわけだが、いつもと違うのはYouTubeでいろいろ研究した事である。

これまであまり上手にできなかった干し柿作りが、寒風にさらす事・・・・つまり、軒先などの風通しの良いところに吊るす事と、柿をもみほぐす工程を加えたのだから、なんか上手く出来そうな予感がしてならないよ。


さて、そんな事もあって、3日目ぐらいから柿をそっともみほぐしていたら、硬い所が無くなりとろとろ状態になり、今ではだいぶ水分も抜けて来たのかしわしわが目立って来た。

DSCN2346


勿論、薄手の手袋をつけて触っているのだが、時々、抗菌、食品保存、防カビ用の食品用殺菌液を噴霧すると結構効果があるみたいで、今のところ順調だと思っている。

DSCN2349
抗菌スプレー

今朝、ネットの必要性を感じ覆って見たのが下の写真。

DSCN2348

後は完成を待つばかりだなぁ〜。

ただ、これからの1週間は11月にしては気温が高い日が続く予報が出ているので、果たしてどうなる事やら・・・・。

追伸

一緒に貰って来た種類の違う柿(名前不詳)を焼酎で渋抜きをしていたのだが、2日前が開封予定日だった。
DSCN2350

慌てて先ほど開封!。
DSCN2352


すぐ試食!。
DSCN2353

完成!!!!。おいしゅうござりした。








ハゼ釣り釣行記 2023−17 10匹目が遠かった!

この頃ずっと寒い日が続いている。

仙台は今日も最低気温が6℃と10℃を下回り、朝夕は暖房器具が欠かせなくなってきた。

昨年の気温がどうだったか知る由も無いが、昨年の今頃・・・・つまり11月の釣果を見るとすごい事になっていた事が分かる。

以下の写真は、昨年11月の釣果である。

11月2日  9:30〜14:00  釣果:ハゼ11尾
DSCN2210

11月7日 10:30〜15:30  ハゼ30尾
DSC_0224

11月10日 10:00〜15:00  ハゼ100尾超
DSC_0229

11月14日 10:15〜15:00  ハゼ40尾
S__8929284


以上のように、昨年の11月は今年と雲泥の差で釣れていた。

ただ、7月から釣れた今年と違い、昨年は10月までさっぱり釣れなかった事を考えると、やはり今年の猛暑と関係あるのかな・・・・とは思うのだが・・・・。

さて、日中は11〜13℃ぐらいまで気温が上がるから、暇つぶしにハゼ釣りしたい思いはあっても最近の釣果を考えたら中々行く気も失せていた吾輩だった。

しかし、前回の釣行で余した青イソメを冷蔵庫に入れていた関係で、出掛けないわけにはいかなかった吾輩でR。

9:30ポイント到着。

DSCN2338

今回は最初からリール竿を使ったちょい投げ!。

水門の奥へ仕掛けを投入し、そろりそろり誘いをかけて手前に引いてくる釣り方だ。

投入1投目で16cmが釣れた!!!!。

5分もせぬうちに・・・・。

前回と同じだ。

先が思いやられた。(笑)

まぁ、その後は想像に難くなく、最初の出だしはまぁまぁだったんだけどハゼの活性が低いのは相変わらずだった。

エサの青イソメが無くなった12時半までの3時間で9尾が釣れた。
DSCN2341


西からの強風が吹き始めてからの1時間は、10尾目のハゼ欲しさに鼻水たらして頑張ったんだけど・・・・駄目だった。(笑)

これまでリリースして来た10cmのハゼも含めたけど・・・・・。

まぁ、最長17.5cmでAVE15cmだったから良しとしなけりゃ・・・・ね。

DSCN2343


まだ水温が高いようだけど、今年はもしかして12月が最盛期かもね!?。



Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ