ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

2022年10月

熱中症?だったのかな?

金曜日の夕方、人生初めての経験をした。

救急車で搬送されたのだ。

発汗と吐き気、空がぐるぐる回るようなめまいと歩行困難状態の症状ではやむを得なかった。

搬送先の大学病院で、点滴の他、頭部のCT撮影、心電図などの検査をしたが異常は見られなかったので今は一安心と言うところだ。

はっきり『〇〇症です』と告げられたわけでもないので、熱中症!と勝手に判断している吾輩だけど果たしてホントのところはどうなんだろう。

さて、その救急車要請までの顛末はこうだ。

ハゼ釣り研究会』の仲間が釣りに行くと聞き、吾輩も参加する事にして金曜日のAM9:30頃自宅を出発した。

釣り場は自宅から車で6kmほどにあり、到着した時すでに二人の仲間が竿を出していた。

20221021haze
釣り場は写真の真ん中あたり

吾輩もその近くで釣り始めると、間もなくして思っていた以上の良型ハゼが釣れた。

前回は10cmにも満たなかったのに、14,5cmはありそうな立派なハゼが・・・・。

今日は10匹以上釣れたら持ち帰るから・・・・」と言い残して来た家内との約束が現実味を帯びた瞬間でもある。

その後、6匹釣り上げた時には2時間近く経過していたと思うが、その間ずっと持参した飲み物も食べ物も一切口にせず水面とウキを眺めていた。

時々釣り座の捨石に腰を下ろす事もあったが、ほとんど立ちっ放しで釣っていた。

夢中で釣りをしていると時間が経つのはホントにあっという間である。

そんな状況下、水分補給しようと釣り座からコンクリートの平地まで戻ろうとしたら足元がおぼつかず思わず手を付く羽目に・・・・。

発汗と吐き気も覚えたことから、水面とウキをずっと眺めていた事で船酔い状態になったのかなっと思った。

ちょっと横になれば・・・・」と水分を取りながら休んでいたが、症状は増々悪くなるばかりだった。

空がぐるぐる回る感覚に「これがめまいか?」との思いが頭を巡るも、平衡感覚が失われたように手をついて立ち上がる事さえできなくなった。

勿論、人生70数年生きていて初めての経験だった。

それでも、多分、熱中症だろう!と、横になったり冷たい物を身体に挟んだりして休んでいたけど、取り敢えず車まで戻る事にしたのだが・・・・。

仲間の肩につかまり歩こうとしても、あっちによろよろこっちへよろよろ、酔っぱらった時より酷い状態になっていた。

近くの海浜公園センターハウス管理者の方が、満足に歩けないふらふらの吾輩を見かねたのか施設内に招き入れてくれ経口補水液も飲ませていただいた事に感謝です。

釣り仲間は「救急車を呼ぶ?」と何回か声を掛けてくれたが、意識はしっかりあったのでそこからスマホで家内と娘に連絡を取った。

娘に家内を乗せて来て貰う為と、吾輩が乗って来た車を自宅に持ち帰るために・・・・。

その後、家内が駆け付けるまでの長い時間、ずっと付き添ってくれた仲間には感謝様様だ。

もし、単独で出掛けていてこの症状になっていたら・・・・と考えたら今でもぞっとしてしまう。

さて、何とか家に戻ったけれど、もう夕方近くでほとんどの医院・病院は診療を終了した時間帯になっていた。

掛かりつけのクリニックが休診だった事もあって、近くの大学病院へ診察依頼の電話をした。

診察券もあるし、何より自宅から2kmほどの距離でしかないのですぐ行けるし・・・・。

しかし、「熱中症のような症状だ!」と訴えても、「もう時間外だし担当が居なくて・・・他の科にも聞いてみます」といったん電話を切られた後、再び繋がった相手から「どっか別な医院か病院を探してください。でなければ救急車を呼ぶのが手っ取り早い!」という返答だった。

近所の目もあるので救急車を呼ぶことに凄い抵抗があった吾輩だが、もう心を決めるしかなかった。

何とかサイレンを鳴らさずに来てくれないものかと思っていたのに、「サイレンが聞こえて来たら、玄関前に出ていて下さい」だと・・・・。ガーーーん。

消防署は病院よりも近い場所(1.2kmぐらい)にあるから、5分も経たずにやって来たのは言うまでも無い。

結局、搬送先は大学病院の救急病棟に落ち付いたけど、良かったと喜ぶべきか?。(笑)


まぁ、これが人生初の救急車にお世話になった顛末だ。

大学病院から念のため耳鼻咽喉科で耳の検査をするよう言われた事もあり、昨日(土曜日)行きつけのクリニックで検査を受けたら大きな異常は見つからなかった。

今はめまいを抑制する薬を服用しながらも、以前の状態に回復しつつある実感がある。

今回は絶対!熱中症だったんだ・・・・と自問自答しながら・・・・。

それにしても、ずっと気になっていた頭部のCT検査も出来たし、コロナのPCR検査もやってくれたのでこれがよく言うケガの功名・・・・ってやつか。

早く次回のハゼ釣りに行きたいもので

熱中症に気をつけながら・・・・。

2022シーズン最後の真鯛釣り

今シーズン最後の青森・真鯛釣りに行って来た。

シーズン最後を飾る『つがりんピック2022』が開催され大いに盛り上がったのは言うまでも無い。

今シーズン予定していた6回の釣行の内、7/23と9/24が天候不順で中止になったから、今回が4回目の釣行である。

仕事や家庭の都合、ケガなどで今年初めて参加する仲間もいたけど、全員参加する事が出来たので良かった。

前回まで午後船と言う事で仙台を朝早い時間帯に出発していたのに、今回は前日の夜中に出発だ。

早朝4:30集合だから致し方ない事であるが、メンバーの高齢化を鑑みると真夜中の運転は厳しいと思うので、これからの検討課題!と言うところか。

今回の釣り船は『鯛将供戞

5:00~17:00頃までの一日貸し切りである。

料金は一人当たり1時間1,000円。

1日単位でも良いと思うが、天候次第で早上がりする事もある為その値段になったようだ。

我々仙台からの遠征組8名とアスパムさんの計9名の他、アスパムさんの知り合いが2名乗船する事になり定員いっぱいでの出船となった。

いつも天候が気に掛る時期なのに、降雨量0mm、風も無く波も0.5〜1mと絶好の釣り日和になったのは誰かさんの日頃の行いがよかったから・・・・かも。(笑)

さて、肝心の釣行詳細はアスパムチャンネル前編後編で確認していただければ幸いで~す。

釣行後はいつもの浅虫温泉に泊まって表彰式を行い、和気あいあいの一日でした。

湯の島2

ちなみに吾輩の釣果は下の写真のごとく。

DSCN2203

全然ハゼが釣れないんだけど・・・・・まだ早いのか?。

貞山堀へハゼ釣りに出掛けた。

昨年実績のあった釣り場へ『試し釣り』と称して出掛けた9月は、目に入れても痛くないほど小さなハゼ・・・それも2,3匹しか釣れなかったので、「そろそろ良いかな?」と期待して出掛けた。

ただ、「あちこちポイントを探し回って竿を出しているけど、今年は全然ハゼが釣れないし、周りも釣れていないようだ。」・・・・との声もちらほら聴こえて来ていた。

だから、新しいポイントを探すのが今回一番の目的と定め釣果は二の次とした。

自宅から自転車で15分ほど走り、昨年実績があった水門から自転車専用道路沿いを数百m南下したところにある小さな取水口があったのでそこで竿を出す事に決めた。

吾輩のような老釣り師には足場が良さそうだったから・・・・。

DSC_0219

AM10時から開始し、数分後最初のあたりで釣れて来たのは小さなハゼ。

あまりの小ささにガックシするも、本命が釣れた事で幸先の良さを覚えた。

しかし、その後は当たりはしょっちゅうあってもエサだけ取られる時間帯の中、釣れて来るのはチンチン!ばっかし・・・・。

10cmにも満たない黒鯛の幼魚がいたずらするのだ。

釣りで魚を掛ける当たりのタイミング取りにはピッタリだが、肝心のハゼが釣れなくては・・・・。(笑)

13:30まで頑張ったが、結果は推して知るべし!。

DSC_0221

何も釣れないより楽しかったのは事実だが、本命のハゼが4匹だけでは天ぷらにも出来ず・・・・。

もちろん全部リリースして帰宅したのは言うまでも無し!。


昨年の真鯛シーズンが一段落した後、10月22日に仲間内で発足した『ハゼ釣り研究会』。

昔、ハゼ釣り経験があったと言っても、ハゼ釣りがこんなに楽しいものだとは思っていなかったから、一気に嵌ってしまった感がある吾輩。

それからいろいろYouTube等で勉強?したとは言え、俄か仕込みの知識だけでハゼを釣ろうと思っても、まだまだ経験不足の釣り師であるのは間違いない。

だから、この時期なんで釣れないのかその理由を見出す事なんかできるわけがないのだ。

昨年始めた時期が遅かったからと少し早目に始動したつもりが、実はここ仙台におけるハゼ釣りは11月あたりからがシーズン真っ盛りなのかもしれないかも・・・・な〜んてね。

恒例の里芋掘り

10月最初の日曜日。

雲一つない秋晴れに恵まれた今日は、年に一度の里芋掘りだ。

場所は、同級生のヒロシ君が真心こめて栽培した宮城野区の里芋畑。

煮会シーズンが始まるこの時期に、中学時代の同級生仲間(宝仙倶楽部)が芋掘りを兼ねて集うのだ。

コロナウィルス流行前まで月に一度のランチで盛り上がっていた我々だが、最近はこの1年に一度の里芋掘りが出会いの場となっている。

今回は孫の運動会などで来れなかった人を除いた7名のメンバーが集結した。

7138

7137

7139


DSC_0212

みんなまだまだ元気だ!。

今のところは・・・・。(笑)

その内、ランチの復活と遠刈田温泉でのミニ同級会再開を約束して解散した!。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ