Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2020年08月

キャンセルした時に限って大漁・・・・・ってか。

間もなく9月になろうとしているのに、今日の仙台の気温は猛暑・・・・つまり35℃を超えた。

我が家は海に近く比較的風が通るから、暑い夏とは言っても朝からエアコンを使用した事は無かったが、今日は流石に朝から使用せざるを得なかった。

湿度も80%もあってべたべたするし、とにかく蒸し暑いのではやむを得ず。

そんなエアコンの効いた居間で釣り用仕掛けの準備にいそしむ吾輩だったが、ホントは今日29日は青森への真鯛遠征日だったのである。

青森も曇り空ながら32℃の予報が出ていたから、さぞや船上では(暑さに)苦戦しただろうと想像しながら、一日中ずっとみんなの釣果が気になった。

そんな中、夕方送られて来たLINEには、みんな笑顔で真鯛を抱えている写真が・・・・。

それも、どれもビックな真鯛ばかりが写っていたではないか。

もし、キャンセルしていなかったら、多分吾輩もみんなと同じような歓喜の輪に入れる筈だった・・・・と思うと、自分の運の無さがつくづく骨身に染める。

急な要件が飛び込んで来た事でキャンセルしたのだが、今シーズンは5月と7月に予定していた計3回の釣行が天候不順で中止になっていた事もあり、今回の湾内でのテンヤ釣りに期待していただけに仕方ないとは言え、ホントに残念だった。

次回(9/26)は絶対釣ってやるぞ!。

今年は特に暑いんじゃないか?。

梅雨が明けてから、全国的に毎日暑い日が続いている。

特に東日本〜西日本で猛暑が続き、昨日、浜松市で日本タイの41.1℃を観測した。

浜松で何で?と思われそうだが、フェーン現象が発生したのが要因である。

今夏の40℃超え3回目の昨日、全国26地点で最高気温1位を更新するくらいとにかく暑かった。

地球温暖化の影響で、これからこんな気温が毎年続くかと思うと気が滅入ってしまうよ。

例年ならお盆が終われば秋風が吹くのが常だが、今年はまだまだ続きそうだなぁ。

ちなみに寝室にある目覚まし時計を撮ったのが下の写真。

夕方6時半を過ぎたと言うのに気温はまだ31℃以上を指していた。

DSC_0068
仙台はどちらかと言えば冬暖かく夏涼しい土地柄だから、35℃を超える猛暑になる事は滅多に無いのだが、今年は例年になく朝からエアコン全開で過ごしている我々だ。

まぁ、毎日が日曜日の我々だからスティホーム出来るけど、連日38℃を観測する愛知に住む長男家族達は、それなりの暑さ対策をしているだろうと楽観していても、新型コロナ予防のマスクをして暑さに耐えて通学する孫が心配でならない。

親父の33回忌が近付いたけど、このコロナ渦では・・・・。

今日は8月7日。

あっという間に過ぎ去る月日を実感する老生である。

本来なら、七夕祭りで県内外の客でごった返す仙台の街も、祭りが中止になった今は、新型コロナの影響もあって驚くほど閑散としている。

感染拡大が全国的な広がりを見せる中、宮城県内・仙台市で毎日感染者が出る状況下では、外出も儘ならぬと言うところだろう。

さて、今年は平成元年9月1日に亡くなった親父の33回忌に当たる。

母親が施設に入った事もあって何もできなかったから、せめて33回忌は・・・・と考えていた吾輩だが、このコロナ渦で親類・親族が集まる事も憚られる状況下、法事なんて土台無理な話である。

親族やお世話になった近隣の皆さん方を呼んで盛大にやる予定だったのに、我々身内だけでやる羽目になったのは、まぁ仕方ないと言えば仕方ない事だ。

首都圏に在住する肝心の長男が、帰省自粛で帰って来ないのだから何を況やである。

まぁ、それでもお盆の16日に本道寺住職に来ていただき拝んでもらう事になったので、その前にお墓の掃除や別荘居宅周りの除草・草刈をしておかなければ・・・・。

それにしても、この新型コロナウィルスの収束は果たしていつになるんだろうか?。

国は経済優先の為、「Go Toトラブル」を止めるつもりは無いようだが、お盆の帰省自粛を求めず、ただ感染に注意を!と国民に精神論だけ言っているようじゃ、今後が心配だ。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ