Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2020年05月

来春の朝ドラ舞台が登米市なんだって・・・・

来年春に放送開始となるNHKの朝ドラが「お帰りモネ」と決まった事が新聞に載っていたが、何と!その舞台が宮城県気仙沼市だとか・・・・。

更に、ヒロインが移り住んで気象予報士を目指す場が登米市だと言うではありませんか!。

まぁ、登米市と言っても結構広いから、どこがどのように映されるかわからないけど、吾輩が生まれ育った所だけに、じっくりとドラマを見ないわけにはいかないなぁ。

来年は東日本大震災10年の節目の年だし、被災地を勇気づける番組になるのは間違いないと思う。

我が家では余程の事がない限り・・・・・つまり面白くなければ観ることのない朝ドラだが、生まれ育った故郷が舞台のドラマだけに大いに期待したい。

ところで、物語の展開が気になるところだが・・・・・・。

新聞の説明によれば、気仙沼出身のヒロインが、移り住んだ登米市で「天気予報は未来を予測できる仕事」と教えられ、難関を突破して気象予報士となり、人々に幸せな未来を届けて行く物語だとか。

宮城県を舞台にした朝ドラはこれが4作目だと聞くが、その内の仙台が舞台となった「はね駒」とか「天花」はあまり評判が良くなかったように思う。

なぜなら、吾輩もカミさんも地元だと言うのに全然記憶に残っていないんだよなぁ。(笑)

だから、「お帰りモネ」には、築館出身宮藤官九郎が脚本を書いた「あまちゃん」くらいは盛り上がってほしいと願っている。

ちなみに清原果那さん(18)が演じるヒロインの名前は永浦百音(ながうらももね)と言うらしい。

登米市の名前がぜひ全国版になるようお願いしますよ・・・・百音ちゃん!。

変形性腰椎症・・・・part・・・・朗報!

発症から今日で26日目になるが、今朝は久しぶりに快適な目覚めとなった。

と言うのも、悩まされ続けた脚部の鈍痛がなくなり、ずっと横向きだった寝姿がまっすぐ脚を伸ばして寝れたからだと思う。

勿論、痺れはまだ残っていて、痛みがまったくなくなったわけでは無く、何で疼痛が急になくなったのか、その要因がはっきりわからないのだ。

自分では、畑仕事をして身体を動かしたから・・・・としか思えないのだが・・・・。

実は昨日・・・・。

4/16に植えた「ジャガイモの芽欠きと土寄せをしなければ・・・・・」と、重い腰を上げて別荘へ出掛ける事とした。

多分、そんなに動けないだろうから手伝って・・・・」と娘家族を連れだし、乗せられて行った。

一ケ月ぶりに訪れた別荘は、雑草が繁茂していて、カミさん他みんなは草刈・草取の作業が主に・・・・。

仕方なく吾輩一人で芽欠きから始めたわけだが、作業時期が遅くなり芽がいっぱい出ていた事や、周りの雑草を取りながらの並行作業なので結構時間が掛かった。

何度も腰を伸ばしながらの作業だった事もあって、作業を終えたのはすでに夕方近くになった。

ところが、不思議なことに腰の痛みに反比例し、あの鈍痛が消えていたではありませんか。

痛み止めを持参するのを忘れ、昼食時に服用しなかったにも拘わらずである。

ビールケースに座っていろいろな格好で作業した事で、神経に悪さをしていたところが元に戻った!なぁ〜んて思ったりして・・・・。

兎も角、孫とシャワーを浴びる頃には、あの痛みから解放された思いでいっぱいだった。

五体満足で生活できる喜びの再認識と、健康のありがたみを強く感じたのは言うまでもない。

そして今朝・・・・。

起床時にまず脳裏に浮かんだのは、「もしかして6月20日の釣りに行けるのでは・・・・」だった。

それと、「ゴルフの練習も出来るかな・・・・」っと。

変形性腰椎症・・・・part

変形性腰椎症と診断されて今日で早くも17日目が経過した。

今日が2回目のリハビリの日である。

リハビリしたからと言ってすぐに痛みがなくなるわけでも無いが、前回のストレッチで幾分疼痛が軽減した(ような)思いがあるので、今回も期待している。

担当の理学療法士が若い女性だから行こう!・・・・なんて事は微塵にも思っていないよ。(笑)

まぁ、鼠径部付近のマッサージは男の作業療法士よりは・・・・※▲Γ〇ΩΣ〜・・・・。

指示されたストレッチは勿論、インターネットで調べた動画で痛み軽減に努めた1週間!だったが、結構辛かった!。

湿布をしたり痛み止めを呑んでも、それなりの痛みがあったからである。

以前から使用していた『せんねん灸』を持ち出し、ネットでツボを探してあがいた事も・・・・。

そんな努力の甲斐なのか、痛みが大腿部から膝周りに移ってきた。

膝上20cmくらいから膝下にかけ、痺れとジリジリした重苦しい痛みだが、仰向けやうつぶせになって脚をまっすぐ伸ばす事が出来なかった当初と比べれば大部楽になった。

孫がお泊まりした次の日の朝は、家内と3人でウォーキングするのが楽しみだったけど、吾輩が仲間に入れて貰えるのは果たしていつになるのかなぁ?。

新型コロナウィルスの特措法による緊急事態宣言が解除され、仙台市内でも多くの人出が見られるようになった今、まだまだ外出自粛が続きそうな吾輩である。

変形性腰椎症発症!

10日ほど前から神経痛に悩まされている。

整形外科医師からはっきりした病名は聞いていないが、『変形性腰椎症・・・みたい』のようだ。

撮影したX線画像から椎間板ヘルニヤや腰部脊柱管狭窄症ではないと言われたが、何かしらの神経がいたずらしているのは確かだと言う。

左脚の太ももから膝にかけ、激痛・・・・と言うより激疼痛で歩行も儘ならないし、まっすぐ立っているだけで乳酸Max状態となり堪らなくて座り込む始末だ。

姿勢によっては痛みが和らぐ場合があるので少し休んで次の行動に移るわけだが、とにかく動き出すと痛みが走るから辛い!。

寝る時もまっすぐ仰向けになって脚を伸ばすと痛むので横向きに丸くなって寝るしかなく、夜中に何度も目が覚めるせいかずっと寝不足気味だ。

ここ10日間ほどは、何とか痛み止めで切り抜けて来たけど早くこの痛みから解放されたいと願っている。

明日からリハビリに入る予定だ。

当分は疼痛軽減と日常生活の活動性向上のためのリハビリと聞いているが、とにかく今は一刻も早くこの疼痛を軽減して貰わなくては・・・・。

新型コロナウィルスの収束が先か吾輩の神経痛終息が先か、どちらも先が見通せない状況ではあるが,
時間を掛けて完治を目指すために努力するつもりだ。

9月の青森・真鯛釣りまでには絶対完治させないと・・・・。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ