Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2020年04月

釣り仲間のオンライン飲み会!?

5月連休明けに予定している青森・真鯛遠征の日程が近付いて来た。

前年の10月以来となる7カ月ぶりの釣りを首を長くして待ち望むのはいつもの事で、真鯛遠征に参加するのは今年が節目の10回目となる。

それほど楽しみ・・・・いや生きがいと感じていた真鯛遠征の実施が、新型コロナウィルスのせいで今年は少し雲行きが怪しくなっている。

今の状況下では、特措法に基づく緊急事態宣言期限の5月6日にとても宣言解除されるとは思えないからである。

県境を越えての移動が感染を拡大させているとの指摘もあるし、何より外出自粛要請が解除されないのでは遠征中止もやむを得ないかも知れない。

遊漁船の一部には、東北3県(青森・岩手・秋田)以外の客お断りしている船もあるようだし・・・・。

そんな中、釣り仲間の某国立大学教授のKさんから『オンライン飲み会』の誘いがあった。

テレワークやオンライン会議で使用されるzoom meeting 機能を使った『オンライン飲み会』だと言う。

スマホでも出来ると聞いたけど吾輩はパソコンで参加する事にした。

我が家では叶わなかったが、4Kや8Kテレビに繋ぐとすごい迫力になると言ってたなぁ。

大勢の大学生相手にオンライン授業している教授の言う通りに操作したら、案外簡単に接続する事が出来た。

DSCPDC_0001_BURST20200417194543365_COVER
1回目


DSC_0045
2回目

最初の日は、準備・段取りとして入れ替わりに6人が参加。

2回目の本番?は金曜日のPM8:00から開催され、結局暇人の5人だけで行われた。

LINEではずっと情報交換しているけど顔を突き合わせて会話するのは7ヶ月ぶりの事だ。

在宅勤務で恰幅が良くなった人、退職して血色がよくなった人・・・・etc。

実際に顔を突き合わせると、みんないい歳になった事が分かる!。(笑)

これからの青森・真鯛遠征について・・・・と言うより馬鹿話で盛り上がったのは言うまでもない。

今回参加できなかった方々が2,3人いるので、次回も楽しみに待とう。

田舎へ行ってジャガイモの植え付け準備

新型コロナウィルス渦、田舎へ出掛けた。

ジャガイモを植える準備のために・・・・。

新型コロナウィルスの影響で休校中の孫(小学4年生)にLINEを入れたら、「暇だから行く」と言うので、まあ、何かの足しにはなるだろう?と、自宅へ迎えに行って娘共々連れて行った。

DSCN2034

DSCN2032

DSCN2033
写真は孫が撮影

娘に管理機で耕して貰い、肥料や石灰の撒布は孫に手伝って貰った。

カミさんと吾輩は草取り・草刈が主な作業だ。

猫の額ほどの畑であるが雑草が生えるよりはまし・・・・と毎年この時期にジャガイモを植えることにしていて、玉ねぎと場所を入れ替えて植え付ける。

この畑の他に、近くに186屬144屬糧があるのでそちらを有効利用すれば連作障害を回避する事は可能なのだが、ジャガイモだけはどうしても隔年となっていた・・・・。

186屬諒は遠い親戚に無償貸与しているから無理としても、144屬糧は努力?すれば何とかなりそうな気がする。

県北幹線道路工事後に、県との約束で何がしかの野菜を植える条件で畑にして貰った土地である。

しかし、せっかく畑として戻されても畑として機能するような客土が施されなかった為、管理機や耕運機では歯が立たないほど固くて手を付けられないでいた。

今年から我が家の土地を小作する隣家の千葉信〇氏にトラクターで耕耘してくれるよう依頼しておいたので何とかなるのでは・・・・。

一丁前の畑にするには時間は掛かるが、ある程度土がほぐれたらジャガイモとかサツマイモ等、手数の掛からない野菜を植え付けたいと思っている。

暖かくなると雑草がものすごい勢いで繁茂してくるから、これからは草取りが大変だ。

日帰りしないといけない用事も特に無くたった昨今、これからは2,3日泊まり込みで作業する事になるかも知んねぇなぁ。

世の中は、新型コロナウィルス渦でもう大変!

世界全体で120万人が感染し、死者数が65,000人を上回った新型コロナウィルス!。

アメリカでは医療崩壊が現実となり、1日1,000人以上のペースで死者が増え感染拡大への見通しが全く立たない状況となっている。

医療態勢が充実している先進国でこうだから、発展途上国や難民キャンプで感染爆発が起こったら・・・・と思うととても気が気ではない。

日本も例に漏れず、新型コロナウィルス感染者が4,000人を超え死者数も104人となった。

中でも、東京では一日最多の143人が確認されるなど、4月に入ってからの5日だけでも500人以上が検査で見つかった。

イタリアやニューヨークを参考にすればいつ感染爆発が起こってもおかしくないのだが、国は『まだぎりぎりの状況!』と言うだけでまだ緊急事態宣言を出せずにいる。

緊急事態宣言を発出する条件の一つに『全国的な蔓延』と言う項目があって、それにまだ該当していないからだと言う。

最近は何でもかんでも専門家の意見を聞いて判断するようなので一歩譲るとしても、まさか国民の命より経済を重要視するような専門家の意見ではないだろうな!。

全国的な蔓延になった時はすでに手遅れではないか?・・・・と考えるのは俺だけだろうか・・・・。

仙台でも、先日まで1人とか2人と言っていた感染者がもう24人まで増えた。

もうどこへ出掛けても感染するような気がしてならない。

外出自粛要請を粛々と受け止め、毎日恐々しながら生活している吾輩である。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ