ればたらブログ

真鯛釣りをメーンにLINEを通した友達作りに勤しむアクティヴ爺さんの気まぐれブログ。

今は、楽天よりもMLBに夢中!

最近、NPBもMLBもオープン戦が始まり、やっと楽しみ・・・・つまり暇つぶしが出来る!と喜んでいる吾輩。

ただ、同じ野球でも楽天イーグルから少し距離を置き、今はMLBに夢中だ。

昨年の入場者数が全体で最下位だった楽天イーグルスを象徴するように、吾輩の球場を訪れる回数が減少し続け、昨年はとうとう1度も出掛けなかった。

まぁ、理由は色々あるが・・・・多分、他のファンが遠のいた事と同じだと思う。(笑)

今年は監督も代わった事もあり、又いつものファンに戻りたい気持ちはあるが、球団の方針にまだまだ不信感をぬぐえないのでは今一応援する気力もない・・・・と言うところだ。

そんな訳で、今はMLBに楽しみを見出している。

今シーズン、MLBに所属する日本人選手は11名、マイナー契約を含むと14名もいるからそれぞれみんなには頑張ってほしいと願わずにはいられない。

ドジャースに大谷と山本、パドレスにはダルビッシュと松井祐樹、カブスに鈴木と今永、メッツは千賀と藤波。

更に、ブルージェイズに菊池雄星、タイガースは前田健太、そしてレッドソックスの吉田である。

マイナー契約しているのは、レイズの上沢、ジャイアンツの筒香、もう一人富岡と言う選手の3人。

その中でも期待する一番の選手はやっぱり大谷翔平選手だろう!。

その大谷が、ドジャースに移籍して初めてのオープン戦に出場すると言うので、目が覚めた早朝5時半にテレビを点けてみた。

4回の表CHW(シカゴホワイトソックス)の攻撃が終わったところで1−4とドジャースが劣勢となっていて、大谷は1打席目が三振、2打席目はセカンドへの併殺打と2打席凡退していた。

大谷にとって移籍後初の実戦となった今回、打席に立ったのは177日ぶりだと言う。

だから、まだ体がついて行かないのかなぁ・・・・と思ったりしたけど、それでもさすが昨年のホームラン王!。

3打席目に見事にレフトスタンドへ2ランホームラン!。

詰まった平凡なレフトフライだと思われた打球が、パワーでそのままスタンドイン!。

オープン戦とは言え、今年の大活躍を期待させる一発だった。

ケガ・手術からの回復途中でこの出来栄えだから、今年は打者専念として2年連続のMVPも夢ではなかろう。

昨年、ア・リーグのホームラン王になり日本の宝から世界のスーパースターになった大谷の活躍に、今年も一喜一憂したいと思う。

久しぶりに田舎へ行ったら〜〜〜!!!!

今日は4月上旬並みの気温!14℃まで上昇した。

明日は17℃、明後日は18℃迄上がるんだとか・・・・。

日ごとに春が近づいているのを実感するこの頃だ。

そんな中、1月から賃貸している田舎の別荘へ出掛けた。

敷地内畑の玉ねぎに追肥するのが目的で・・・・。

だが、その前に大きな仕事が一つ・・・・。

それは、農地の地目変更手続き事だ。

十数年前から畑になっている土地が、田の地目のままになっている現状を是正するためである。

田圃のままだと土地改良区に水利費として賦課金を支払わなければならないのだが、ほとんどの土地は全て水利費込みで小作して貰っていたし、他の小さな土地に掛かる費用は驚くに足りない金額だったからずっと放置して来ていたのだが・・・・。

しかし、一部の土地を前の小作人が亡くなった為に新しい小作人と契約する時、「牧草地として利用するのに水利費は負担できない。」と賦課金の支払いを拒否され、以降、自分が支払っている現実!。

最近、太陽光発電大手業者から所有土地の一部売却・賃貸しの話が持ち上がった事を機に、農地基本台帳登載事項を補正しようと思い立ったのがきっかけだ。


4130186の3筆を田から畑に地目を変更するのが一つ。

それと、地目は畑だが用途が田になっている1,807の土地を用途変更するのがもう一つ。

今回はその準備として、登米町の法務局へ出向いたと言うわけだ。

農協委員会へ提出する書面に添付する公図と登記事項証明書の発行を受けた後、登米町の弟の自宅に立ち寄った。

そこで聞かされた話に驚かされた。!!!

何と!、従兄弟の利美が脳梗塞で入院していると言うのだ。

昨日の朝、別荘の倉庫前に積まれていた雑材を片付けている最中に体調に変化が生じたそうだ。

午後から、自分で運転して佐沼の病院へ行ったらそのまま入院になったと言う。

脳梗塞としては軽い症状だった事から、1週間位で退院できそうだと聞きホッとした。

今回は病院へ行かなかったが、近い間に農業委員会や土地改良区に出掛ける用事があるのでその時に会うつもりだ。

その後、別荘へ行って玉ねぎの追肥をしたのだが、畑を見てまず目についたのは玉ねぎがほとんど生育していない姿だった。

700本くらい植えた筈なのにあっちこっち歯抜けになっていて、ここ数年で最悪の状態だった。

暖冬の影響もあるだろうけど、原因はまったくわからず・・・・。

せめて我が家で食するぐらい収穫できれば御の字?と、半ばあきらめ顔でとぼとぼ帰宅した。

大部長文になったけど、昼食について記しておこう。

登米町に出掛けたのは久しぶりだったから、遠山の里で支那そばと鳥めしを食した。

店のオーナーだった同級生の正一郎が亡くなってから久しぶりの訪問だった。

懐かしい味だった。

DSC_0096
Bセット1,200円


DSC_0098
カミさんが注文した海鮮丼セット1,300円

宝仙倶楽部・新年会

間もなく1月も過ぎようとしているのに、昨日、宝仙倶楽部の新年会が開催された。

場所は、秋保温泉・ホテル瑞鳳。

参加者は男5名、女3名のいつものロートルメンバー!8名。

「ランチ会」の延長!、ミニ同級会のようなものである。

今年は我々が77歳の喜寿を迎える節目の年に当り、この喜寿祝いを祈念する同級会の打ち合わせを名目にしたお泊り会なのだが、いつもの単なる楽しい暇潰しだったかも・・・・。(笑)


さて、今回利用した秋保温泉・ホテル瑞鳳は、吾輩にとっては久しぶりの会場だった。

昔・・・・バブル期を象徴した豪華なホテル・・・の印象が強かったから、もしかすると前回伺ったのは十数年前の現役時代だったかも・・・・。

宿泊料金が高騰し、そう簡単に宿泊できなくなった温泉地のホテルだけど、経営母体の変遷と共に料金も随分とリーズナブルになったような気がするホテル瑞鳳!。

年金生活者の我々でも14,000円以下で利用できるなんて、今時珍しいんじゃないか?。

そのせいでも無いだろうけど、平日にも拘わらず多くの客で賑わっていたし、中でも若者カップルが多い事に驚いたねぇ。

食事は夕食、朝食ともバイキング方式だった。

この頃はどこでもバイキング方式がほとんどだと思うけど、メニューがバラエティーに富んでいて、吾輩的には最近利用した中では一番だったかも・・・・。

紅ズワイガニだと思うが、蟹の食べ放題で盛り上がっていたようだし・・・・。

ちなみに、手間がかかる細い蟹に興味が無い?吾輩は1本も喰わなかったけどね。(笑)

それと、8人中6人はアルコール抜きの食事だった事を記しておく。

勿論、吾輩もその内の一人なのだが、こういう類の集まりで酒類を口にしなかったのは多分人生で初めての事だ。多分!。

まぁ、最近あまりアルコールを口にしなくなった事を考えると、これもアリかなと思った。

もう、飲み放題!にうつつを抜かす歳でも無いからねぇ。(笑)

来月にランチ会を開催する事を決め、おはぎの店『さいち』で買い物後に解散した。


14228
全員での集合写真


43910
食事風景(夕食)


14218
夕食後の団らん


14225
食事風景(朝食)


2024年シーズンの真鯛釣り釣行予定日!

昨年のシーズン釣行予約が決定したのは2月に入ってからだった。

それが、昨日、今シーズンの予定日が示された。

いつも、おんぶに抱っこでお世話になっている釣り友・アスパムさんからのLINEで・・・・。


我々の青森における真鯛釣りシーズンは5月から始まる。

予約は、2月でも十分と思えるけど、まだ4ヶ月も先になる1月半ばの今だとは・・・・。


アスパムさんが、我々が例年利用する遊漁船・鯛〇ニックに今年の予約状況を尋ねたのが発端だ。

そしたら、5月、6月の週末・土曜日の午前船はすでに予約で埋まっていたんだとか・・・・。

メンバー全員が揃って乗船できる船は中々少ない事もあり、海佐〇丸鯛〇ニックの前身)の頃から利用しているが、こんな事は初めてだ〜。

他に、メンバー全員(8〜9名)が乗船できる釣り船が確保できない以上、平日にシフトするしかなくなったのである。

そもそも、土曜日釣行が定着したのはずいぶんと昔からだ。

吾輩のような毎日が日曜日の暇人と違い、みんな、土・日しか休めなかったのだから・・・・。

その後、長い年月と共に、ほとんどが現役を引退して暇人の仲間入り果たしているが、それでも週末の釣行は慣行として続いてきたのだった。

スケジュール帳要らずの生活にどっぷり嵌っている暇人には、あまり土曜日釣行への拘りなんて全く無いから平日でもいつでも良いんだけれど、一人だけ・・・昨年定年退職した某国立大学教授のスケジュールがまだ平日モードじゃなかった事で継続されて来たのでR。(笑)

メンバー全員揃って一緒に竿を出したい!・・・・がモットーの伊達藩真鯛倶楽部だから、出来るだけ全員参加できるようみんなで協力するのは当然なんだから・・・・。

そんな経緯の中、今シーズンも土曜日メーンの釣行日を予約するべきアスパムさんが動いたのだった。

その結果が冒頭の「土曜日はすでに予約不可!」である。

LINEの内容は、「土曜日は駄目だが平日・金曜日も午前船なら予約できる。みんなの予定はどうだ・・・・。」というものだった。

メンバーの殆どが『毎日がサンデー』の暇人たちだから、異議なし!・・・・は当然!。(笑)

心配された元教授も、早目のfixがあればOKとの事だった。

その後はとんとん拍子!、下記の予定で釣行日が決定され、船長には電話、メールですでに連絡済みだと言う。

  5月10日(金)午前便 平舘沖 鯛〇ニック
  6月  7日(金)  同上
  7月12日(金)午前便  陸奥湾 釣り船鯛〇
  9月20日(金)    同上
10月18日(金)  同上
   ※昨年の8月は猛暑で中止になっている為、今年の8月は予定なし。

昨シーズンは予定した6回の釣行が、天候不順で2回、猛暑で1回中止の憂き目に遭い、10月末に急遽予約できた平日釣りを加え何とか4回の釣行が出来た。

今年も最低4回以上の釣行を願っているが、もし中止になっても別な平日にシフトして・・・・・なぁ〜んて思っているのは吾輩だけか?。
今年も80cm目標に頑張り

トレンドワード・・・・『久しぶり・・・・』

今朝起きたら、久しぶりに家の周りが一面白くなっていた。

昨年の12月18日以来だから、およそひと月ぶりの積雪だった。

僅か2cm程度とは言え、2024年初めての積雪である。



最近、何でもかんでも『久しぶり!』のワードが出てくる我がブログ!。

そこで、『久しぶり』って、どれくらいの期間なのか気になって調べてみた。

久しぶり』:前にその事を経験してから、再び同じ事になるまでに長い日数のあった事。また、そのさま。(小学館)

でも、これじゃどれくらいの期間か分からないので更に検索したら・・・・。

具体的には、3ヶ月ぐらいを目途に使うのが良いらしく、その前後では「ご無沙汰している」とか、「大変ご無沙汰している」「長い間、ご無沙汰している。」等と表現するようだ。

・・・・と言う事は、あまり気にもせず時々しょっちゅう使う『久しぶり』は、文法的に間違っているのかも知れないなぁ。

吾輩的には、もっと短期間に起きた出来事でも使うことがあるからだ。

でも、毎月1回会っている人と会うときは『久しぶり』とは言わないけど、毎週やっていた事が、3週間も間が空いたらやっぱり『久しぶり』になるからややこしくなる。

その最たるのがボウリング!。

昨日、今年初めてのボウリングに出掛けた。

久しぶりに・・・・。(笑)

学校が休みになる冬休みとか、クリスマス・正月の期間は、混雑を避けて敢えて出掛けない事にしているから、昨年の11月29日以来となるホントに久しぶりのボウリングだった。

76歳になり初めてのプレーだったが、スコアは昨年のアベレージ(176点)を上回る193点(5G平均)だった。※216、191、188、213、157。

以前とは比べべくも無いステップ運びの老ボーラーだけど、運動と言えるのはボウリングだけなのでこれからも出来る限りプレーに勤しみたいと願う。

勿論、今年の目標アベレージは176点以上だ。

でも、ボールが劣化しすぎているので初夢に終わるんだろうけど・・・・。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

blogram投票ボタン
プロフィール

Mr.タックス

CMエリア
  • ライブドアブログ