器体の半分ほどが水没し、電子回路の基盤がいかれた我が家の給湯器が新しくなった。

DSCN1948
 ※写真は19日に設置途中を写したもの。足場があった事で壁の塗装が半端となっている。

今回の台風では我が家同様多くの家庭で給湯器が水没した。

だから、業者や給湯器その物が不足して、復旧には相当の時間が掛かると思っていた。

それが、わずか6日目にして復旧したのは、常日頃の業者とのお付き合いの賜物かも知れない。

もう15年来の付き合いなんだから・・・・。

極楽湯や大江戸温泉を巡って3日目から娘のところへ出掛けていたが、やはり我が家のお風呂が一番だ!。