Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

真鯛釣り紀行

次回は真鯛ジギングに挑戦!。

首都圏でコロナウィルス感染患者が多く出て、緊急事態宣言が発出されるのではないかと心配している吾輩!。

県境をまたいだ移動自粛で、青森での真鯛釣りが制限されると困るからである。

とにかく、感染拡大が東京などの首都圏から地方へ広がるのはわかりきった事なので、早く何とかしてほしいものだ。

新宿とか池袋の夜の街・・・・云々と騒いでいるが、あの満員電車や街中の人混みを何とかしなければ、収束なんて期待しても無理なのかも・・・・。




まぁ、そんな心配はさて置き・・・・。

今シーズン2回目となる青森・真鯛釣りが10日後に迫って来た。

この時期、陸奥湾内でのノシ釣りだと思っていたら今回も平舘沖での釣りだと言う。

それも真鯛ジギングで狙うとか言ってたなぁ。

別に、遊漁船のルールで、ジギングじゃないと駄目・・・と言う訳ではないのだが、暖かくなって上層まで浮いた真鯛を釣るには鯛ラバよりメタルジグが有効だと言うのだ。

そう言えば、先日の釣行時にも船中13枚の内、4枚がジグによる釣果だった。



そんな経緯もあり、吾輩も真鯛ジギングに挑戦しようかなぁ・・・・と考えても不思議はなかろう。

ただ、やった事がない不安と鯛ラバへの愛着があるので、まだいろいろ考え中だ。

ネットで調べたら、鯛ラバもジギングも釣り方にそんなに差異があるわけでも無く、タックルも共用できる事が分かった。



・・・と言う訳で、ロッドは鯛ラバで使っているDAIWA 紅牙EX-AGSN71B-SMTとテンヤ用のAGS AMT-MH245を持って行くつもりだ。

紅牙EX-AGSN71B-SMTは鯛ラバ用だと思っていたら、30~100gのジグを扱えると書いてあったから十分使用に耐えると思う。

リールはキャタリナBJ100H(PE1.5号)のベイトリールと、セルテート2508ハイパーカスタム(PE1.0号)のスピニングリールで対応する。

ジギングロッドのキャタリナ65S-BJソルティガSG-BJ 64KHSと、ソルティガ3500Hリールの組み合わせも考えたけど、使用するジグが30〜60g程度なのであまり物々しくなるから今回はキャンセル。(笑)

肝心のメタルジグだが、実は使わなかったけどモノだけはいっぱい準備してある。(笑)

鯛多ニックで鯛ジギングの釣果が出始めた頃に購入したJAZZの鯛ジギ類が多いかな。

DSCN2078
25gから60gの鯛ジギ類

でも、年数が経って道具も進化しているし、最近、仲間内で評判がいいTG-TOKICHIROを購入した。

みんなは30~60gを使うと聞いたけど、よくわからないので中間の50gに統一した。

10年の我が真鯛史の中には、金ブラーやスピンソニックみたいに、買っても一度も使わなかった例が何度あった事か・・・・。(笑)

今回の買ったのもその類だから、果たしてどうなることやら・・・・。

DSCN2079
TOKICHIRO50gとダイワTG45G

フックはボーズレスのショートフックが良いとみんなが言うので、これもネットで注文中だ!。

さて、これで道具は準備万端整った。

・・・・・が、一つ問題がある。

それは、釣り方に少々テクニックがいると言う事だ。

鯛ラバ同様ボトムを取ってからすぐにタダ巻きするのが普通だと思っていたら、何と立て釣りではなく横釣りするのが青森流・・・・いやブルーウッズ流なんだとか。

例えば、ポイント棚が水深25mの場合、まず、アンダースローで出来るだけジグを遠投する。

ジグが着水したら自分のリズムでカウントを取り、ジグが指示棚まで沈下するのを待つ。

ただし、ここで重要なのは、ジグが25m沈むのに何カウント掛かるか把握しておくことである。

次に、およそ25m沈下したらベールを起こし、おもむろに巻きはじめる。

巻く速度はいろいろその時の条件で違うらしいが、結構早巻きするようだ。

つまりこの釣りは、真鯛のタナに沿って横方向に探れるのがキモだから、慣れれば最強の釣法!と誰か・・・・多分船長が言っていたような気がする

タダ巻きするだけなら誰でも出来る真鯛ジギングだけど、吾輩がこの釣り方をモノにできるかどうかはやってみないと分かりません。

でも、真鯛釣り歴10年!、やってやれない事は無い筈なのでぜひ大物を釣って帰り鯛!

青森・真鯛遠征第3弾!1週間後に迫る。

2016061700224日の青森・真鯛遠征に備え、梅雨の合間の日差しを利用し天日干しをした。

前回の釣行時、雨に濡れたまま放置していたせいだと思うが、バケットマウスの外側に水滴がついていたからである。

2週間も経ったと言うのに、梅雨入りした事もあって完全に乾燥していなかったようで、本体からしみでた感じがする。

さて、来たる今年3回目となる青森遠征は、むつ横浜・源氏ヶ浦からの出船の予定だ。

第8幸丸の僚船・清洋丸に乗船しての一日仕立となっている。

陸奥湾内はまだ時期尚早と思っていたら、釣り船鯛将なんかもすでに平舘から久栗坂に戻って湾内で営業しており、そこそこっ!?の釣果が上がっているようだから、源氏ヶ浦沖でも期待しちゃっていいのかしらん?。

源氏ヶ浦での釣りはテンヤだと聞いた。

この時期、中層にいる真鯛をキャストしてカーブフォールで狙うのは昨年と同じだと思うが、この釣り方はあまり得意じゃないんだよなあ!。吾輩は・・・・。

秋真鯛のようにボトムに張り付いていればいいんだけど・・・・。

まぁそれでも、平舘沖で使用した鯛ラバや鯛ジギ兇鬟ーバルテンヤ、自作テンヤに替えたので、1週間後に迫った釣行を首を長くして待つことにしたい。

準備はもう万端だからあとは天候だけが心配だ。

前回は天候不順により9:00前に撤収の憂き目にあい、不完全燃焼で日帰り?した経緯があるからなぁ。

今のところ、週間予報によれば青森地方の天気はGOODなんだけど果たして・・・・。

青森・真鯛釣行を諦めた。天候には勝てませんです。ハイ!。

明日(31日)予定していた青森・陸奥湾での真鯛釣行を諦めることにした。
早朝5時からの午前便と12:00からの午後便に乗船し、夕方まで終日に亘り真鯛釣りを楽しむ予定だったのに・・・。
ガックし・・・・。ホントに自然が相手とは言え天候には勝てるはずもなく、中々自分の都合通りには行かないものである。
午前便は何とか出船できても午後便は強風で出られないようだ。雨も降ると言うし・・・どうする?」と、同行予定の釣友あすぱむさん(青森在住)から連絡来たのが夕方の事だった。
釣りに飢えていた吾輩には午前便だけでも乗船する選択肢もあったが、せっかく仙台から遠征するからには午前便(5:00〜12:00)だけでは物足りないし、何より気象状況の急変で早上がりになる可能性(今回は風、波、雨・・・)を思うと止めざるを得なかったのである。
宿泊施設を段取りしていただくなど、あすぱむ合衆国大統領にはだいぶ世話になり且つご迷惑をかける事になったが、明日は吾輩の分まで釣って来てもらいたいものだ。
天候不順で6月の遠征も中止になっているから、又々青森行きが遠のいてしまうなぁ。
天候の巡り会わせとは言え、次回予定している9月23日は果たして大丈夫か雨男?!。
・・うん、誰が雨男だって?。

待ちに待った今年初めての青森・真鯛釣行

昨日、青森・陸奥湾へ真鯛釣りに行って来た。4月以来久々の釣りである。

5月、6月と予約していた釣行が、すべて天候不順・海況不良のため中止になっていたので、その間ずっと行きたくとも行けなかったのだ。

青森への真鯛釣りはいつもグループで遠征していたのだが、今回初めて単独釣行となった。

グループとして予約していた6月末の釣行が中止になった事で、10月に再度予約を入れたが、ずっと真鯛釣りに飢えていた吾輩がそれまで待てるわけもなく、一人分だけ空きがあった釣り船・鯛神楽に予約したのだった。

これまでの青森・真鯛釣り遠征先の平舘とか三厩、袰月に比べれば「青森市内からの出航なので、運転時間も1時間は違うだろう」と考えたら、6年ぶり?の長距離運転にも拘わらず気は楽だった。

道中、あっちこっちで大雨が降ったりして現地の天候を危ぶんだが、出航場所の青森・野内浦島マリーナに到着した時は、風も波も雨合羽さえいらない釣り日和の予感がした。

朝5時、船が海に下ろされ出航した。乗船者は吾輩含め定員いっぱいの6名。5人の内、3人は青森市、2名は弘前からの釣り客だった。

最初は陸奥湾内ののし(ホタテ養殖の筏棚を吊るロープ)のウキ玉に船を繋いで釣ることになった。しかし、全然釣れない!。潮がまったく動かないのだ。

魚探に大きなベイトの映像が次から次へと映し出され、その前後・上下にうごめく真鯛らしき水深へジグ餌を送り込んでも食いつきもしないのだ。活性がまったくないのである。

流し釣り…また最初の場所に戻ってのし釣り、また流し釣り・・・と、何度か場所を替えたが、思ったほど釣果は伸びなかった。

結局、1時間半も延長してくれた船長の思惑とは裏腹に、釣果はMAX65cmを含め船中9枚と苦戦!に終わった。その中の5枚が30cm以下のチャリコでその内3枚が吾輩の釣果だった。
CA3H0983
せっかく青森まで出掛けたのだからクーラーいっぱいの獲物を抱えて帰宅したいのは誰しも望むところではある。しかし、釣りに出掛けたからと言って必ず釣れるわけでもなく、みんなが釣れても自分だけ釣れないことだってある。もちろんその逆も・・・・。前日大漁だった船が、次の日全然釣れない・・・なんて事も少ない事ではない。

魚釣りは運・・・だけど止められない!。」なぁんて、負け惜しみしの言葉?しか出ないけど、いつかは自分にも必ずチャンスは来よう・・・・と言うものだ。

10月までまだまだ時間が余りあるほどあるから、その内また行かなくては・・・・。

釣り船・鯛神楽は良い船だと思う。6人しか乗れないけど・・・。

詳しい釣行記はこちらからhttp://www.geocities.jp/tasuku001/sub08-top.html




今年初めての釣りは散々な結果に・・・・

昨日、今年初めての釣り(マダイ・青物)に出掛けたが、散々な結果に終ってしまった。

釣り場は酒田北港から2時間ほど船を走らせた新潟県境付近である。

朝方の天候はまだ風が残って波も2mはあっただろうか。キャビンの中に座っていても、船がうねりに翻弄され竿を出す前から船酔い状態になってしまった。マダイ釣りを始めてから初めて味わう船酔いである。

何とか気合で釣りを始めた吾輩だが、中にはもう釣りどころではなく最後まで竿を出す事もなく終った若者もいた。

そんな体調最悪の状況下、いろいろ仕掛けを替えてやってみたが最後まで獲物が掛かる事はなかった。当たりさえ一度もなかったのだ。

まぁ、釣れなかったのが吾輩だけならまだしも、同乗者13人全員が1っぴきも、そして外道さえ釣れなかったんだから・・・・・。

何か他の理由がいろいろあったんだろうが、それにしても釣れなかったなぁ。

皮肉にも、上がるころには風は止みうねりも小さくなったので帰りの船はそんなに揺れずに済んだから良かったが、「運転して仙台まで帰れるか?・・・・」と心配するほどホントに体調が悪い中での釣行は、吾輩のマダイ釣り史上最悪だったのは間違いない。

リベンジ・・・リベンジ・・・・。


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ