Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

成年後見人関連の職務

田舎の別荘はどうなっているかなぁ?

先月の22日以来田舎に行っていないが、どうなっているかなぁ?。

この時期はあっという間に雑草が伸びるから、別荘周りは庭も畑も草ぼうぼうになっているかも・・・・。

畑に植えていたトウモロコシも食べごろだったのに、今頃はハクビシンに荒らされてしまっただろうし、かぼちゃや枝豆もこの少雨でもう枯れちゃったかも知んねぇなぁ・・・・。

例年であれば3日と空けず泊まり込みで草取りに精出す時期でもあるのだが、最近は草取りなんかどうでもよい!と思うようになったから出掛ける頻度が落ちているのだ。

もちろん猛暑が続いた事も行く気が失せた要因でもあるが・・・・。

平成14年から、成年後見人として被後見人(おふくろ)の財産を管理して来た吾輩だが、預貯金を信託にする手続きの為に専門職後見人(司法書士)が選任された3月頃から少々雲行きが怪しくなって来た。

これまで13年近くやって来て文句を言われなかった後見事務の一部を見直せとの判断が示されたからである。

つまり、我々身内が作業した物については領収書がないし信憑性がないので、金額が高くとも良いから外部委託した方が良いとの見解・・・・と専門職後見人が言っていた。

例えば、草取り一つ取っても外部に委託(例シルバーセンター等)して領収書があれば少々金が掛かっても良いと言うし、家内がやっているおふくろの洗濯物処理も外注に出した方が良いとの話なのだ。

交通費も公共機関で請求しろ!と言われたって、鉄道にしても高速バスにしても思い通りに運行してくれない田舎ではどうやって計算しろと言うんだよ。

乗り継ぎ、乗り継ぎで高額になると思うのだがね・・・・。

成年後見人は被後見人の財産を減らさないように管理するのが主旨だと思っていたが、これじゃ主旨に逆行するのではないか?。

まぁ何を言ったって、裁判官は法律に凝り固まっているからと諦めているけど・・・・。

出来るだけお金を外部に出さないようにと吾輩とカミさんで作業して、日当代わりにジュースなどの飲み物と昼飯代を負担してもらっていただけなのに、これじゃもう行く気にもなりません!。

専門職後見人は裁判官が直接言えない事を代理人の如く言うけど、これまでずっとOKだった事が裁判官が変わったからと言って否定されるのは納得出来しかねるんだけど・・・・。

ちなみに、信託の手続きが終わった専門職後見人は完了した時点で退任するのが普通だが、最近新しく赴任した裁判官の意向で来年3月まで続けると言われた。

平成元年に亡くなった親父の27回忌をやりたくとも、信託からの引き出しに手間暇かかると聞くととてもやれないよなぁ!。

まぁそれは兎も角、居宅・土地を含む不動産関係で市役所・農協・土地改良区等など・・・・用事があるうちは役職を全うしようと考えても、草取りは無理してまでしない・・・のが結論です。ハイ!。

意識不明で救急搬送!・・・・病院へ着く頃は平常に・・・・。

所用で登米市に向かっていた車に電話が入った。

おふくろが入所している施設からだった。

また、おふくろさんが意識不明になった。病院へ連れて行くので来てくれませんか?」との内容。

また・・・・とは、昨年の暮れ(12月27日)にも同様の症状で搬送されているからだ。

三陸道豊里インターでUターンしてすぐ搬送先の病院へ向かう。

もう90歳になるし、そろそろ天命・・・・」とか、「万が一の時、お金はいくら引き出す・・・・・?」とか・・・・、車内で交わすカミさんとの会話はとにかくネガティブな話ばっかりに・・・・。

今回も、何もなければいいなぁ」との本音を胸に仕舞い込み病院へ急いだ。

到着してすぐ内科病棟へ行ったら、施設から付き添いで来た担当者がいて概略を説明してくれた。

トイレで意識不明の状態になったから救急搬送した。今回も病院へ向かう途中で平常の落ち着きを取り戻した。CTスキャンの検査は問題なし。持病の糖尿病・血糖値にも異常が見られない、云々・・・・」との事だった。

まぁ、何か原因があるから倒れるのに、特別これと言った原因は無いと言われても素人の我々は困惑してしまうが、医師の説明では前回と同じような内容だった。

今回のように、トイレ使用中の意識低下は自律神経に問題があると思われる。今後も同じような事が起きると予想されるが様子を見るしかない」・・・・と。

おふくろはそれから間もなく、迎えに来た施設の車で帰って行った。

まずは一安心!。安堵した吾輩である。

後見制度支援信託・・・・の案内が届いた

先日、家庭裁判所から後見制度支援信託の利用・・・・を含めた封書が届いた。

仝絽人制度支援信託の利用、∪賁膺Δ慮絽人の追加、8絽監督人の選任・・・・などについての意向を問う内容だった。

吾輩が成年後見人をしている母親(本人・被後見人)の預貯金額がそれなりの金額になっているので、裁判所としては搾取や使い込みと言った犯罪が考えられるから、前述の制度を使って適切な管理をしたいと言うことだろうか。

一応、それらの制度について、後見人の意向を問う内容になっているが、いくら信頼できる親族であっても信用できないから、いずれかを選びなさいと強制されている気がするんだけど・・・・。

それぞれの制度にはメリット・デメリットがあって、『これが良い!』と一概に決められるものでも無いようだ。

ただ、内容を見た限りでは、比較的専門職後見人への支払(報酬)が少なくて済む後見人制度支援信託の利用が一番理に適っているように思える。

しかし、後見事務報告書の作成業務を負担と思っていない吾輩からすれば、預貯金がちょっとだけ多いからと言って専門職後見人を追加選任したり後見監督人を追加で選任して、(後見人の)負担軽減を図ると言う意味が理解できないのである。

信託する金額を決めたり預けたりするのにどうして専門職後見人が必要なのか納得いかないし、まして、それぞれ別途に高額な報酬を支払う必要があると言うのでは何を況やである。

信託契約では専門職後見人の報酬の他、契約する信託先にも17〜20万の手数料(報酬?)が掛かるとネットに書いてあったけど、ムムム・・・・としか言いようがありません。

まぁ、報酬は被後見人の財産から出費するのだから別に吾輩が関知するところではないけど、本人の財産を守る主旨から反するようで納得できないのだ。

ただ、親族のみならず専門職を含めた後見人による犯罪(使い込み等)が新聞を賑わすことが多い昨今、裁判所が権限としていろいろ手を打つのはわかるが、これまで長きに亘って管理して来た事実が否定されたようで、やる気が失せて来る。

現在おふくろは満89歳。

12年間後見人として問題なく遂行して来た吾輩の自負から、余命を考慮すると何をいまさらと思うのだが・・・・。

もう腰が痛くて・・・・

田舎の別荘(誰も住んでいない生家)に出掛け草取りをして来た。
それも泊まり込みで2日間も・・・・。

10日ほど前に行った時は手を付けるまでも無かった畑の草が、この頃の雨模様で写真の如く一面雑草の海になっていたのにびっくり!。
CA3H0004
Before
それでもやるっきゃない!と、到着してすぐ作業に着手。
CA3H0002

カミさんと二人で昼飯を挟んで夕方まで作業したがそれでもやっと半分ぐらいの進捗だ。
全然埒が開かないからその日は別荘に泊まって、次の日朝早くから作業に取り掛かった。
雨が降り出す前に何とか畑部分は完了した。
CA3H0006
After
サトイモの隣にスイカも植えていたけど、(雑草のせいで)陽が当たらないため全然大きくならないし、今後は高気温も望めそうもないので全部廃棄する事にした。まぁ、大きくなっても近くに住むハクビシンの餌食になるだけだろうから・・・。

その肝心のスイカだが、食べられるくらい大きく(直径30cm位)育ったのはわずか2個だけだった。
登米市に住む弟に1個贈呈!し、もう一つのスイカは夕食後にカミさんと恐る恐る食してみた。
甘味は山形・尾花沢産の半分ほどでしかなかったけどまずまずだったかな。
収穫した他の25球の中には、小玉でも熟れて食えそうなスイカもあったので、何個か自宅に持ち帰ろうと考えたら、「そんなにスイカを持って行ってどうするのよ!」との天の声が聞こえたので諦めた。
居宅前の畑に捨ててわかった事だが、食えそうなのはその中の4分の一くらいだったからピンポーン!。捨てたのが正解と言えば正解だった。

草取り終了後、畑を耕したり周りの草を草刈機で刈ってから帰宅したが、庭部分はまだ手つかずのままである。
次回草取りに行く予定はまだ立てていないけど、多分腰の具合が良くなってからになるなぁ。
2日も続けて草取りすると、立ち上がって腰を伸ばすのがだいぶしんどいんだよね。
つまりのところ、腰が痛くて大変なんだよ・・・・。キミ!。

施設夏祭りに出掛けたら、雨が降って来て・・・・。

DSCN0635今年もまたおふくろ入所施設の夏祭りが開催された。

いつも家内と二人で参加しているが、もう何回目になるんだろう?。13回目?、それとも14回?。

14:00の開始時間に1時間ほど遅れて行ったらすでに多くのプログラムが進行していて、ちょうどすずめ踊りが終わったところだった。

我々と入れ替わりに、会場から部屋に戻る人もちらほらいたので、「おふくろも部屋に戻ったかな?」と思いながらも入所者が集まっているテントの中を探したのだがやはりおふくろの姿はなかった。

部屋に行ってみるか」とカミさんとエレベーターに向かう途中で、車椅子に乗せられて来るおふくろの姿を見つけた。

車椅子を引き継いでから会場へ向かわず室内のテーブル席に連れて行った。さっきおふくろを連れて来た介護士から「昼から何も食べていない」と聞いたので食事をとらせるためである。
ちょうど雨が降って来て、祭りどころではなくなって来たし・・・・。

枝豆、コロッケ、チョコバナナ、かき氷、お好み焼き、飲み物(ジュースとかノンアルコールビール)などの割り当ての中から暖かいコロッケを頂いてきて食べさせたら「美味しいねぇ!」と言いながらペロッと平らげた。

ビールが飲みたい!」と言うので「ノンアルコールならいいだろう」と少しだけコップに入れて差し出したら、一口飲んで「このビール濃いなぁ!」だって・・・・。
吾輩が知る限り、ビールなんかもう10数年も口にした事がない筈なのだが・・・・。

その後も雨が止むことなく降り続け、祭りは中止になった。結局、今回の夏祭りはおふくろと一緒に飲み食いしただけで終わってしまった気がしてならない。ホント!。
DSCN0636 (2)
88歳と9ヶ月のおふくろ
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ