Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

介護問題

老後って!

還暦で退職する我輩だが、加齢に伴う老後の生活に一抹の不安を持っている。その思いを強くしたのが日曜日早朝に発生した交通事故である。

昨日の交通事故(死亡事故)について、82歳の老人が道路を横断中にワゴン車に轢かれ、運転手が業務上過失傷害で逮捕されたと新聞に書いてあった。傍から見れば単なる事故としか理解されないだろうが、この事故の様子を近くで観察できた我輩には、少し考えさせられるものがある。

事故が発生した道路(堤防上)は直線道路の2車線で両側はガードレールが付いている。狭いので歩道は付いておらず歩道は堤防の下にあるので、普通の人はまず道路を歩く事はありえないのだが・・・・。

実は被害者は近所の方である。時々散歩の途中ですれ違う事があるので、その方も早朝の散歩を日課にしているようだ。ただ、大体の面影は想像出来るがはっきりとは分からない。いつもタバコをくわえていて、挨拶しても返事を返さない老人だと言う事だけしか・・・・。その日も、6:00頃我が家の後ろの道を歩いていった姿を家内が台所から見ているのだ。

我々が散歩に出かけた時、救急車やパトカーが駆けつけ騒々しくなっていたが、散歩のコースも逆だし「何かあったのかな?」ぐらいにしか思わなかった。途中その事故現場を通った時、目撃者の知人からその人らしいと聞かされ驚かされたわけだが、少し障害(認知症)を持たれた方だとも聞いたので、発生現場と歩行に関する矛盾点が分かったような気がした。

で、何を言いたいかというと、逮捕された運転手が非常に気の毒だなと思う事である。死亡事故だから確かに責任重大とは思うが、同じ車を運転する者の立場から見るとなんかやるせなくなってしまう。

今もこれからもこうした老人が多くなり、いつなんどき目の前に飛び出されるかも知れないと思うと、おちおち運転も出来なくなりそうだから・・・。合掌!。

施設の夏祭りに参加

83b375d1.jpg

一昨日から我が家のハイビジョンテレビの電源に異常があり、その出張修理が今日来る事になっていて、時間は午後2時過ぎだと言う。午後4時半からは、おふくろが入所している施設の夏祭りに行くことになっていたので、今日も釣りに出かけることを諦めなければならなかった。

午前中岩盤浴に出かけ、ついでに体脂肪計付きの体重計で測定したら徐々に体脂肪率が減少しているのを実感する。体重も僅かづつではあるが減少しているので、さらなる努力を誓う。(希望?要望?)

ハイビジョンテレビの故障の原因は、湿度によるものらしい。海に近い場所では潮風による影響なども考えられるらしい。地上デジタル放送になるまでまだ頑張って欲しいと願いつつ、出張修理代16,590円を(しぶしぶ)支払う羽目に。

夕方4時半からおふくろが入所している施設に出かけた。前から予定していた施設の夏祭りに参加するためである。毎年同じパターンだが、カラオケ大会や地元倶楽部ののすずめ踊り、そして花火などがメーンで、本人家族それぞれ飲み物や食べ物を楽しみながら7時まで付き合う事になった。

そんな中、声を掛けられた。K氏だった。2年前会社を退職された先輩である。彼のおふくろさん(93歳)が、以前からこの施設を利用されていたのは知っていたが、7月からおふくろと一緒の階に入所していたなんて全然知らなかった。彼も洗濯物を取りに週2回来ているらしいが、施設に行く日が家内と1日ずつづれていた為顔を合わせる事もなかったらしい。各々の近況や会社の状況など暫らく話し合ったが、健康そうで何よりだった。

明日はお盆休み関連最後の休日だ。絶対釣りに行くぞ!。この前のエサと団子の材料が残っているのだから。

着るものがない!

先日、施設に行った家内が、「又、太ったようで、着るもの(ズボン)が無いです」と言われたそうだ。以前から、施設の方には「なるべく寝させないで起こしておいてください」とお願いしているのに、この頃ずっとベッドに寝ている時間が多かったので少々心配していた。だから、この件に関しては施設にも責任があると思うので、家族のせい、いや本人のせいで肥えたような言い方には納得できないでいる。

話を総合すると、施設の担当者・介護士?が替わる都度、引継ぎが上手く機能しない為、入所者への対応が微妙にずれていると考えられる。「甲状腺に問題があるので・・・・いつも寝せておけば良い」と、前任者から引き継いだ節があるが、おふくろが甲状腺を患っている話など聞いた事もないし、糖尿病で太りすぎは禁物のような重大な事柄が引き継がれていないこと自体問題ではないか?。その内、とんでもない別な症状になっているのではと危惧している・・・・。

おふくろの症状は、現状認識が出来ないだけでなく、自分の身体の症状、悩み苦しみ等、理解することも訴える事も出来ない。2〜3分前のことを記憶出来ないので、本人の行動には意思が介在していないはずなのに、その2〜3分の間にまじめな返答をすることがあるからややこしくなる。本人を良く理解していない知らない者はそこでだまされる、あるいは間違った判断をしてしまうのだ。

「疲れた」「横になりたい」「歩きたくない」等と駄々をこねても、ハイ!そうですかとすぐベッドに連れて行くようなことはやめてほしいと思う。どうせ2〜3分もすれば忘れるのだから、だましだましで・・・お願いしたい。

以上、今年度のケア方針に対する意見として具申したことを書いた。

後見人の仕事・・・。

登米市役所の中田総合支所に行ってきた。おふくろの介護認定更新申請の為である。一応息子ではあるが成年後見人の職務遂行の為、わざわざ休暇を取得して行って来た。往復150kmの道のりだった。

昨年度は「要介護3」だったが、あまり変化がないので、今年度(4月以降)も同じだろうと思う。しかし、判定する人によって評価が違う場合があるので、どうなるかわからない。

「要介護3」「要介護2」もあまり違いはないのだが、「要介護2」に認定されると、特別養護老人ホームへの入所がますます遠くなってしまうので困る。暫らく前までは順番制だったのに、今は重度の要介護者が優先されるからである。

介護保険法が施行された頃は、直接町役場の保健婦さんが来て判定したのに、この頃は代行者がやるみたいだし・・・・。

ところで、以前は町役場の職員方も、今は市役所の職員になったから・・かどうかはともかく、明るくなったねぇ〜。そして親切でした。

 

田舎でゆったり

恒例になった田舎で過ごす正月も、今回で7度目になる。以前おふくろが元気な時は、あまり帰省する事もなく、自宅で好き放題に暮らしていたから、今はある意味で退屈だ。おふくろを自宅に連れて行く事自体無意味と思われそうだが、そんな事はない。やはり、記憶に自分の家だと分かる所があって、施設では見せない仕草をカイマ見せる。
今朝こちらは雪景色になった。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ