今年も又、土佐文旦が届いた。

時期的に少し遅い!と思いながらも、郵便局に出掛けたらまだパンフレットがあったので申し込んでおいたものだ。

もう何年も前からこの時期にいただく事は我が家の慣習であり、そしていつも届くのは『おおぐし農園』から届けられる土佐文旦なのだ。
DSCN2024

DSCN2025

ずっと『大串さんちの文旦』しか食べていないから他の文旦は評価できないけど、何年も付き合って来た信頼感があって安心して注文できるのが良い。

文旦は、独特のほのかな苦みと酸味がありザクッとした食感が爽やかな上品な甘さを引き立てる(農園談)と言われるように、高知県特産の柑橘類である。

まぁ、晩白柚より小さく、夏ミカンのすこし糖度が上がったような物だと自分は思っているが・・・・。

以前はデコポンも仕入れていたけど、最近は文旦だけだ。

だから、文旦の剥き方は今でもデコポンの皮むき器を使用する我が家である。

文旦は種が多く少し面倒くささはあるが、種が多いのはわざと入れていると言うから驚く。

小夏の花粉で人工授粉させると、種は多いが実の張りが良く変形が少ない糖度アップが期待できる文旦になるんだとか・・・・。

あっという間になくなってしまう文旦であるが、それでもまだ当分の間は二人で楽しもうと思っている。