春分の日の今日、登米市へ出掛けた。

お墓参りが一番の目的だったが、他にもやる事があったから・・・・。



別荘へ向かう前に、菩提寺である本源寺(墓は本源寺の境内にあるが、現在は本道寺が管理?)へ立ち寄りお墓参りを先に済ませることにした。

墓地の雑草を取ったり墓の拭き掃除をしていた時、背後で吾輩の名前を呼ぶ声が・・・・。

誰かな?と思って振り返って見ると、なんと!K伯父さんの4女で登米市在住の寿子ちゃんがいたではないか!。

もう十数年会っていなかったし、お互いいい歳?になっていたから顔と名前が一致せずすぐには名前が出てこなかった。(汗)

K伯父さんちのお墓がいつもこぎれいなのは、姉妹が代わる代わる来て墓参りしているからだな・・・・と再認識した。


珍しい出会いの後、愛菜館へ出向いて登米市中田町産のササニシキ玄米1袋(30kg)を9,700円で購入した。

我が家はいつもササニシキと決めていて、仙台の我が家近くではなかなか手に入らないのでいつもこっちで買う事にしている。

ササニシキは食味ランキングで特A(30年度産)に返り咲いたし、ひとめぼれ、あきたこまち、コシヒカリのようなもち米系とは一味違う食味がお気に入りの吾輩なのだ。

冷害に弱く収量も少ない事で敬遠されてきたササニシキだが、温暖化で冷害の心配がなくなれば少し見直されるかも・・・・。


愛菜館隣の食堂は(いつもと違い)満員で入れなかった。

郷土料理はっとが食べられなかったのは残念だったけど、つきたての餅を買って別荘に持ち帰った。

あんこ餅、納豆餅、クルミ餅の他、珍しいエビ餅も食べたら結構美味かった。

冬季凍結防止用電源をOFFにしたり、ボイラー保護用に浴槽に張っていた水を抜いて掃除したら今日の予定はすべて終了!。

ついでだからと玉ねぎの追肥もやったが、いい天気が続いた事で時期的に少し遅くなったかな?・・・・と少々反省しつつ帰路についた吾輩だった。