昨年12月2日以来となる登米市の別荘へ出掛けた。

一つは米(ササニシキ)を購入するのが目的だった。

我が家近くの農産品即販所『JAたなばたけ』でもコメは購入できるが、最近ササニシキを売ってなくて・・・・。

愛菜館で玄米(1袋30kg)を9,700円で購入した。

そこでは、コシヒカリつや姫も販売していて、大体ササニシキと同じか200円ぐらい高い値段で販売している。

地元産と言う事で安いのだろう!。

食味の変化を味わうため、コシヒカリつや姫も時々購入してみたけどやっぱり最後はササニシキに落ち着いてしまった我が家である。


もう一件の用事は、農地を小作していただいているTさんへ、立て替えていただいていた賦課金を持参する事だった。

Tさんが北上川沿岸土地改良区へ支払った賦課金の内、小作地の一部を宮城県土木事務所へ貸し付けていた関係で吾輩が負担すべきものだったのである。

又、その土地を畑にして返還してもらう事になっている件に関し、乗り入れ口についての確認もついでに・・・・。

愛菜館で米を買った後、佐沼のそば処『三浦屋』でそばを食した。

いつもなら、愛菜館で『はっと』を食べるのが常だが、臨時休業だったし・・・・。

そのまま三陸道へは戻らず鹿島台経由の一般道で帰宅したら1時間40分も掛かった。

終わり。