久しぶりに街へ出掛けた。

ここで言う街とは、仙台市中央部の事だ。

駅東口のイベントホールで開催されている河北工芸展を観ようとカミさんと出掛けた。

電車は楽天イーグルスの野球観戦の時ぐらいしか乗らないし、終点の青葉通り駅まで乗ったのなんてホントに久しぶりの事である。

仙台駅ではなく終点まで乗ったのは、工芸展より先にランチをとるために他ならない。

時間がたっぷりあったから、青葉通り駅から定禅寺通りと晩翠通りの交差点付近まで歩いた。

お目当てのランチ店は、県民会館(東京エレクトロンホール)の道路反対側のビル地下で営業している『花はん』である。

DSCN1752


昔から利用しているので全然知らない店ではないけど、雰囲気も値段もいっそう高級感溢れるお店になった感じがしたwwww。

前回に行った時、好物だった『味噌かつ御膳』がメニューから無くなっていた事で、久しく遠ざかっていた吾輩。

まぁ、カミさんのご要望もあった事だし、たまにはこういう場所も良いかな・・・・と暖簾をくぐった。

DSCN1749

手打ち蕎麦御膳』も食べたかったが、カミさんに合わせて『ぎんたら御膳』を注文!。

食後、国分町、東一番町、中央通りを通って駅東口まで歩いた。

新しいビルや店の景観は、退職して11年も経つ吾輩の目には戸惑いとして映った。

DSCN1753

第27回河北工芸展は東北福祉大学東口キャンバスにあるTFUギャラリーミニモリで開催されていた。

内部は撮影禁止・・・・と考え、入り口から1枚だけ写真を撮った。(笑)

陶芸も、金工、染織、硝子、木竹、漆、七宝、紙等々・・・・やった事もないしやってもいないから、どの作品が良くてどれが駄目なのか良く分からなかった・・・・のが本音。

多分、入賞したのが良くできた作品なんだろう。

ただ、自分が作れない事もあるが、すべてそれなりに素晴らしい作品だった事は間違いない。