青森・津軽地方の週末天気は、今のところ大丈夫そうな予報が出ている。

大丈夫?と言うのは、土曜日に真鯛釣りの遠征を予定しているからだ。

何とかこのまま予報が変わらない事を願っている。

昨年10月の釣行から実に9ヶ月も待ち望んでいた真鯛釣りだから・・・・。

去年もだったんだけど、今年の5月、6月も天候不順で中止になっているし、今回もとなると・・・・もう運の無さを呪うしかない。

まぁ、釣り仲間が10人もいるので、誰の運が無いかは分かりませんがね。(笑)

さて、みんなと会うのも9ヶ月ぶりか!。

久しぶりに会う・・・・つまりまた一つ歳を重ねる事になるわけだが、みんな、まだまだ意気軒高!

今年も、真鯛やヒラメ釣りで3,4回はご一緒する事になるので、和気藹々をモットーに足手まといにならぬよう頑張り鯛!。

そう言えば、7月に平舘沖で竿を出すのは6年ぶりかな。

飛鷹兇鰺用していた時以来かも知れない。

それからは青森マリーナや横浜町から出船して湾内での釣りになったわけだが、まぁどっちにしても7月の釣果はあまり良くなかった気がする。

この時期、湾内に入った真鯛を求めて湾内で釣るのが普通と聞いていたけど、最近はこの時期になってもまだ平舘沖で釣れている事もあり、ブルーウッズや鯛多ニック・・・・など7月中は平舘から出船するのだとか・・・・。

10日のブルーウッズなぞは、船が沈没するくらい釣っているし、『残り物に福・・・・』で、我々にもおこぼれを頂戴したいところだ。

まぁ、2年間未使用だった腐りかけの鯛ラバや鯛ジギを使う千載一隅のチャンスなので、楽しみだ。

ちなみに、今回陸奥湾から平舘沖に変更された理由を記録しておく。

青森マリーナから出船して釣行した時にいつも宿泊していた浅虫温泉ハイアットリージェントアホホテル?が、今回は先約が入っていて予約が取れなかったようだ。周辺の宿泊施設も土曜日と言う事もあってかほとんど満室状態。平舘沖釣行時に利用するオダイバヴィレッジも予約できず、仕方なく袰月の宿泊施設にしたと聞いた。
吾輩は利用した事が無いが、一度利用した事がある廃校した中学校を改造した宿泊施設だと言う。
竜飛岬にほど近い袰月だからこその平舘沖なのだが、それにしても遠いなぁ。(笑)