山形の次年子蕎麦を食しに出掛けた。と言ってもわざわざ山形の村山地方まで足を延ばしたわけではなく、車で20分ほどの所にある蕎麦屋へ・・・・。

カミさんと昼食は蕎麦を食べに出掛ける約束をしていたのに、いつの間にか12時を過ぎてしまった為、已む無く近くの山形そば「伴次郎」に行く事になった。早い話がその店はカミさんのご指名なのだが、つまりカミさんが田舎蕎麦の代表である山形の次年子蕎麦を食いたくなったと言う事に他ならない。

次年子蕎麦は我輩のイメージからすればホントの田舎そばでしかなく、「蕎麦食い歩記」を始める前に家族で行った本場の次年子蕎麦はあまり美味いものと思わなかった。だからその事がトラウマとなって脳裏に刻まれていたせいでそれ以来一度も現地に行った事がなかったのだが・・・・。

それでも時とともにいろいろ食べ歩いたおかげで、舌も肥え蕎麦の美味さが何たるかを少し理解できて来たこの頃だから、たまには変わった蕎麦を食したいと思うのは当然の事なのかも知れない。でもカミさんから田舎そばのリクエストがあるとは思わなかったなぁ・・・。

色が黒くて太目の田舎そば。

歯ごたえがあって噛めば噛むほど甘味が増し、いつも一茶系の細目のやぶ蕎麦を食っていると、忘れていた蕎麦本来の味覚が感じられる蕎麦である。

たまには如何?・・・・と是非薦めたい。