今日3泊4日の出張から帰宅したが、関東方面への出張はこれが最後になった。多分もう行く事は無いはずだ。

その最後の巡視現場はさいたま新都心近くの現場になったが、その現場には20年も前一緒に働いたお得意先の社員Yさんがいたので、久しぶりの再会を祝って一献かたむけた。

彼とは我輩が現場を担当していた宇都宮の宅地造成現場で一緒だった。当時はバブルの最盛期でもあり、建設業も羽振りが良かったので飲食やゴルフは日常茶飯事のごとくお付き合いさせていただいた時代である。そんな環境下で3年も一緒に過ごせばいい友達になるのは必然だろう。

転勤でその現場を離れてから数年後に一度だけ仙台の現場で会ったことがあるが、今回みたいに一緒にお酒を飲みながら語らうのは実に16年ぶりなのだ。

いろいろと当時の昔話に花が咲き、ついコップにも手が出て飲みすぎてしまった我輩であるが、退職を控えた還暦者の話に耳をかたむけていただきとても恐縮している。

久しぶりに再会したらそれが別れだった・・・・なんてしゃれにもならないが、一緒に同行した当社社員達にはぜひ大きなエールを贈りたい。頑張れ・・・と。