朝一番の新幹線で八戸に行き、夕方戻った。

仙台6:37発のはやて(こまち)号は各駅停車なので八戸までジャスト2時間掛かる。ところが帰りのはやて号は八戸−仙台間を1時間28分で駆け抜ける。あっと言う間の時間だ。ちょっとぐっすり眠ろうものなら大宮迄行く事態になるので、睡魔に十分注意し緊張しながらの乗車になった。

車だと3時間半以上掛かるのでおのずと日帰り出張を敬遠しホテルに宿泊するのが当たり前だったが、こんなに時間が短縮されるようになると日帰りが当たり前になってしまうなぁ。やはり新幹線だからできる芸当としか言いようがない。

ここで問題発生!。いつもの定宿に宿泊できなくなった事である。ポイントが貯まると10,000円のキャッシュバックがあり、もう少しで権利が・・・・・。これまで7回も良い思いをしてきたのに・・・・まぁしょうがないか。

明後日は同じ一番電車(こまち)で横手・大曲に行ってくるぞぉ〜。