Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2016年12月

もう残すところ今年もあと1日だぁ〜

今日は12月30日。

もう残すところ今年もあと1日だけとなった。

働いている人たちは年末年始休暇があるから年替わりを実感できるようだが、毎日が日曜日の吾輩にはあと一日だろうが二日だろうがホントはあまり関係ない事だ。

あっという間に過ぎ去る日々をもがいて暮らす老兵の感覚としては・・・・。

ただ、TV番組も4時間とか5時間ものの特別番組ばっかりになって、否応なく正月気分にさせられるし周りの環境もそれなりに替わって来ているようだ。

だから、あまり変わり映えしない暮らしの吾輩でも、人並みに正月を迎える準備に入る必然性が生じるのは致し方ない事なのだ。

う〜ん、哲学的〜。

何を言いたいかわからなくなって来たけど、みんなはわかるよなぁ〜!。(笑)

さて、暮の大掃除は会社でも家庭でも年末に欠かせない行事だと思うが・・・・。

我が家では(綺麗好きのカミさんが)毎日少しずつやっているから、特別大掃除!・・・つまり吾輩が駆り出されることはほとんどない。

どうせ何もできないから・・・・」と、あてにされないのが現実かも知れないが、それでも神棚周りの掃除だけは吾輩の担当と決まっている。

神棚に関する一切の権限?は、いつの頃からか吾輩に授けられた特権?なのだ。

毎日、サカキの水を交換し水を上げて礼拝するのは吾輩の役目だし、カミさんは一切手を付けないから・・・・。

塩釜神社でお祓いを受けたお札(ふだ)を交換し、米、塩、お神酒、水を清め、当たるか当たらないかわからないけど十数年ぶりに購入した年末ジャンボ宝くじも祀った。

玄関ドアに真新しいお飾りを付け、倉庫や給湯器、門扉などに輪通しを飾ったら何とか正月を迎える雰囲気になった。

光陰矢の如し!、今日も明日も元日も・・・・あまり変化のない暮らしの中、ブラックホールに引きずり込まれそうな勢いで時間だけは進みそうだ。

多分。

一日早いメリークリスマス

我が家では一日早いメリークリスマスとなった。

娘家族が寿司やら骨付きチキン、ケーキまで持ってやってきたからだ。

そもそも天皇誕生日の23日にやろうと思った理由はケーキにある。

娘のところでは、(孫の)誕生日やクリスマスのようなお祝い日に、旦那の実家からケーキが届く慣習があって、今年も例に漏れず届いたのだと言う。

向こうのお父さん・・・・健藏さんと言うが、彼の友人がやっているケーキ店から仕入れて子供たちの家族へ配るのだが、今年は都合で22日になったとか・・・・。

8号の大きなケーキである。

今は8号だが、以前はもっと大きい10号だったそうだ。

もちろん一家族だけでは食いきれない。

だから、我が家へ持ち込むのはいつもの事なのだ。

・・・・と言う事で、朝からカミさんは茶碗蒸し、ブリ大根、キンピラをこしらえて待っていた。

のだが・・・・。

しかし、さっぱり連絡が来ない事にしびれを切らし?こちらから電話する事になった。

ケーキ、悪くなる前に食べてやるから・・・・」と・・・・。

たまたま富谷のコストコへ出掛けていたらしく、早速寿司やらチキンやらを購入してやって来たのだ。

それが、一日早いクリスマスになった真相である。

DSCN1368

それにしても、コストコの料理ってアメリカンらしく何でもボリュームたっぷりだなぁ。

DSCN1369DSCN1370DSCN1371

せっかくのお祝いだからと、12月になってから3回目となる焼酎のお湯割り・・・・それも2杯も飲んでしまった・・・。

83歳になった天皇の誕生日でもあるし・・・・。

くぅ〜。

今期最後の釣行

日曜日、今期最後の釣行に誘われ出掛けた。

志津川湾におけるカレイ釣りだ。

いつものメンバー・・・・そう吾輩中村君タケチャンマンいとこ船長の4人での釣りである。

何を今更この寒さの中での釣りなんて・・・・」と陰口をたたかれる中、5時過ぎに仙台を出発、登米市の別荘からロッドを持ち出し7時にはもう出船できた。

あまりカレイ釣りは得意でも好きでもないが、餌代1,000円だけの出費で1日遊べることを考えたら居てもたってもいられないのだ。

どうせ特別な用事もないし、なにより暇だから・・・・。(笑)

早朝立ち寄った地元の釣り具屋で、最近の釣果はあまり良いとは言えず・・・・特にカキ棚周りではほとんど釣れないようだ・・・・と聞いた。

かと言って、まだまだ新米の船長には他のポイントが何処かさえわからないのだから、これまでのように適当な場所で釣り始めるよりまずは地元の釣り船が集まっている近くで竿を出すのは賢明策だった。

でも、周りの船もあまり釣れているような雰囲気は全然感じませんでしたがね・・・。

我々もカレイとアイナメがポツリポツリと釣れるだけだった。

あまり小さい魚ばっかり持ち帰ると釣った魚を捌く船長が大変だから・・・・と、手のひら以下のカレイや20cm以下のアイナメはリリースした。

少し深い場所へ行ってナメタガレイでも狙う?」との話も出たが、9時頃から風が吹き始め白波が現れるようになってからは湾内の風裏に移った。

全体的に釣果は芳しくなかった。

40cm級の良型マコカレイが5枚、手のひら大が5枚、アイナメが2匹釣れただけだった。

船長タケチャンマンが共同?で釣りあげた800gほどのタコも・・・・。

今が乗っ込みシーズンなのか良型カレイは全部抱卵していてそれだけ肉厚があった。

だから、数は少なくともこれまで以上の刺身が取れた。

分配されて持ち帰った刺身はカミさんと二人だけでは半分も食いきれないくらい多かった。

孫たちを呼んで食べさせれば良かった・・・・と後悔。

来年はカレイだけでなくヒラメ釣りにも挑戦する約束をしてpm4:30には自宅に戻った。

さて、今回が吾輩の2016年度の最後の釣行となった。

暇だった割には思うような釣行が出来なかったと反省している。

来年は、真鯛釣りはともかく、ヒラメ釣りやカゴ釣り・・・・黒鯛釣りもやって見ようと思う。

あと何年できるかわからないけど、体力の続く限り飛び歩くぞ〜。

釣り仲間のみんな!1年間ありがとう!。


鳴子・農民の家

登米市での用件が終了後、鳴子方面へ向かった。

鳴子温泉にあるホテル・農民の家へ行き日帰り入浴をする為に・・・・。

最近はどこの温泉地へ行っても日帰り入浴ができるから、何で鳴子・・・それも農民の家なんだ?と思われるかも知れないが、実は吾輩はここの出資者!、そう!農民の家の会員なのである。

だから、年に一度送付される会報が入っている封筒を持参すると、無料で日帰り入浴ができるのだ。

田舎の別荘からは1時間20分くらいで行けるし、カミさんの暇つぶしにもなるだろうと思い計画したのだったが・・・・。

カミさんの入浴料として600円払って浴場へ向かおうとしたら、「浴場2ヶ所が工事中」と告げられた。

旧館の1ヶ所しか利用できず、露天風呂(混浴?)も使えないのだとか・・・・。

残念だったが、それでも秋保や作並温泉とは違う硫黄分を強く感じる泉質に鳴子温泉を強く感じる事が出来た。

ただなぁ・・・・。

いかんせん施設の老朽化が甚だしいと感じるのは吾輩だけか?。

旧館だったから?。

若い頃は恩師の世話で何度か高校時代の同級会を開催した事がある農民の家

あれから数十年も経つので比べ様も無いけど、だいぶ古くなったのは確かである。

湯治客ならともかく、若い人たちはなかなかリピーターにはならないだろうと思いつつ宿を後にした。

更新か売却か?、それが問題だ!。

今朝早く自宅を出て登米市の農業委員会へ出掛けた。

貸している農地の一部が来年2月で契約期間が満了する為、更新に来てくれとの連絡を貰っていたから・・・・。

小作人からは、前回の契約締結時に「売却も考えて下さい」と言われていたが、当時は母親名義だった事もあって賃貸契約にしていた田んぼの更新だった。

面積は1,044屐L1反歩である。

昨年換地されたばかりで、大区画(3ha)に圃場整備された水田の一画・・・・つまり小作人と同じ水田の中に所有権だけ存在している田んぼだ。

昨今の米価の低迷から、年間たったの15,000円の小作料で契約している。

米俵に換算すると、ひとめぼれ1俵にも満たない金額である。※ひとめぼれ(玄米)・・・30kg8,000円ぐらい

だから、改良区水利費等は小作人の負担としても、固定資産税等を差し引くとほんの僅かにしかならない。

新しく更新しても、3年では・・・・5年では・・・・10年間では・・・・。

僅かな収入に見切りをつけ売却するのも一つの選択肢だと考える。

ただ、売却金額が1反歩(1,000屐謀たり30〜40万円と聞くと躊躇してしまうよ。

あまりにも安すぎるのだ。

それでも特例で所得税が掛からないと聞いているから、契約が満了する2月末までに結論を出したいと考えている。

倉庫(長屋)の屋根・外壁に掛かった改修費用(1,000,000円)を少しでも回収しなくちゃなんねぇから・・・・。

カイシュウだけに・・・・。(笑)
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ