Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2016年03月

そう言えばプロ野球が開幕したんだっけ・・・・

3月25日にプロ野球が開幕したが、いつもと違いヒートアップ不足だなぁと感じてる。

熱狂的!楽天ファンを自負する吾輩が、今一盛り上がらないのはな〜んでだろう。

不思議だ。

自分で言うのも何だが、いつもだったらこの時期のブログは楽天の話題で持ちっきりだったんだが・・・・。

開幕戦のチケットが取れなかったから?。

いや、それは違う。

寒いから購入しなかっただけだ。

2年続けて最下位だったから楽天イーグルスに嫌気がさした?。

いや、それも絶対違うぞ!。

梨田新監督になって新戦力が整った今年、『優勝も夢じゃない!』と期待しているからだ。

昨年1年限りで退いた監督と、金を出さずに口を出し続けたオーナーにあまり好意を持てなかったせいも少しは影響あったけど、そう簡単にファンをやめる筈がないんだし・・・・。

やっぱり開幕したのが早すぎた事に尽きるのではないだろうか。

いくらデーゲームでも3月の仙台はまだまだ寒く、吾輩の応援に掛ける心意気がまだその域に達していなかったんだよ・・・・多分。

だから、4月に入って気温が上がって来たら絶対!ボルテージも上がって来る筈・・・・と期待しているんだ。

我が事ながら・・・・。

孫の成長は・・・・・早いものだなぁ。

20160320001mago
先々週、娘家族がディズニーランドに行って帰って来たと思っていたら・・・・・。

今回の連休には息子家族が出掛けて行った。

ディズニーランドに行く」と電話があった時、「0歳と2歳の子供連れでは大変じゃないか!」と一応忠告したつもりの吾輩。

ても、そう簡単に「はいそうですか」と諦める訳も無く、経験を得る為に出掛けて行ったのだった。

ディズニーシーの予定だったのを子供向け?のディズニーランドに変更したのは賢明だと思ったが、祝日はどちらも凄い人出になるので小さな子供連れでは身動きが取れないと言うのに・・・・。

乗り物には乗れず、ショーとかパレードだって見られないだろう・・・・と危惧していた通り、やっぱり大変だったようだ。

千葉市内のホテルに2泊もして行ったのに、ポップコーンを買って来ただけのような気がしてならない。(笑)

八戸から千葉までおよそ2,000km走破してまで子供たちを連れて行った熱意はわかるが、もう少し子供が大きくなってからでも良かったんじゃない!と思いますです。ハイ!。

当然、行きも帰りも中間地点に当る我が家へ途中下車と相成ったが、まぁお疲れ!としか言いようが無かった。

ただ吾輩としては久しぶりに孫たちに会えてとてもうれしかった。

特に間もなく4ヶ月になる孫は、人見知りもせず泣くことも無く将来大物になる雰囲気を感じさせられた。

たった3ヶ月ぶりだと言うのに、会うたびに成長している孫たちにはホントに驚いてしまう。

これから何年孫たちの成長を見れるか分からないけど、「俺も元気で頑張るぞ!」と整骨院へ行って鍼を打って来たよ。

ジャンジャン!。

遺産分割協議が終了!

先日、兄弟3人が田舎に集合して母親が残した遺産の分割協議を行った。

まぁ、遺産と言っても相続税の対象にならないほどの微々たるものだが・・・・・。

話し合いで、土地・家屋及び田・畑の不動産は二男の吾輩が相続する事になった。

これまで17,8年に亘り、おふくろの成年後見人として実質的な管理に携って来た経緯がそうさせたものと思うが、誰もいらないと言うから仕方なく引き受けたようなものだ。

相続物件は、三陸道ICに近く、宅地1,450屬涼罎130屬僚撒錙蔽24年)と倉庫3棟、美庭そして150屬糧付きなので売却しようと思えばすぐにでも買い手がつくだろう。

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた海沿いの避難者の中には、定住するつもりで登米市に土地・家屋を探す人がいると聞いているからだ。

まぁ、これから農業を始める人がいないと思って農地は別にしたけど、水田6,600屐畑1,800屬鯢嫗咾靴毒笋襪海箸皺椎修覆里澄

我輩を含め誰も田舎に帰って住みたいと思わない状況下では、売却してさっぱりするのも一つの選択肢だったのである。

しかし、先祖代々譲り受けて来た土地への愛着、位牌はどうなる?・・・・何よりおふくろが眠る菩提寺の墓は誰が守るんだ?・・・・と考えた時、結論は当分の間居宅を残す事に決まった。

一応期限を設ける事にして、おふくろの7回忌ぐらいまでと話しがまとまったが、今後の7年間と言うのは管理を委ねられた相続人の誰であれ年齢がそれなりの歳を迎えるからだ。

世の中がどのように変化し、それぞれの家族形態がどのようになっているか知る由もないけど、その時になったら再協議しようと言う事である。

それまでみんな元気でボケなければいいがねぇ・・・・。(笑い)

問題は誰も住まない住宅・土地でも維持管理しようとすればそれなりに費用が発生する事だった。

新寺建立のための寄付金、下水道への切り替えに伴う共益負担金や工事費、庭樹の剪定、草取り、草刈等の他、老朽化した作業小屋の屋根・外壁の補修費、電気・水道・ガスの光熱費等今後7年間で4,5百万掛かると予想された。

もちろん固定資産税も含まれるが、存続して維持するとなると相続人に結構な負担となるのだ。

これじゃ誰も相続したいと思わないのは当然だから、協議に協議を重ね予想される維持管理費相当分を3人が出し合って相続人に預託することに決まった。

これだと、誰が継いでも管理費として十分賄える筈だから・・・・と思ったのも束の間、それでも結局吾輩にお鉢が回って来た。

春先から再開される志津川湾釣行時に利用する宿泊設備(別荘)と考えれば、付加価値も上がるだろう。

カミさんの協力を得て何とか頑張るつもりなのでその時は応援宜しく!。

三陸道の志津川ICが完成したらボート発着場まで20分弱で行けるようになるから気を入れて管理しなくっちゃなぁ。

また捻挫に・・・・・・

土曜日のウォーキングから違和感はあった・・・・。

それでも昨日はボウリング出来るほどだったのだが・・・・。

しかし今朝は・・・・。

4時頃目覚めたら階段を下りられないほどの痛みがあり歩行困難に・・・・。

この前と同じ左足首が捻挫状態になっていた。

今年2回目の発症だが、前回は医者から『痛風のせい』ではないと断言されているので多分そうだと思う。

でも、何でこうも簡単に捻挫するようになったのか自分でも不思議だ。

最近は晩酌もせず・・・・もちろんビールなんか全然呑まないで粗食に努め、痛風が原因ではない事を実感していたのだが・・・・。

ウォーキング時に海岸近くのゴロタ石上を歩いたからと言って、ガラスのジョニー・・・・いやガラスの靴みたいにすぐピキピキと壊れるとは・・・・。

やっぱり歳のせいなのかなぁ?。

湿布して痛み止めの薬を飲んで対処しているが、明日は果たしてどうなる?。

遺産分割協議の為に田舎に行く予定があるんだけど・・・・。

5年経った大震災も・・・・

東日本震災から5年目を迎えた。

吾輩的にはあっという間に過ぎ去った5年だったと思っている。

我が家は津波で床上70cmの浸水被害に合ったが、その年の6月にはほとんどリフォームが終了していたのでそう感じるのかも知れない。

避難生活を続ける人や復興半ばの人たちにとって、この5年間をどれほどに感じているのか・・・・。



先日、朝のウォーキングで久しぶりに海岸付近へ通ずるルートを歩いてみた。

県道塩釜亘理線より東側地区の、ほとんどの家屋が津波で流失した地区である。

数件の住宅がリフォームして住んでいるだけで、他のみんなは居住を諦めて去って行った地区だ。

その一画に、県職員だった学校の先輩が自宅をリフォームして住んでいたのだが・・・・。

何となく見晴らしがよくなったなぁ・・・・」と思っていたら、何と!先輩の住居はおろか周囲の数件も跡かたなくなくなって更地になっていたではないか!。

何で今更・・・・・とも思ったが、やはり自分たちの都合だったとは言え、周囲に誰もいない生活に堪えられなかったんだろうなぁ。

それとも津波危険区域内だからと強制的に退去させられたんだろうか?。


今・・・・テレビで東日本大震災追悼式の模様が報じられ、天皇陛下の挨拶が行われている最中だ。

吾輩は比較的早期に自宅を直していつもの生活に戻れたから良かったが、5年経っても被害にさいなまれている被害者にははたしてどう写るのか。

政治家もメディアも「確実に復興が前進・・・・」と平然と語るだけで、絵空事と現実のギャップに被害者は追悼式どころではないよ。

それでも、テレビを見ながら、津波の犠牲になったカミさんの母親を思い黙とうを捧げた吾輩である。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ