Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2016年01月

成年後見人の職務が終わった・・・・やっと・・・・。

昨日、専門職後見人である司法書士事務所に行き、書類関係の整理後おふくろの通帳類が返却された。

昨年の3月から専門職後見人が管理していた通帳類である。

専門職後見人は、おふくろの預貯金を通常貯金から信託に預け替えするために裁判所から選任され、手続き終了次第解任されるはずだったのだが・・・・。

しかし、裁判所の指示で引き続き3月まで・・・・つまり1年間財産管理を継続する事になったが、それまで16年以上も後見人を担って来た吾輩の管理が否定されたようで忸怩たるものがあったのは確かだ。

まぁ、それなら仕方ないなぁ・・・・」と、吾輩が身辺介護、専門職が財産と、後見人として別々に管理していたが、昨年11月15日に本人が死亡した事で後見事務が事実上終了し、裁判所の指示が出たつい最近、やっと役務から解放されたのである。

思えば長い17年だったなぁ。

当時、隣家と境界紛争調停が進行中で、解決の為ならと弁護士に薦められるまま成年後見人に就任した我輩だったが、はっきり言ってこんな職務だと分かっていたら絶対断っていた。

財産管理だけならそんなに難しい事ではないのに、田舎に所有する田畑、土地建物の管理の他、身内と言う事もあり身辺介護までやらなければならなかったからとても大変だったのだ。

特に吾輩が働いていた時は、週2日は施設に出向いておふくろの面倒を見てくれた他に、出張がちだった吾輩に代わり職務の代行までやってくれたカミさんには頭が下がりま〜す。

何しろ、平成10年9月24日からずっと・・・・17年以上もおふくろの世話してくれた以外に田舎の庭、畑の草取りも文句も言わずやってくれたのだから・・・・。

ところで、専門職後見人が選任され預貯金を信託に預け替えしたけど、わずか4ヶ月で解約する事になったのは結果的に無駄だったのではなかったか?。

余命いくばくもない高齢者の財産・・・・ってことなんて考慮しないんだろうか?。

裁判官としては、後見人が起こす不正・犯罪を心配するあまり・・・・つまり被後見人の財産を裁判所の目に届く信託に預け替えさせる為に専門職後見人を選任したと思うのだが、17年間も誠実に業務をこなして来た吾輩のような親族後見人は信用出来無いと言われたに等しいのだから、ホントやりきれません。

まして、その信託を解約する為、残された相続人には関係書類の整備を含め相当の手間暇が掛かるし・・・・。

また、専門職後見人には当然後見報酬が支払われるわけだが、預貯金を預け替えするだけで?50,000円だというのだから司法書士っていい商売だよなっ!。

たったこれだけの期間なのに信託会社への手数料(金額未確定)も発生すると言うし、相続関係者からすればなんか複雑な気持ちなんだけど・・・・。

被後見人の財産を守るための信託が、逆に手数料の取り合いで目減りするのは如何なものか?。

まさか持ちつ持たれつの関係じゃないよね・・・・なんて疑りたくなる吾輩である。

下衆の勘繰りだけど・・・・。

猛烈寒波来襲!

20160124002

暖冬傾向と思っていたのに、1月中頃からぐっと寒くなりいつもの冬に戻った気がする。

今日なんか、歴代記録に迫りそうな寒波が襲来していて、日本列島・・・・特に西日本で猛威を振るっているようだ。

九州の殆どで最低気温がマイナスだったようだし、長崎で11cm、佐賀・鹿児島4cm・・・・の積雪だとか。

まして、沖縄なんか9:00現在最高気温が10度を切っている場所もあると言うのだから!・・・・。

50年も前の昔のはなしならわかるけど、温暖化が進む最近では滅多にある事じゃ無いから驚いてしまった。

もちろん東北地方でも日本海側から青森に掛けては大雪?になっているようだがね。

しかし、いまのところ吾輩が住む仙台は雪が少なくて、昨夜から今朝に掛け12cmの雪が降っただけである。

20160124001


・・・・で、何でいまさら雪の話題なのか?と言うと・・・・。

先日も今朝も本来なら吾輩がやるべき作業(除雪)をカミさんがやってくれたことを書きたかったからだ。

また足をくじいて、(月末から予定している)旅行に行けなくなるのが怖いからまだ寝ていなさい!」だと・・・・。

くぅ〜泣けるなぁ。

かぁチャン、ありがとさんね!。

懐かしの青春歌謡を聞いてみた・・・・

ずっと痛風・・・・いや捻挫のせいでどこへも出掛けられなかった。

だから、おとなしくコタツに入ってやる事と言えば、テレビ(撮りためた釣りのVTR含む)を見るかパソコンで囲碁や麻雀をするだけである。

来たる青森・真鯛シーズンに備え、リール点検・ラインやリーダーの交換をしようと思っても、(道具を置いている)2階への階段上り下りが億劫で出来な・・・・いややれなかった。

新鮮な痛み止め?のせいでだいぶ痛みが無くなってきたが、階段の上り下りが面倒くさかったから・・・・(笑)。

そんな時、暇つぶしをしていた時、何となく昔の懐かしいメロディが脳裏に浮かんだ。

早速、Googleで検索してみた。

一応吾輩のPCにはsound byYAMAHAのオーディオ機能が付いているので、結構コンポ並の音楽を楽しめるのだ。

川は流れる・・・・・仲宗根美樹

時には母のない子のように・・・・カルメン・マキ

北風・・・・・北原謙二

真夏の出来事・・・・平山三紀

みかんが実る頃・・・・藍 美代子

クリスマスキャロルの頃には・・・・稲垣潤一

落陽・・・・吉田拓郎

アカシアの雨がやむとき・・・・西田佐知子

時の流れに身を任せ・・・・テレサ・テン

その他いろいろetc・・・・。

まぁ、ちょっと古すぎるけど、くぅ〜、みんな懐かしい曲だなぁ。

この頃の歌は曲も歌手もほとんど知らないから、我々の世代にはやっぱり60〜80年代の歌が合うようだ!。

明日は洋楽でオールディーズやカントリーでも・・・・・。

と思ってみたが、いつまでも歩けない振りしてお手伝いをさぼっていると、そろそろ天罰が下るかも・・・・。

痛風じゃない!・・・・と宣言された。

土曜日の午後あたりから痛み始めた左足首。

今日で丸4日目を向かえた。

これまでの経験からして「痛風の症状に間違いないのだから、おとなしくしていれば2,3日で治るはず」と考えていたのだが・・・・。

病院へ行って見てもらったら?」とカミさんに口酸っぱく言われようとも、「大丈夫!その内治るから・・・・」と、数か月前に歯科医院で貰った痛み止めで痛みを紛らしていた我輩。

ところが、中々症状が回復する兆候が見られなかった。

ずっと、夜もろくろく寝れない状況が続いていたのである。

そして今日!。

何もしない・・・・いや出来ずに朝からずっと炬燵で丸くなっている吾輩に業を煮やしたカミさん!。

病院へ行くからね!」と半強制的に車に乗せられてしまった。

病院なんか行かなくともいいよ!」なんて言えば、「もう勝手にしなさい」と言われるのが落ちだし、痛み止めの薬も無くなったからには、引きずる足を目いっぱい上げて車に乗り込むしか無かった。

そしていつものクリニックで受診。

もう十数年も痛風の薬を飲んでいるし、毎月の検査数値にも異常が無いのだから9割方痛風ではないと思いますよ。」との診断。

最後は、痛風も捻挫も同じ薬!、つまり痛み止めを処方されて帰宅した。

もし、捻挫だったとしても原因が全然分からないんだよなぁ。

もうこうなりゃ今晩は痛み止めをどんどん服用するしかないか。

十数年ぶりの再発?!

2,3日前から気になっていた左足首。

ウォーキングの時、少々違和感を感じていた。

それが今朝、歩きングを兼ねてトマトを買いに行ったあたりから歯車が狂い始めた。

カミさんの携帯電話が壊れたので購入の為近くのauショップに出掛けた頃はもう最悪の状況に!。

左足のくるぶしが痛みはじめ歩行困難に陥ったのだ。

足首をくじいた・・・・つまり捻挫の症状そのままだが、実はこうした事を過去何度も経験していた。

だいぶ前になるが左右両足首の捻挫症状を13、4回発症しているのだ。

自分では足をくじいたと思い、その都度整形外科や整骨院などを受診したけど結果的に痛風からくる痛みに他ならなかった。

だから、今回も多分痛風?と考えざるを得ないが、どうしてこうなるのかまったく理解に苦しんでしまう。

痛風の薬を飲んでかれこれ十数年、プリン体を含むビールをほとんど飲まず、食事にも注意し、毎月の内科検診でも尿酸値が5.7〜5.8位で安定していたからだ。

今、痛み止めを飲んで少し楽になったけど、痛みより苦しいと言った方が正解かな!。

それにしても十数年ぶりの通・・・・いや絶対捻挫だよなぁ。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ